Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアの空に浮かぶレンズ雲

パタゴニアの不思議な雲:レンズ雲

パタゴニアの空には、だいたい不思議な雲が浮かんでいる。

晴天で無風な時は、嵐の前の前兆のようで不安になってしまう。
それほどに、不安定な気候がパタゴニアらしさなのです。

このパタゴニア独特な雲は、レンズ雲と呼ばれる高積雲です。
日本でいえば、富士山に時々現れる笠雲が、レンズ雲と同じ高積雲です。

上空で強風が吹くときだけに発生する特殊なこの雲を、パタゴニアでは日常的に見ることができます。

レンズ雲を生み出す風と湿度は、南極から吹いてきます。
南緯40度から60度にかけて、南北およそ2000kmほどのパタゴニア地方の気候は、南極に支配されているのです。

強風というよりも暴風というほどに強烈な風は、風速20mは普通で、40mを越すこともあります。

イギリスの探検家エリック・シプトンは、パタゴニアでの探検記の題名に『嵐の大地』と名付けたほどです。

強風の空に現れるレンズ雲は、風に流されるわけでもなく、いつまでも同じ位置に浮かんでいます。
でも、形はどんどん変幻自在に変わり、その不思議なデザインをいつも楽しんでいます。

強風に身をかがめて歩いているうちは、パタゴニアの自然にまだ慣れていないのかもしれません。
暴風に打たれながらレンズ雲を眺める余裕が出てくると、もっとこの土地が好きになるでしょう。

【動画】フィッツロイ展望トレッキング

松井章写真事務所

「パタゴニア」ブログ関連記事集

「パタゴニア」ブログ関連記事集

「パタゴニア旅行」専用ページ

ボリビア・フォルクローレ・コンサート「スーパー・ヒラタス」

パタゴニアのレンズ雲と夕焼け

関連記事

  1. メルマガ12月号 (2023年)

    2023.12.28
  2. ペルーの山岳リゾート・ワラスとワスカラン国立公園

    2019.04.08
  3. パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

    2016.04.20
  4. 「ボリビア写真展」の会場:セルバンテス東京とは?

    2023.08.03
  5. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  6. 南米アンデス山脈に生息する“4種類のラクダ”記事集

    2020.05.06
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP