Loading

PHOTO-BLOG

《パタゴニア》フィッツロイ山麓で、キャンプするメリット

パタゴニア2011_2699.JPG
パタゴニアを代表する山といえば、フィッツロイ山群とパイネ山群です。
フィッツロイ山麓へは、日帰りハイキングでも十分往復できる距離にあります。
朝早く出発して、山麓でのんびりして戻っても時間が余るほどです。
日が長いので、夜9時ころまで明るいです、1日が長い場所です。
そんなフィッツロイ山麓で、テント泊をするメリットとは?
①朝日に照り輝く黄金のフィッツロイを見ることができること
 これは、キャンプをする人だけの特権です。ほとんど人がいない所で、フィッツロイを半ば独り占めすることができます。日の出とともに、刻々と色が変化するフィッツロイを見るのは、なんとも贅沢です。
②歩行時間が短くなること
日帰りで往復ハイキングするのに比べて、テント泊トレッキングでは歩行時間が、その半分になります。
体力に自信のない方にこそ、テント泊をお勧めします。もちろん低山をときどき歩くほどの体力は最低限必要です。寝袋や個人装備(制限キロ以内)などは、ポーターが運びますので、ザックに入れる荷物は、日帰りの装備となり、ザックの大きさも日帰り用の大きさで充分です。
③ワイルドな経験ができること
1泊目のキャンプ地は、人工物が徹底的にない場所です。私が初めてキャンプをした十数年前と全く環境が変わらないほど、環境保護がしっかりされています。
近日中に「パタゴニア周遊 フィッツロイ・トレッキングとペリトモレノ氷河 10日間」を発表いたします。
ご興味のある方は、ぜひ“クラブ・アンディーナ(入会無料)”にご入会ください。メンバーの方限定のグループ・ツアーです。少人数限定ながら、ご旅行代金の安いツアーとなります。
同行添乗員は、弊社代表:松井です。

悩みを取り除く、キタ・ペナ人形

もう一つのインカトレイル。「サルカンタイ・トレック」

関連記事

  1. マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原

    2015.05.16
  2. パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」

    2015.09.28
  3. パタゴニア・パイネ国立公園の名峰:クエルノ「角」

    2016.12.01
  4. 秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア

    2015.06.16
  5. 【パタゴニア】フィッツロイ山群ハイキング + エスタンシア滞在の魅力

    2013.11.13
  6. 狂おしい“地球の鼓動”⑤:パタゴニアの名峰フィッツロイの朝日と大草原

    2019.10.10
パタゴニア
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP