Loading

PHOTO-BLOG

《パタゴニア》フィッツロイ山麓で、キャンプするメリット

パタゴニア2011_2699.JPG
パタゴニアを代表する山といえば、フィッツロイ山群とパイネ山群です。
フィッツロイ山麓へは、日帰りハイキングでも十分往復できる距離にあります。
朝早く出発して、山麓でのんびりして戻っても時間が余るほどです。
日が長いので、夜9時ころまで明るいです、1日が長い場所です。
そんなフィッツロイ山麓で、テント泊をするメリットとは?
①朝日に照り輝く黄金のフィッツロイを見ることができること
 これは、キャンプをする人だけの特権です。ほとんど人がいない所で、フィッツロイを半ば独り占めすることができます。日の出とともに、刻々と色が変化するフィッツロイを見るのは、なんとも贅沢です。
②歩行時間が短くなること
日帰りで往復ハイキングするのに比べて、テント泊トレッキングでは歩行時間が、その半分になります。
体力に自信のない方にこそ、テント泊をお勧めします。もちろん低山をときどき歩くほどの体力は最低限必要です。寝袋や個人装備(制限キロ以内)などは、ポーターが運びますので、ザックに入れる荷物は、日帰りの装備となり、ザックの大きさも日帰り用の大きさで充分です。
③ワイルドな経験ができること
1泊目のキャンプ地は、人工物が徹底的にない場所です。私が初めてキャンプをした十数年前と全く環境が変わらないほど、環境保護がしっかりされています。
近日中に「パタゴニア周遊 フィッツロイ・トレッキングとペリトモレノ氷河 10日間」を発表いたします。
ご興味のある方は、ぜひ“クラブ・アンディーナ(入会無料)”にご入会ください。メンバーの方限定のグループ・ツアーです。少人数限定ながら、ご旅行代金の安いツアーとなります。
同行添乗員は、弊社代表:松井です。

悩みを取り除く、キタ・ペナ人形

もう一つのインカトレイル。「サルカンタイ・トレック」

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの南極ブナの森を覆うサルオガセ「お爺さんのアゴヒゲ」

    2015.09.14
  2. 「地の果て」パタゴニアに魅了される作家・怪盗・探検家

    2016.12.16
  3. パタゴニア原生林のコンドル・ロッジとカヤック・ツアー(フィッツロイ)

    2018.06.19
  4. パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

    2014.03.29
  5. マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石

    2015.05.22
  6. 探検家?アゴスティーニ神父

    2010.08.08
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP