Loading

PHOTO-BLOG

《パタゴニア》フィッツロイ山麓で、キャンプするメリット

パタゴニア2011_2699.JPG
パタゴニアを代表する山といえば、フィッツロイ山群とパイネ山群です。
フィッツロイ山麓へは、日帰りハイキングでも十分往復できる距離にあります。
朝早く出発して、山麓でのんびりして戻っても時間が余るほどです。
日が長いので、夜9時ころまで明るいです、1日が長い場所です。
そんなフィッツロイ山麓で、テント泊をするメリットとは?
①朝日に照り輝く黄金のフィッツロイを見ることができること
 これは、キャンプをする人だけの特権です。ほとんど人がいない所で、フィッツロイを半ば独り占めすることができます。日の出とともに、刻々と色が変化するフィッツロイを見るのは、なんとも贅沢です。
②歩行時間が短くなること
日帰りで往復ハイキングするのに比べて、テント泊トレッキングでは歩行時間が、その半分になります。
体力に自信のない方にこそ、テント泊をお勧めします。もちろん低山をときどき歩くほどの体力は最低限必要です。寝袋や個人装備(制限キロ以内)などは、ポーターが運びますので、ザックに入れる荷物は、日帰りの装備となり、ザックの大きさも日帰り用の大きさで充分です。
③ワイルドな経験ができること
1泊目のキャンプ地は、人工物が徹底的にない場所です。私が初めてキャンプをした十数年前と全く環境が変わらないほど、環境保護がしっかりされています。
近日中に「パタゴニア周遊 フィッツロイ・トレッキングとペリトモレノ氷河 10日間」を発表いたします。
ご興味のある方は、ぜひ“クラブ・アンディーナ(入会無料)”にご入会ください。メンバーの方限定のグループ・ツアーです。少人数限定ながら、ご旅行代金の安いツアーとなります。
同行添乗員は、弊社代表:松井です。

関連ページ

パタゴニア・アドベンチャー・クルーズ「アウストラリス号 5日間」... 5星の旅:アドベンチャー・クルーズと、ウシュアイア ビーグル水道を中心に、地の果てホーン岬までクルーズする「アウストラリス号」のシーズンも、早くも残りたった4ヶ月です。4月のシーズン・オフを前に、アウストラリス号とウシュアイア観光をセットにした特別企画を、「ウシュアイア発着」のパック料金でご案...
レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア... レオナ牧場から草原を延々と歩くと、1時間ほどでビエドマ湖に着く。 人工物の何も無い草原で、風も吹いていなければ、聴こえる音といえば自分の足音だけになるだろう。 ビエドマ湖岸からはるか西の方角に、白波が立つ湖にまるで浮かぶように、フィッツロイ山群が見える。 内部にパタゴニア大陸氷床を抱くアン...
マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) マルコーニ氷河の上部にたどり着き、ようやくセロトーレも山頂部だけ姿を見せるようになった Pier Giorgio峰とDomo Blanco(意味:白いドーム)峰の裏に、まだその先端が見えるだけだが、これから大陸氷床沿いに回り込んで、直下を目指すことになる。 ...
フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)... パタゴニア・フィッツロイ峰の神美的な魅力 天を突くような針峰群が草原の彼方に現れると、何度訪れてもその存在感に圧倒されてしまう。 パタゴニアのフィッツロイ峰は、その類まれな容姿で、半ば神格化されるほどに美しい山です。 山麓にチャルテン村が建設されてまだ約30年ほどですが、村人のほぼ...
パタゴニア:3種類の南極ブナ② 落葉樹「ニレ」... 南極ブナの中で、厳しい環境に応じて姿を変えることができるのが、「ニレ」だ。 常に強風が吹くような場所では、地を這うように背を低くする。 日本の山におけるハイマツのような存在だ。 レンガと違い、冷涼な厳しい場所で小さなブッシュを形成する。 風に対する耐性が強く、レンガと違い、風で倒木するこ...
【パタゴニア】パイネ国立公園で迎える、幻想的な日没... パタゴニアの2大山群といえば、アルゼンチン・フィッツロイ山群とチリ・パイネ山群です。 南部パタゴニアの南北およそ300キロほどの地域に、パタゴニアを代表する景観が奇跡的に凝縮されています。 パイネ国立公園のペオエ湖畔で迎える朝と夕方は、“天候”という天による絶妙な匙加減により、幻想的...

悩みを取り除く、キタ・ペナ人形

もう一つのインカトレイル。「サルカンタイ・トレック」

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの大草原で過ごす「牧場ホテル」エスタンシア滞在

    2017.08.22
  2. パタゴニア開拓時代に移植されたサーモン・トラウトの歴史②

    2014.12.24
  3. パタゴニア南部氷原のマルコーニ峠を目指して②

    2014.09.07
  4. 降雪を繰り返し秋と紅葉が深まる:パタゴニア

    2015.04.15
  5. パタゴニア開拓史:氷河の思わぬ前進に翻弄される①

    2014.03.10
  6. フィッツロイ北面を望むロッジ:コンドル湖畔にて③

    2015.04.25
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP