Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの名峰フィッツロイを望む絶景ポイント:プライベート・キャンプ


激しい気象条件のパタゴニアで2日間の好天に恵まれたなら、幸運な巡り合わせと言うべきでしょう

5日間の滞在日の中で、天気予報を見ながら慎重に選んだテント泊の1泊は大正解でした。フィッツロイ峰を撮影するポイントはいろいろあるので、撮影をじっくりするには基点となるフィッツロイBCのプライベート・キャンプは非常に重要となるからです。

山麓のチャルテン村のロッジに宿泊しながら日帰りで往復することもできますが、キャンプに比べるとどうしてもリーチが遠くなります。
キャンプをベースにすると、フィッツロイの様々な展望ポイントへのアクセスがとても良いのです。

朝日や夕日、星空を撮影する場合には、プライベート・キャンプの立地は完璧なほどに最適な場所でもあります。

キャンプには、食堂テント、仮設トイレ、キッチン・テント、宿泊用テントがあり、常駐のスタッフが食事の用意やキャンプの管理を行います。
キャンプに着くと、テントは張ってあり、寝袋やマットも敷いてあるので、とても楽です。

フィッツロイ山麓のキャンプは、かれこれ24年も通っていますが、何度宿泊しても変わらぬ史上最高の絶景キャンプ地と言えるほどに絶景を望むことができます。



==

「パタゴニア」ブログ関連記事集


“朝日に燃える”パタゴニアの名峰フィッツロイ撮影

氷河の歴史を辿り“トレス湖”へ/パタゴニア・フィッツロイ峰の絶景ポイント

関連記事

  1. いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓

    2014.04.17
  2. アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行

    2017.07.15
  3. 探検家?アゴスティーニ神父

    2010.08.08
  4. パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ

    2015.04.18
  5. 動画:パタゴニアの美食「羊のアサード」/アルゼンチン

    2020.02.12
  6. 南米最高峰アコンカグアへ③:オルコネス氷河から南壁の大絶壁へ

    2018.03.04
パタゴニア
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP