Loading

PHOTO-BLOG

世界のペルー料理:クスコの名店の美食メニュー(セビーチェなど)

世界から注目される「ペルー料理」

ペルー料理が世界的に有名になったのは、この数年でペルー政府が国を上げて振興させてきた一つの成果です。
もともとあった素地を活かして、人材育成を積極的に行い、ツーリストへのプロモーションも着々と行っています。

そんなペルー料理にとって、主戦場はツーリストが最も多いクスコです。

ペルーだから食事は何でもいい、、、という根拠のない消極的ご意見もありますが、
洗練された“ペルー料理”を漫喫することなしに、ペルーに行ったとは言えないでしょう。

中央広場沿いのレストランで、窓辺の景色をのんびり望みながら、一流の食事を食べれるとしたら、これほど贅沢なことはありません。
弊社一押しのレストランの食事を紹介します。

▲芋のパン。バターにまぶされた塩は、マラス塩田の塩です。
ペルー料理の基本は、外観を重視することです。
最初に出て来るパンから、すでに力が入っています。

キヌアのミックス・サラダ:ソルテリート

マスのスモークが美味しいです。
アンデス地域では、魚といえばマスですね(外来種ですが)

ティラディート

セビチェに似ていますが、違いは魚のマリネを角切りではなく、薄切りにしているようです。
表面は美しく野菜で覆っています

野菜の下に、ティラディートの本体
マスのマリネに、唐辛子のピリ辛ソースが絶妙です。

カラプルクラ

クスコ産の乾燥ジャガイモのスープに、パリパリに焼いた鶏肉を載せています。

南米の料理は辛いというイメージがありますが、大きな誤解となっています。おそらくメキシコのハバネロなどのイメージが誤解の元です。
この赤いスープも、少しだけ唐辛子が効いている程度です。

アドボ: 豚肉の角煮スープ

地元のどぶろく「チチャ」で風味を付けて、中には乾燥ジャガイモも入っています。

アルパカのアンティクーチョ

元々はストリートフードで有名な牛ハツの串焼き。
アルパカのお肉は近年とても人気があります。油が少なくヘルシーなのだとか。

もちろんアルパカは、高原でかなり自由に放牧されています。
ソースは、ワカタイです。ミントに似たバーブと唐辛子を合わせた、アンデス伝統のソースです。

アルパカのステーキと煮込み

ススピロ

デザートの定番ススピロは、甘いメレンゲの伝統スイーツ
「ススピロ」は、スペイン語で「ため息」を意味します。

世界のペルー料理:ウルバンバ谷の美食レストラン

ペルー・ブランカ山群:ラフコルタ谷とワンツァンの大氷壁

関連記事

  1. ツーリズムに門戸を開く、先住民のミスミナイ村

    2015.07.28
  2. ペルー・インカトレイル・トレッキングとウルバンバ谷滞在 7日間

    2016.09.20
  3. 狂おしい“地球の鼓動”⑦:ペルー・マチュピチュ遺跡の栄華の跡

    2019.10.28
  4. 中南米周遊に強い航空会社:ラタム航空(JAL系ワンワールド)

    2019.06.11
  5. クスコの街角にて:祝祭に活気づくインカの古都

    2015.07.26
  6. ペルー・マチュピチュ遺跡:朝日と夕日がもたらす神秘的な絶景

    2016.11.22
パタゴニア
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP