Loading

PHOTO-BLOG

ペルー料理:アンデスの食材・スーパーフード「キヌア」とは

栄養価の高い雑穀・キヌア

キヌアとは、ペルー・ボリビア・エクアドルなど標高4000m前後の高原で生育する、アンデス高原の植物です。粟やひえと同じ分類で、その癖になる食感と自己主張しすぎない控えめな味が特徴です。

インカ文明以前、数千年前から食用としてアンデスで栽培されていた、アンデスの人々にとって米のような身近で重要な存在なのです。

スーパーフードと呼ばれる所以はその栄養価の高さにあります。NASAが定める理想的な宇宙食の一つにも指定されるほどで、近年では欧米でヘルシー食材として注目され原材料の値段は上昇しています。地産地消されていた食材が海外に行くことで、地元の人々が確保しづらい状況になってきています。

日本でも輸入食材店に行くと購入できますが、現地との値段の差は大きく、日本ではキヌアは高級食材です。

定番料理:キヌアのサラダ「ソルテリート」

定番料理は、キヌアのスープや、サラダ「ソルテリート」でしょう。
このサラダは、キヌアを始め、タマネギのみじん切り、プチトマト、オリーブオイル、ライム果汁、角切りチーズ、スモークサーモン、さらにお好みに合わせてコリアンダーを混ぜます。シンプルですが、このサラダはやみつきになる味で、店ごとに味やデザインが全く異なるのも魅力です。

キヌアの正しい茹で方:ペルー流

キヌアを茹でるコツは7分茹でて、少し蒸らすのがペルーの主婦の鉄板ルールだとか。
ご飯のように炊いてしまうと食感が失われるので、茹で方は「ペルー流」がお勧めです。

世界で注目されるペルー料理

ペルー料理が世界で注目されるほどに成長したのは、国策としてペルー政府が振興に資金を投じたことがあります。
移民国であるペルーでは、本来のインカの人々の料理に加えて、フランス料理、日本料理、中華料理などのエッセンスが混ざっていました。この素地を進化させるように、味とデザインにこだわるペルー料理が、カリスマ・シェフの元で一気に知名度を高めました。それはこの20年ほどでしょう。

日本のおすすめペルー料理レストラン

日本でもいくつもペルー料理の店があります。
特に、近年の発展したペルー料理の系譜を継ぐ若いペルー人シェフの店はお勧めです。

ペルー料理&バル:ALDO(アルド)http://baraldoperu.favy.jp/
住所:東京都港区北青山3-6-26 第5SIビル B1 電話番号:0364277223

関連ページ:ペルー料理

関連ページ

ペルー料理の原点:インカの聖なる料理「パチャマンカ」①... インカの聖なる料理「パチャマンカ」 インカの末裔ケチュア族の人々が今に伝える「パチャマンカ」は、特別な日に行う神聖な食事です。 世界的な美食として有名なペルー料理の原点の一つは、パチャマンカにあるでしょう。 「パチャ」は“大地”、「マンカ」は“鍋”を意味します。 その名の通り、大地を...
「ペルー料理お食事会」青山の凄腕シェフの絶品料理&セビーチェ... 世界で注目されるペルー料理を青山で食す 昨夜は、アンディーナトラベルクラブにて、「ペルー料理お食事会」を開催しました。 ここ10年余りで国策で発展したペルー料理の魅力を知っていただくために、北青山の「ペルー料理&バルALDO(アルド)」にて、フルコースでお楽しみいただきました。 レストラン...
ペルー料理:国民的ジュース「チチャ・モラーダ」とチチャ酒... 紫トウモロコシのジュース「チチャ・モラーダ」とは ペルーで愛される2つのジュースといえば、「チチャ・モラーダ」と「インカコーラ」です。どちらも濃いめの甘さが特徴です。 この2つの飲み物はペルー全域で、老いも若きも頻繁に飲んでいます。 チチャ・モラーダの原料は紫トウモロコシで、ジュースや...
ペルー料理でランチ:恵比寿「ミラフローレス」... ペルー料理のランチを食べに恵比寿の「ミラフローレス」へ。 閑静な住宅街に品の良い立派なレストランです。 “ミラフローレス”とはペルーのリマ新市街の地域名です。そのミラフローレスに、いかにもありそうな格式ある雰囲気です。 ランチセットは10品もあり、どこのペルー料理レストランとも同じ...
ペルー料理をキャンプで楽しむ:ブランカ山群のグランピング体験... ペルー・ブランカ山群のグランピング体験 ペルー・ワラスを基点にした、ブランカ山群とワイワッシュ山群では、今年から「デラックス・キャンプ=グランピング」が手配可能となりました。 このプライベート・キャンプでは、椅子とテーブル付きの大型テント滞在で、専属シェフがペルー料理にこだわったメニュー...
《ペルー料理の食材》大地が赤く染まる唐辛子の天日干し... トウガラシの天日干し ペルー料理で欠かせないトウガラシの天日干しは、5月頃に最盛期を迎えます。 人口約800万人の巨大都市にトウガラシを供給する大産地として、ペルー北部の谷が赤く染まります。 ここでは、主に赤いトウガラシを中心に、黄色や橙色の唐辛子も乾燥させています。まだ干し始めた...

第二のマチュピチュ:チョケキラオ遺跡・テント泊トレッキング

「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)

パタゴニア

関連記事

  1. 南米3大祭り:インカの祝祭・太陽の祭り(インティライミ)

    2019.03.03
  2. 《ペルー》もう一つのインカトレイル:サルカンタイ・トレッキング

    2018.05.18
  3. 先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存

    2015.07.29
  4. マチュピチュ遺跡とインカトレイルを堪能するペルー旅行『 7つのポイント』

    2016.05.24
  5. 【ペルー・アマゾン】「デルフィン号」ネイチャー・クルーズの魅力

    2017.06.03
  6. アンデス山脈の黄昏:氷雪峰の魔法の色彩 -ペルー・ブランカ山群

    2017.11.30
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP