Loading

PHOTO-BLOG

ペルー料理:アンデスの食材・スーパーフード「キヌア」とは

栄養価の高い雑穀・キヌア

キヌアとは、ペルー・ボリビア・エクアドルなど標高4000m前後の高原で生育する、アンデス高原の植物です。粟やひえと同じ分類で、その癖になる食感と自己主張しすぎない控えめな味が特徴です。

インカ文明以前、数千年前から食用としてアンデスで栽培されていた、アンデスの人々にとって米のような身近で重要な存在なのです。

スーパーフードと呼ばれる所以はその栄養価の高さにあります。NASAが定める理想的な宇宙食の一つにも指定されるほどで、近年では欧米でヘルシー食材として注目され原材料の値段は上昇しています。地産地消されていた食材が海外に行くことで、地元の人々が確保しづらい状況になってきています。

日本でも輸入食材店に行くと購入できますが、現地との値段の差は大きく、日本ではキヌアは高級食材です。

定番料理:キヌアのサラダ「ソルテリート」

定番料理は、キヌアのスープや、サラダ「ソルテリート」でしょう。
このサラダは、キヌアを始め、タマネギのみじん切り、プチトマト、オリーブオイル、ライム果汁、角切りチーズ、スモークサーモン、さらにお好みに合わせてコリアンダーを混ぜます。シンプルですが、このサラダはやみつきになる味で、店ごとに味やデザインが全く異なるのも魅力です。

キヌアの正しい茹で方:ペルー流

キヌアを茹でるコツは7分茹でて、少し蒸らすのがペルーの主婦の鉄板ルールだとか。
ご飯のように炊いてしまうと食感が失われるので、茹で方は「ペルー流」がお勧めです。

世界で注目されるペルー料理

ペルー料理が世界で注目されるほどに成長したのは、国策としてペルー政府が振興に資金を投じたことがあります。
移民国であるペルーでは、本来のインカの人々の料理に加えて、フランス料理、日本料理、中華料理などのエッセンスが混ざっていました。この素地を進化させるように、味とデザインにこだわるペルー料理が、カリスマ・シェフの元で一気に知名度を高めました。それはこの20年ほどでしょう。

日本のおすすめペルー料理レストラン

日本でもいくつもペルー料理の店があります。
特に、近年の発展したペルー料理の系譜を継ぐ若いペルー人シェフの店はお勧めです。

ペルー料理&バル:ALDO(アルド)http://baraldoperu.favy.jp/
住所:東京都港区北青山3-6-26 第5SIビル B1 電話番号:0364277223

関連ページ:ペルー料理

関連ページ

ペルー料理の原点:インカの聖なる料理「パチャマンカ」①... インカの聖なる料理「パチャマンカ」 インカの末裔ケチュア族の人々が今に伝える「パチャマンカ」は、特別な日に行う神聖な食事です。 世界的な美食として有名なペルー料理の原点の一つは、パチャマンカにあるでしょう。 「パチャ」は“大地”、「マンカ」は“鍋”を意味します。 その名の通り、大地を...
ペルー料理:アンデスの山の幸「ルピナスのセビーチェ」... ペルー料理の代表料理セビーチェ いま世界で最も注目される料理は「ペルー料理」ではないだろうか。 インカ文明から続く伝統料理に、日系人・ヨーロッパ人、中国人の食文化が混じり合い、「ペルー料理」という一つの体系が出来上がったのです。 ペルー料理で最も料理は、「セビーチェ」でしょう。 セビ...
中南米グルメ・ブログ 「ラテンの台所」... 弊社のfacebookで公開している“中南米のグルメ・コラム”「ラテンの台所」を、ブログでも公開を開始します。週2回ほどのペースで更新しますので、引き続きfacebookが先行公開となりますが、ぜひご覧ください。 ブログ画面の体裁はまだ整っておりませんが、近日中にはしっかりしたレイアウトにする...
世界的な美食「ペルー料理」のスター:ガストン・アクリオの偉業... 世界のグルメから注目されるペルー料理を牽引するカリスマ・シェフ ペルーで知らない人はいない、という地位まで上り詰めたシェフ『ガストン・アクリオ』。 1994年にリマにAstrid & Gastonをオープンして以来、ペルー料理の魅力を海外にアピールし、また国内では再認識する活動を続けている。...
世界のペルー料理:クスコの名店の美食メニュー(セビーチェなど)... 世界から注目される「ペルー料理」 ペルー料理が世界的に有名になったのは、この数年でペルー政府が国を上げて振興させてきた一つの成果です。 もともとあった素地を活かして、人材育成を積極的に行い、ツーリストへのプロモーションも着々と行っています。 そんなペルー料理にとって、主戦場はツーリスト...
ペルー料理をキャンプで楽しむ:ブランカ山群のグランピング体験... ペルー・ブランカ山群のグランピング体験 ペルー・ワラスを基点にした、ブランカ山群とワイワッシュ山群では、今年から「デラックス・キャンプ=グランピング」が手配可能となりました。 このプライベート・キャンプでは、椅子とテーブル付きの大型テント滞在で、専属シェフがペルー料理にこだわったメニュー...

第二のマチュピチュ:チョケキラオ遺跡・テント泊トレッキング

「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)

関連記事

  1. 「ペルー料理お食事会」青山の凄腕シェフの絶品料理&セビーチェ

    2017.11.04
  2. ペルー・ブランカ山群の花畑をフラワーハイキングで巡る

    2017.10.01
  3. インカの聖なる谷“ウルバンバ谷”の7つの魅力(ペルー旅行)

    2016.05.23
  4. 聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ

    2015.07.30
  5. 秘境クルーズ特集:ガラパゴス諸島、パタゴニア、アマゾン、南極大陸

    2018.10.29
  6. インカ文明の星座観:暗黒星雲の躍動的な生命描写とアンデス神話

    2018.01.09
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP