Loading

PHOTO-BLOG

プライベートキャンプ利用でフィッツロイをさらに満喫

1.jpg
今シーズンのフィッツロイ山麓のテント泊トレッキングでは、フィッツロイBC・セロトーレBCそれぞれのキャンプ地にて、常設テントを利用可能です。
フィッツロイ、セロトーレ、両方のベースキャンプには、キッチンとダイニング・テントが常設されています。お客様が宿泊するテントも、このキャンプ地に常備していますので、到着時にはテントが張られています。テントは、2名様で一張利用します。
食糧やテントを担ぐことなく、テント泊トレッキングを楽しむことができますので、パタゴニアでのトレッキングは、より身近になると思います。なお、テント泊トレッキングでは、専属トレッキング・ガイドの同行が必須です。
1.JPG
2.JPG
3.JPG
5.jpg
フィッツロイ

関連ページ

パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地... “嵐の大地”と呼ばれるパタゴニアで、雲一つ無い夜空に、満天の星を望めたなら、それはとても幸運なことでしょう。 フィッツロイ峰は、先住民テウエルチェ族に“チャルテン=煙を吐く山”と呼ばれるほどに、雲はまるで噴煙であるかのように、山頂部に張り付くと離れない山であるからです。 秋のある日、...
パタゴニア:秋のウエムル氷河と森 チャルテンから北へ車で約1時間半ほど行くと、アルゼンチンとチリの国境デシエルト湖に着く。 チリからの湿った空気の影響を強く受けるので、チャルテン付近に比べて、森が深く氷河が発達している。 南極ブナの木には、コケやサルオガセがびっしりと張り付き、地面はフカフカしている。 1時間も森を歩き斜面を登る...
初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて... フィッツロイ山麓のエルチャルテン:巡り替わる季節 季節を五感で感じることができるのは、人間ならではの微細な感性ではないだろうか。 それとも、それは太古の時代から生き残る命に宿る本能的な野性なのか ある日、ある瞬間、来る季節の到来を明確に感じることがある。 それはとてもふと瞬間に唐...
劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>... 「フィッツロイで朝日を迎えたい」という問い合わせを、今年は頻繁にいただけるようになり、とても嬉しいです。 フィッツロイで最も美しい時間帯は、間違いなく「朝日」だからです。 その朝日を確実に安全に望むには、プライベート・キャンプでのテント泊がベストです。 ダイニング用のドーム・テ...
パタゴニア:チャルテン村をベースにしたサポート体制... 11月から始まるパタゴニアのトレッキング・シーズン。 2014/2015シーズンは、アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山群、チャルテン村を基点にご案内いたします。 弊社は、個人でも安心してトレッキングを楽しむために、トレッキング専門の現地パートナー会社とともに、お客様を現地サポートします...
湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア... フィッツロイ山特の南極ブナが紅葉に染まる秋は、南半球のパタゴニアでは4月にあたります。 気温も徐々に下がり始め、朝晩の冷え込みも一層厳しくなってきます。 雪やみぞれが降るたびに、紅葉の色づきも増していきます。 そんな秋、快晴・無風という、パタゴニアでは珍しい好天の日に、山麓の湖沼も...

グアテマラ・就学支援の学校を訪問するスタディツアー

パタゴニア旅行の締めくくりは、ブエノスアイレスで

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 草原を駆ける牧童・ガウチョの精神

    2015.10.02
  2. パタゴニアの花「サクラソウ」:ワイルドフラワー編

    2015.09.09
  3. トーレス・デル・パイネ峰と山上の湖/パタゴニア

    2016.12.15
  4. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰

    2015.11.05
  5. 青い氷穴・アイスケーブを探して-ビエドマ氷河ハイキング(エルチャルテン村)

    2018.03.21
  6. フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア

    2015.06.18
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP