Loading

PHOTO-BLOG

《エクスペディション》パタゴニア南部氷原①

1.jpg
グリーンランドに次ぐ規模の巨大な氷、パタゴニア南部氷原(大陸氷床)をテント泊で歩き、フィッツロイ・セロトーレ山群を一周する夢のようなトレッキング・ルートがあります。
アルゼンチン・パタゴニアの基点チャルテン村から、約1週間かけて、フィッツロイの裏側にそびえる厚い大陸氷床に上がり、氷河の源、そして氷河の末端まで歩きます。氷河の持つ歴史を源流から辿ることもできる貴重なルートです。
パタゴニア南部氷床トレッキング(Patagonia Icefield Trekking)
※パタゴニアならではの風と天候の影響も大きく受ける、非常にハードなトレッキングです。参加できる方は、経験に応じて限られます。
●「パタゴニア大陸氷床トレッキング」URL:
https://www.andina-travel.com/cn22/icefield.html

2.jpg
3.JPG
4.JPG
5.JPG
チャルテンから見るのとは、アングルがだいぶ異なります。フィッツロイ

関連ページ

いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓... 数日に一回降る雪の中で、少しずつ赤さを増して行くフィッツロイの山麓。 この季節は、チャルテン村で雨が降っている場合には、山麓では雪が降っている場合が多いです。 根雪になるほどではなく、日が出ればドンドンと融けて行きます。 唐突な振り方も見事ですが、日が出てからの融け具合もなかなか見事です。...
パタゴニア・ウプサラ氷河クルーズ&クリスティーナ牧場... アルゼンチン・パタゴニアの基点:カラファテ パタゴニアの大きな青い空、氷河、雄大な岩峰といったパタゴニアのシンボルを望むために、アルゼンチン・パタゴニアの基点カラファテは理想的な立地です。 カラファテは、アンデス山脈の東側に位置することから、偏西風の湿った空気はアンデス山脈で落ち、気持ち良い...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...
パタゴニアの名峰セロ・トーレの静寂と暴風:フィッツロイ山群... 世界で最も登攀が困難な山:セロ・トーレ 世界で最も登攀が困難な山と言われるセロ・トーレ峰(3,128m)は、パタゴニアのフィッツロイ山群を代表するもう一つの名峰です。 「セロ」は「峰」を、「トーレ」はその姿の通り「尖塔」を意味する、まさに天に屹立する針峰です。 セロトーレは、パタゴニア...
パタゴニア:チャルテン村をベースにしたサポート体制... 11月から始まるパタゴニアのトレッキング・シーズン。 2014/2015シーズンは、アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山群、チャルテン村を基点にご案内いたします。 弊社は、個人でも安心してトレッキングを楽しむために、トレッキング専門の現地パートナー会社とともに、お客様を現地サポートします...
マルコーニ峠を目指して、氷河を登る... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 広大なマルコーニ谷を抜けて、もうすぐマルコーニ峠だ。 見上げる空がどんどん大きくなる 左右の山も目線の高さか眼下に見下ろすようになり、パタゴニア大陸氷床に近づいていることを空の広さが教えてくれる パタゴニアでは異例の快晴・無風のなか、マル...

パイネ国立公園:縦走トレッキングのみで望める大岩壁

パタゴニア南部氷原のマルコーニ峠を目指して②

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日

    2015.05.09
  2. 「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典

    2017.10.07
  3. 写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品

    2018.02.26
  4. マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原

    2015.05.16
  5. 秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹

    2014.04.23
  6. パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き

    2017.06.15
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP