Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア南部氷原のマルコーニ峠を目指して②

1.jpg
約3日間かけて、谷をつめ、氷河を辿り、源流・パタゴニア大陸氷床へ登る。
マルコーニ氷河は中規模ではありますが、末端を始め、氷河上での大展望は圧巻です。深くえぐるようにできた花崗岩の谷底には、周りの山からの氷瀑が無数に落ちています。
2.JPG
3.JPG
4.JPG
5.JPG
眼下に、歩いてきたマルコーニ氷河を見下ろす。左奥はフィッツロイ
6.JPG
満点の星空。遠くに雪崩の音を聞きながら
7.5.JPG
マルコーニ峠
7.JPG
氷河に削られた花崗岩には、アンモナイトの化石を見られる
8.JPG
フィッツロイを背に、いよいよ大陸氷床へ
9.JPG
パタゴニア南部氷床トレッキング(Patagonia Icefield Trekking)
※パタゴニアならではの風と天候の影響も大きく受ける、非常にハードなトレッキングです。参加できる方は、経験に応じて限られます。
●弊社URL:https://www.andina-travel.com/patagonia.html

関連ページ

パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石 「迷子石」とは、氷河によって運ばれた石が、氷河の後退によりその場に残された石のことだ。 “取り残された”という佇まいであることから、迷子石と呼ばれる。 石の組成を調べることで、氷河がどのように分布したのかを知ることができる。 パタゴニアは、かつて巨大な氷河に覆われていた。 アルゼンチン湖...
秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹... 南極ブナの森を歩く。 秋、風の強いある日。 誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。 耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、...
パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ... パタゴニアの絶滅危惧種:ウエムル鹿 フィッツロイ山麓で使用するプライベート・キャンプはフィッツロイ峰を展望する川原沿いの森に設置されています。 ここに関係者だけが宿泊できるキャンプが作られたのはつい4年ほど前のことです。 一般のトレッカーの入り込まない静かな森です。 2年前は、この森...
パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) “風の峠”デル・ビエント峠から見下ろせる小さな湖が今日のキャンプ地だ。 5日ぶりに植物の生える下界に下りてきた。湖は緑の草でみずみずしく覆われている。 上から見ると、そのキャンプ地は緑の小さな染みのようだ。 ここまで来れば大丈夫だという安堵感も嬉しい。...
パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景... ナンキョクブナの紅葉:パタゴニアの秋 パタゴニアの秋は、南極ブナが紅葉して紅く彩られます。 森のほとんどの木は南極ブナで成り立ちますので、フィッツロイ周辺は見事に紅く染まるのです。 パタゴニアの森の大半を構成する「南極ブナ」は、3種類に分かれます。 秋に落葉する2種の南極ブナ、レンガ...
パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ... 天気の良い初秋のある日、はやる気持ちを抑えて、チャルテン村を出発します。 今年から、トレイル入口にはレンジャーが常駐して、入山者の確認をしています。 チャルテン村から望めるフィッツロイ峰は山頂部のみです。 トレイルに入ると、まずは気持ちの良い南極ブナの原生林を歩き、ぐいぐいと標高を...

《エクスペディション》パタゴニア南部氷原①

果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③

パタゴニア

関連記事

  1. ガンコウランの仲間「ムルティージャ」の赤い実:パタゴニアの植物

    2015.09.04
  2. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘

    2015.10.31
  3. 本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-

    2018.06.09
  4. 南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」

    2015.09.22
  5. クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力

    2015.10.26
  6. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰

    2015.11.05
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP