Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密

1.jpg

「インディオのパン」キッタリア

パタゴニアの森を歩いていると、多くの木のコブを見るだろう。
この木のコブは、「インディオのパン」と呼ばれるキノコ“キッタリア”が原因だ。
南極ブナの枝や幹だけに寄生する。
キノコに寄生された枝や幹は、樹液の循環を阻害されることになる。
樹液の循環を取り戻そうと自衛する木は、コブを作り幹を太くする。
その上にまたキノコが生えて、木はさらにコブを大きくするのだ。
この繰り返しの果てに、木のコブは1m以上になることもある。
椅子やテーブルに加工されてインテリアとしても重宝されている。
2.jpg
3.jpg

関連ページ

パタゴニアのプロテア:真紅の花「ノトロ」... 氷河が後退して最初に生えてくる植物の一つが、ノトロだ。 南極ブナさえも生育できない荒れた土地で育つ、とても強い植物なのだ。 ノトロは、春から夏にかけて、真紅の花を咲かせる。 ヤマガモシ科のノトロは、南アフリカのプロテアと同じ種類だ。 起源は、古代のゴンドワナ超大陸の時代に遡り、プロテ...
パタゴニアのキノコ③:アミガサダケ... パタゴニアのキノコ 11月中旬の春、南極ブナの森に「アミガサダケ」を見つけた。 トレイル沿いの陽当たりの良い場所にたくさん生えていたので、とても目立つ。 地元のガイドは喜々としていくつか収穫して、キャンプでの夕食の具材の一つに使った。 特に美味しいというわけではないが、その土地の物を食べ...
ガンコウランの仲間「ムルティージャ」の赤い実:パタゴニアの植物... もう一つの赤い実といえば、ツツジ科のガンコウランの一種“ムルティージャ”だ。 チャウラよりも小粒の実は、地面に這うようにびっしりと赤黒く実っているので、とても目立つのだ。 この実は食べるのは可能だが、パタゴニアでは一般的には食べられていない。 森の外れの陽当たりの良い場所を好み、強風に適応...
パタゴニアのキノコ①:春の森の名物・キッタリア... 「インディオのパン」と呼ばれる“キッタリア”は、綺麗な球体をしているキノコだ。 「ジャオジャオ」とも呼ばれている。 先住民にとっては貴重な食糧の一つであった。 特に、ビーグル水道近辺のフエゴ島に住んでいたヤーガン族は、このキノコを主食の一つとしていた。 カヌーで狩猟採集するヤーガン族は、...
パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①... その実を食べると再びパタゴニアに戻ってくる、と言われる「カラファテ」の木は、早春に黄色い花を咲かせる。 背の低い灌木は、黄色い花に見事に覆われて、遠くから見ればまるで絨毯のように一面が黄色く見える。 パタゴニアで広く親しまれている、この「カラファテ」は、正確には2種類ある。 茎に鋭い針があ...
パタゴニアで最も愛される木の実:カラファテ... 「カラファテの実を食べると、再びパタゴニアに戻って来る」と言われて、パタゴニアで最も愛されている植物は、メギ科のカラファテだ。 初夏の1月頃には、カラファテは実を付けて、晩夏に向けて少しずつ大きくなっていく。 3月は、カラファテの熟れる季節だ。 枝には鋭い棘が付いているので、収穫は気を使う...

パタゴニアのキノコ①:春の森の名物・キッタリア

パタゴニアのキノコ③:アミガサダケ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ

    2018.07.16
  2. 紅葉のパタゴニア:フィッツロイ峰の清流と、南極ブナの森トレッキング

    2017.01.31
  3. 秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①

    2015.08.17
  4. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在

    2015.10.27
  5. フィッツロイ山麓・ビエドマ氷河ハイキングの魅力

    2014.04.04
  6. 北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③

    2015.10.14
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP