Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアで最も愛される木の実:カラファテ

1.jpg
「カラファテの実を食べると、再びパタゴニアに戻って来る」と言われて、パタゴニアで最も愛されている植物は、メギ科のカラファテだ。
初夏の1月頃には、カラファテは実を付けて、晩夏に向けて少しずつ大きくなっていく。
3月は、カラファテの熟れる季節だ。
枝には鋭い棘が付いているので、収穫は気を使う作業となる。茂みを抜ける時にも注意が必要だ。薄地の服やダウンであれば破れてしまう可能性がある。
極北で言えばブルーベリーのような存在で、ジャムやアイスなどいろいろ加工されている。
収穫しているとついつい摘まんでしまうので、手や服が青く染まってしまう時がある。
カラファテの収穫の季節が終わると、秋はいよいよ深まって行く。
*Calafate (Palo amarillo): Berberis microphylla
*Calafate Enano (Zarcilla): Berberis empetrifolia
2.jpg
3.jpg

関連ページ

クッションような灌木が花で覆われる:マタ... その姿がクッションのように見える灌木を、パタゴニアでは「マタ」と呼ぶ。 スペイン語で“灌木”という意味だ。 ノトロと同じく、氷河が後退した荒地に最初に生える植物だ。 マタ・グアナコは、まだ残雪が残る初春に、真紅の花を無数につける。 マタ・バロッサは、春から夏にかけて、黄色い花をつける...
ビタミン豊富なツツジ科 チャウラ(ムルタ)の実:パタゴニアの植物... パタゴニアを歩くと、足元のブッシュに、赤い実を見かける。 よく目にする赤い実は、二種類だろうか。どちらも強風に順応した背の低い灌木だ。 一つは、パチンコ玉ほどの大きさで、チャウラ(または、ムルタ)と呼ばれる。カラファテの実と同じくらいに、パタゴニアで親しまれる木の実だ。年に2回の収穫ができる...
パタゴニアのキノコ①:春の森の名物・キッタリア... 「インディオのパン」と呼ばれる“キッタリア”は、綺麗な球体をしているキノコだ。 「ジャオジャオ」とも呼ばれている。 先住民にとっては貴重な食糧の一つであった。 特に、ビーグル水道近辺のフエゴ島に住んでいたヤーガン族は、このキノコを主食の一つとしていた。 カヌーで狩猟採集するヤーガン族は、...
パタゴニアの南極ブナの森を覆うサルオガセ「お爺さんのアゴヒゲ」... 南極ブナの森で、木々を覆っているコケは「サルオガセ」だ。 湿度の多い森ほどに、サルオガセの勢いは旺盛となる。 パタゴニアでは、Barbas de Viejo(バルバス・デ・ビエホ)と呼ばれる。“お爺さんのアゴヒゲ”という意味だ。 サルオガセは木を覆っているが、木から養分を吸ってはいない...
暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」... “風の大地”と呼ばれるパタゴニアでは、南極ブナもまた“風”に支配されている。 春に咲く南極ブナの花の受粉の仲立ちとなるのは、風(風媒花)だ。 晩夏に熟した実は、やはり風によって広く運ばれて行く。 100年を越す大木に育った南極ブナも、最後は風によって倒される。 森を歩けば、いたるとこ...
パタゴニアの3種類の南極ブナ①:落葉樹「レンガ」... パタゴニアで最も繁栄する樹木:南極ブナ パタゴニアの南極ブナで一番目にするのは、「レンガ」の木だ。 30m前後の高さにまで育ち、立地が良ければ巨木の森を形成する。 秋には鮮やかに紅葉するのも、この「レンガ」だ。 レンガの原生林の中は、強風からの避難に最適だ。 倒木した木は幾重にも重なり...

パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石

パタゴニアのプロテア:真紅の花「ノトロ」

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展

    2015.10.09
  2. パタゴニアの象徴:羊と牧童(ガウチョ)、そして食文化アサード

    2018.08.31
  3. 探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」

    2015.05.11
  4. パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」

    2018.06.14
  5. パタゴニアの岩峰群の成り立ち:花崗岩の怪峰パイネ・クエルノ

    2018.04.29
  6. 写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』

    2017.10.03
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP