Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアで最も愛される木の実:カラファテ

1.jpg
「カラファテの実を食べると、再びパタゴニアに戻って来る」と言われて、パタゴニアで最も愛されている植物は、メギ科のカラファテだ。
初夏の1月頃には、カラファテは実を付けて、晩夏に向けて少しずつ大きくなっていく。
3月は、カラファテの熟れる季節だ。
枝には鋭い棘が付いているので、収穫は気を使う作業となる。茂みを抜ける時にも注意が必要だ。薄地の服やダウンであれば破れてしまう可能性がある。
極北で言えばブルーベリーのような存在で、ジャムやアイスなどいろいろ加工されている。
収穫しているとついつい摘まんでしまうので、手や服が青く染まってしまう時がある。
カラファテの収穫の季節が終わると、秋はいよいよ深まって行く。
*Calafate (Palo amarillo): Berberis microphylla
*Calafate Enano (Zarcilla): Berberis empetrifolia
2.jpg
3.jpg

パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石

パタゴニアのプロテア:真紅の花「ノトロ」

関連記事

  1. BA Styleコラム11月号:“ガウチョの里”銀細工の工房

    2021.11.18
  2. フィッツロイ峰を展望する展望の丘:チャルテン村

    2015.06.01
  3. パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り

    2015.10.05
  4. パタゴニア・パイネ国立公園の野鳥:渓流を泳ぐカモ

    2015.09.23
  5. 「キャンプ用マテ茶セット」の実用性

    2012.04.13
  6. パタゴニア・パイネ国立公園:定点観測で撮影する千変万化の絶景

    2020.07.17
パタゴニア
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

パタゴニア

最近の記事

パタゴニア

アーカイブ

PAGE TOP