Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアで最も愛される木の実:カラファテ

1.jpg
「カラファテの実を食べると、再びパタゴニアに戻って来る」と言われて、パタゴニアで最も愛されている植物は、メギ科のカラファテだ。
初夏の1月頃には、カラファテは実を付けて、晩夏に向けて少しずつ大きくなっていく。
3月は、カラファテの熟れる季節だ。
枝には鋭い棘が付いているので、収穫は気を使う作業となる。茂みを抜ける時にも注意が必要だ。薄地の服やダウンであれば破れてしまう可能性がある。
極北で言えばブルーベリーのような存在で、ジャムやアイスなどいろいろ加工されている。
収穫しているとついつい摘まんでしまうので、手や服が青く染まってしまう時がある。
カラファテの収穫の季節が終わると、秋はいよいよ深まって行く。
*Calafate (Palo amarillo): Berberis microphylla
*Calafate Enano (Zarcilla): Berberis empetrifolia
2.jpg
3.jpg

関連ページ

パタゴニアの南極ブナの森を覆うサルオガセ「お爺さんのアゴヒゲ」... 南極ブナの森で、木々を覆っているコケは「サルオガセ」だ。 湿度の多い森ほどに、サルオガセの勢いは旺盛となる。 パタゴニアでは、Barbas de Viejo(バルバス・デ・ビエホ)と呼ばれる。“お爺さんのアゴヒゲ”という意味だ。 サルオガセは木を覆っているが、木から養分を吸ってはいない...
ビタミン豊富なツツジ科 チャウラ(ムルタ)の実:パタゴニアの植物... パタゴニアを歩くと、足元のブッシュに、赤い実を見かける。 よく目にする赤い実は、二種類だろうか。どちらも強風に順応した背の低い灌木だ。 一つは、パチンコ玉ほどの大きさで、チャウラ(または、ムルタ)と呼ばれる。カラファテの実と同じくらいに、パタゴニアで親しまれる木の実だ。年に2回の収穫ができる...
パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①... その実を食べると再びパタゴニアに戻ってくる、と言われる「カラファテ」の木は、早春に黄色い花を咲かせる。 背の低い灌木は、黄色い花に見事に覆われて、遠くから見ればまるで絨毯のように一面が黄色く見える。 パタゴニアで広く親しまれている、この「カラファテ」は、正確には2種類ある。 茎に鋭い針があ...
パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密... 「インディオのパン」キッタリア パタゴニアの森を歩いていると、多くの木のコブを見るだろう。 この木のコブは、「インディオのパン」と呼ばれるキノコ“キッタリア”が原因だ。 南極ブナの枝や幹だけに寄生する。 キノコに寄生された枝や幹は、樹液の循環を阻害されることになる。 樹液の循環を取り戻...
パタゴニア:3種類の南極ブナ② 落葉樹「ニレ」... 南極ブナの中で、厳しい環境に応じて姿を変えることができるのが、「ニレ」だ。 常に強風が吹くような場所では、地を這うように背を低くする。 日本の山におけるハイマツのような存在だ。 レンガと違い、冷涼な厳しい場所で小さなブッシュを形成する。 風に対する耐性が強く、レンガと違い、風で倒木するこ...
パタゴニアのプロテア:真紅の花「ノトロ」... 氷河が後退して最初に生えてくる植物の一つが、ノトロだ。 南極ブナさえも生育できない荒れた土地で育つ、とても強い植物なのだ。 ノトロは、春から夏にかけて、真紅の花を咲かせる。 ヤマガモシ科のノトロは、南アフリカのプロテアと同じ種類だ。 起源は、古代のゴンドワナ超大陸の時代に遡り、プロテ...

パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石

パタゴニアのプロテア:真紅の花「ノトロ」

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア・フィッツロイ峰の荘厳なモルゲンロート

    2014.04.09
  2. 【ひとたびxアンディーナトラベル=コラボ企画】「南米ナイト」&「パタゴニア・トレ…

    2015.11.09
  3. 紅葉とフィッツロイを撮影する(パタゴニア)

    2016.02.05
  4. フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン

    2015.02.19
  5. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
  6. 【パタゴニア】フィッツロイ山群ハイキング + エスタンシア滞在の魅力

    2013.11.13
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP