Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアの牧童ガウチョの騎馬祭:ヒネテアーダ

1.jpg
2月上旬のパタゴニアでは、太陽は22:00頃過ぎにやっと沈み、しっかりと暗くなるのは0時を過ぎてからです。
短い夏を惜しむかのように、各地でお祭りが開催されます。
カラファテで見学したお祭りは、ヒネティアーダというガウチョの騎馬祭です。騎手はポンチョや民族衣装に身を包み、お祭りの競技では女の子や子供まで参加しています。
牧童“ガウチョ”は、アルゼンチンの歴史の中で誇らしい存在であり、日本でいえば武士のようなシンボルです。アルゼンチン、そしてパタゴニアでは、乗馬は長く生活に直結していたので、ブエノスアイレス在住の人でも乗馬はできるものです。
通常の南米のお祭り(カーニバル)と違うのは、熱気はあるのですが、お祭り騒ぎではなく、あくまで競技を見るのが趣旨です。
見学者には、私達以外に外国人らしき人は見かけなかったので、ローカルなお祭りだったのでしょう。
真剣に競技を行うガウチョの横には、子供のガウチョが練習していたり、会場を囲む観客席からも熱気というほどのものは伝わらず、のどかに夏のひと時を伝統行事の中で楽しんでいるようでした。
6.JPG
2.JPG
3.jpg
4.JPG
5.JPG
6.4.jpg
7.JPG
8.jpg
9.jpg

パタゴニアのシンボル:黄金色のコイロン草と羊

乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ

関連記事

  1. パタゴニアの絶景:朝日に輝くフィッツロイ峰を望む

    2018.08.03
  2. パタゴニアで、カヤックを漕ぐ

    2013.12.06
  3. 写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』

    2017.10.03
  4. パタゴニアの巨大な氷河湖の緑色を反射する雲

    2015.03.03
  5. 「地の果て」パタゴニアに魅了される作家・怪盗・探検家

    2016.12.16
  6. パタゴニア・フィッツロイ山群でお勧め:テント泊トレッキング・ツアー

    2019.08.12
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP