Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアのシンボル:黄金色のコイロン草と羊

1.jpg
パタゴニアだけに自生する草「コイロン」が羊の牧草に適していることが、パタゴニア中に羊牧が大発展した理由です。こうしてブランドとも言えるパタゴニア産の羊が誕生します。
しかし、外来の羊はパタゴニアの生態系には順応していません。羊の歯形は、コイロンを根こそぎにしてしまいます。一度裸になった土地にコイロンが再び生えるには、長い時間を必要とします。一頭の羊あたりに必要とされる面積もとても広くなり効率は悪く、パタゴニアの自然に与える羊によるインパクトは大きいのです。
いずれにせよ、パタゴニアの歴史に大きく影響した「コイロン」という草の名前は、地元の人にも愛される単語です。
2.jpg
3.jpg
4.jpg

パタゴニアの巨大な氷河湖の緑色を反射する雲

パタゴニアの牧童ガウチョの騎馬祭:ヒネテアーダ

関連記事

  1. パタゴニア旅行の締めくくりは、ブエノスアイレスで

    2014.07.07
  2. パタゴニアのエスタンシア:レオナ牧場①

    2015.10.19
  3. フィッツロイ山麓・エルチャルテン村の空港建設と新たな時代

    2017.08.01
  4. フォト・ギャラリー「チリ」:新ページのご案内

    2020.05.06
  5. パタゴニア:急速に後退するビエドマ氷河

    2020.06.29
  6. パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展

    2015.10.09
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP