Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアのシンボル:黄金色のコイロン草と羊

1.jpg
パタゴニアだけに自生する草「コイロン」が羊の牧草に適していることが、パタゴニア中に羊牧が大発展した理由です。こうしてブランドとも言えるパタゴニア産の羊が誕生します。
しかし、外来の羊はパタゴニアの生態系には順応していません。羊の歯形は、コイロンを根こそぎにしてしまいます。一度裸になった土地にコイロンが再び生えるには、長い時間を必要とします。一頭の羊あたりに必要とされる面積もとても広くなり効率は悪く、パタゴニアの自然に与える羊によるインパクトは大きいのです。
いずれにせよ、パタゴニアの歴史に大きく影響した「コイロン」という草の名前は、地元の人にも愛される単語です。
2.jpg
3.jpg
4.jpg

関連ページ

チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①... 北半球の冬至は、南半球では夏至にあたります。冬至の昨日は、太陽が南緯23.5度の南回帰線の真上に位置していました。 このように北半球と南半球では、赤道を基点に季節のリズムに「半年のずれ」があります。 この半年のずれは、生き物の生息には時に大変な壁となります。種子が発芽する植物は順応が比較的に...
メリノウールの毛刈り行程:パタゴニア... 一頭の羊から取れる羊毛は、約4キロほどだ。 育つ土地の豊かさにより一頭から収穫できる羊毛の量も異なってくる。 刈られた毛は、作業台の上に乗せられて、すぐに選別される。 条件の良い毛から等級にいくつか分けて行くのだ。 こうして選別された等級ごとに、羊毛はブロック状に圧縮されて倉庫に積まれて...
パタゴニア開拓史:大草原パンパを旅する牧童・ガウチョ... パタゴニアの大草原・パンパ パタゴニアの東半分に広がる大草原・パンパにいると、あまりにも大きな空はまるで世界を覆っていることに気付く。 都市部や山岳地帯とも異なり、パタゴニアの草原は地平線のどこまでも続き、空はのしかかるように広い。 その大草原の広さは、約20年以上も前に長距離バスで、...
探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」... エリック・シプトンの伝記「嵐の大地」は、1958年から1962年にかけて行われた数度にわたるパタゴニア探検の記録だ。 当時、ビエドマ氷河の源流に、“ビエドマ火山”があると噂されていた。その火山があるとされる場所は割りと簡単に特定されていたが、誰も到達していなかった。その火山の真偽を確かめる...
パタゴニア開拓史:ピオ11氷河の前進と牧場の水没②... (続き) ここで起きた現象をさらに詳しく説明する。西岸の牧場と氷河の間、入り江の幅は、サムシンの資料によれば、彼が牧場建設を決めた時である1925年の初めの時点では、約1キロと測定されていた。そのために、まさか氷河が横断してくるとは思いもしなかったのだ。しかし、1926年の9月中旬ころ、サムシ...
パタゴニア開拓史:氷河の思わぬ前進に翻弄される①... パタゴニアの開拓史は、私にとって一番魅力的な時代です。 なかでも20世紀初めのアゴスティーニ神父が活躍した時代が、パタゴニア開拓史で最も輝いて見えます。 とてつもない自然を前に、開拓民が繰り広げた苦労の歴史は、後世の私にはとても躍動的な時代に見えるからでしょう。圧倒的な自然を前に茫然としなが...

パタゴニアの巨大な氷河湖の緑色を反射する雲

パタゴニアの牧童ガウチョの騎馬祭:ヒネテアーダ

関連記事

  1. チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①

    2014.12.23
  2. パイネ国立公園:グアナコと食物連鎖の果て-パタゴニア

    2016.05.14
  3. 2011パタゴニア旅行 ⑥ヘルシンガー牧場(その二)

    2012.02.12
  4. トーレス・デル・パイネ峰と山上の湖/パタゴニア

    2016.12.15
  5. パタゴニアの遊牧民「ガウチョ」の祭りにて

    2018.07.20
  6. セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート

    2014.04.11
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP