Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの春を彩る花:“聖母マリアの小さな靴”

1.jpg
春から夏にかけて、森の外れの陽当たりの良い場所や、草原の灌木の陰に、ひっそりと咲いている。
キンチャクソウの一種「サパティート・デ・ラ・ビルヘン」は、パタゴニアでは誰もが知る花だろう。直訳すると、“聖母マリアの小さな靴”という意味だ。
群落を形成するわけではなく、ひっそりと咲いているので、見つけた時には嬉しくなる。
*Zapatito de la virgen: Calceolaria uniflora
7_edited-1.jpg

関連ページ

大草原の小さな花:マリポサ・デル・カンポ/パタゴニアのワイルドフラワー... アルゼンチン湖を望む草原で一休みしようと座った時に、小さな花が砂地から顔を出すように咲いていた。 早春の風は冷たいが、灌木の風下に身をひそめると陽の光が暖かい。 そんな場所に、この花も咲いていたのだ。 ユリズイセンの一種である「マリポサ・デル・カンポ」は、直訳すると「草原の蝶」という意味だ...
パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ... パタゴニアの春の象徴:アネモネ まだ冷たい風がアンデス山脈から吹き下ろす早春のパタゴニア・フィッツロイ山麓は、花の季節です。 新緑の緑や花々の生命が一気に芽吹く早春のパタゴニアは、まだツーリストも少ない静かで美しい季節です いろいろな花が咲く春で、パタゴニアの春を象徴するように咲く花と...
ひっそりと凛と咲くアヤメの花:カンパニージャ... アヤメ科のカンパニージャは、「鈴」を意味する。 鈴を意味する花はいくつかあるが、フウリンソウやホタルブクロとは異なる花だ。 パタゴニアの草原帯に生える春の花で、長い茎を一気に高く伸ばし花を咲かせる。 草原の灌木の陰に、ひっそりと咲いている。 見ようとしなければ見つからないような静かな花、...
パタゴニアの花:マメ科の薬草「パラメーラ」-ワイルドフラワー編... マメ科の「パラメーラ」は、パタゴニアであれば、どこでも目にする植物だ。 春には黄色い花を付ける。 葉は他の多くのマメ科と同じく羽状複葉であるのだが、パラメーラは少し独特だ。 多肉質で、葉の先端から粘液を出している。 その粘液により、葉に触ると皮膚に絡みつくようで手はベトベトになる。強い臭...
パタゴニア・マルガリータの花畑:パイネ国立公園のワイルドフラワー... キク科のマルガリータは、春に花畑を形成するほどに群落で花咲く。 12月が見頃の季節だ。 パイネ国立公園のラストーレス山麓を歩いている時に、草原にマルガリータが咲き乱れていた。 1月末に、チリからアルゼンチンへ国境越えをした時には、草原が一面マルガリータに覆われていた。既に花が散り始めていた...
森の隙間に群落を成す:春の花・アネモネ... 南極ブナが風に倒されると、森にぽっかりと隙間が生まれる。 そんな隙間の陽当たりの良い場所に、アネモネを見つけることがある。 トレッキングで休憩するような場所に咲いているのだ。 木陰にザックを置き、花の観察をしながら一息つく。 フィッツロイ山麓では、セロトーレ方面の森の外れでよく見かける。...

クッションような灌木が花で覆われる:マタ

キンチャクソウ「トパトパ」の花:パタゴニアのワイルドフラワー

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる

    2014.01.12
  2. 【パタゴニア】フィッツロイ山群ハイキング + エスタンシア滞在の魅力

    2013.11.13
  3. フィッツロイ山麓・ビエドマ氷河ハイキングの魅力

    2014.04.04
  4. パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ

    2015.10.03
  5. 秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹

    2014.04.23
  6. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在

    2015.10.27
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP