Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの春を彩る花:“聖母マリアの小さな靴”

1.jpg
春から夏にかけて、森の外れの陽当たりの良い場所や、草原の灌木の陰に、ひっそりと咲いている。
キンチャクソウの一種「サパティート・デ・ラ・ビルヘン」は、パタゴニアでは誰もが知る花だろう。直訳すると、“聖母マリアの小さな靴”という意味だ。
群落を形成するわけではなく、ひっそりと咲いているので、見つけた時には嬉しくなる。
*Zapatito de la virgen: Calceolaria uniflora
7_edited-1.jpg

クッションような灌木が花で覆われる:マタ

キンチャクソウ「トパトパ」の花:パタゴニアのワイルドフラワー

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ

    2015.10.03
  2. パイネ国立公園:グアナコと食物連鎖の果て-パタゴニア

    2016.05.14
  3. パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓

    2017.06.23
  4. ひっそりと凛と咲くアヤメの花:カンパニージャ

    2015.08.27
  5. フィッツロイ北面を望むロッジ:コンドル湖畔にて③

    2015.04.25
  6. 3/19~3/28:パタゴニア・トレッキング 10日間

    2015.11.11
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP