Loading

風景写真家・松井章のブログ

クッションような灌木が花で覆われる:マタ

1.jpg
4.jpg
その姿がクッションのように見える灌木を、パタゴニアでは「マタ」と呼ぶ。
スペイン語で“灌木”という意味だ。
ノトロと同じく、氷河が後退した荒地に最初に生える植物だ。
マタ・グアナコは、まだ残雪が残る初春に、真紅の花を無数につける。
マタ・バロッサは、春から夏にかけて、黄色い花をつける。
どちらも鋭い棘をつけていて、強風に順応して背が低い。
一見すると荒涼としたパタゴニアの大平原にも、季節を彩る花があるのだ。
*Mata Guanaco (Neneo Macho): Anarthrophyllum desideratum
*Mata Barrosa: Mulinum spinosum
2.jpg
3.jpg

パタゴニアのプロテア:真紅の花「ノトロ」

パタゴニアの春を彩る花:“聖母マリアの小さな靴”

関連記事

  1. 世界で3番目に大きな氷塊:パタゴニア南部氷原

    2019.12.10
  2. フォト・ギャラリー「チリ」:新ページのご案内

    2020.05.06
  3. フィッツロイとセロトーレを望む展望の丘②

    2015.05.29
  4. 《モノクローム写真》パタゴニアの嵐と名峰フィッツロイ

    2017.11.20
  5. フィッツロイ山麓・エルチャルテン村の空港建設と新たな時代

    2017.08.01
  6. ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥

    2014.10.01
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP