Loading

PHOTO-BLOG

クッションような灌木が花で覆われる:マタ

1.jpg
4.jpg
その姿がクッションのように見える灌木を、パタゴニアでは「マタ」と呼ぶ。
スペイン語で“灌木”という意味だ。
ノトロと同じく、氷河が後退した荒地に最初に生える植物だ。
マタ・グアナコは、まだ残雪が残る初春に、真紅の花を無数につける。
マタ・バロッサは、春から夏にかけて、黄色い花をつける。
どちらも鋭い棘をつけていて、強風に順応して背が低い。
一見すると荒涼としたパタゴニアの大平原にも、季節を彩る花があるのだ。
*Mata Guanaco (Neneo Macho): Anarthrophyllum desideratum
*Mata Barrosa: Mulinum spinosum
2.jpg
3.jpg

関連ページ

パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ... パタゴニアの春の象徴:アネモネ まだ冷たい風がアンデス山脈から吹き下ろす早春のパタゴニア・フィッツロイ山麓は、花の季節です。 新緑の緑や花々の生命が一気に芽吹く早春のパタゴニアは、まだツーリストも少ない静かで美しい季節です いろいろな花が咲く春で、パタゴニアの春を象徴するように咲く花と...
春の中部パタゴニア・アイセン地方に咲き乱れる:サクランボの花... 11月中旬、中部パタゴニアの町・コジャイケは、サクランボの花に包まれる。 早春の風はまだとても冷たい。春の訪れを知らせるような花だ。 サクラに似た可憐な花を見ていると、はるか地球の裏側から日本を思い出すに違いない。 そんな郷愁を感じさせる花でもあるのだ。 サクランボの木は、南部パタゴニア...
パタゴニアのキノコ③:アミガサダケ... パタゴニアのキノコ 11月中旬の春、南極ブナの森に「アミガサダケ」を見つけた。 トレイル沿いの陽当たりの良い場所にたくさん生えていたので、とても目立つ。 地元のガイドは喜々としていくつか収穫して、キャンプでの夕食の具材の一つに使った。 特に美味しいというわけではないが、その土地の物を食べ...
パタゴニア・マルガリータの花畑:パイネ国立公園のワイルドフラワー... キク科のマルガリータは、春に花畑を形成するほどに群落で花咲く。 12月が見頃の季節だ。 パイネ国立公園のラストーレス山麓を歩いている時に、草原にマルガリータが咲き乱れていた。 1月末に、チリからアルゼンチンへ国境越えをした時には、草原が一面マルガリータに覆われていた。既に花が散り始めていた...
暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」... “風の大地”と呼ばれるパタゴニアでは、南極ブナもまた“風”に支配されている。 春に咲く南極ブナの花の受粉の仲立ちとなるのは、風(風媒花)だ。 晩夏に熟した実は、やはり風によって広く運ばれて行く。 100年を越す大木に育った南極ブナも、最後は風によって倒される。 森を歩けば、いたるとこ...
森の隙間に群落を成す:春の花・アネモネ... 南極ブナが風に倒されると、森にぽっかりと隙間が生まれる。 そんな隙間の陽当たりの良い場所に、アネモネを見つけることがある。 トレッキングで休憩するような場所に咲いているのだ。 木陰にザックを置き、花の観察をしながら一息つく。 フィッツロイ山麓では、セロトーレ方面の森の外れでよく見かける。...

パタゴニアのプロテア:真紅の花「ノトロ」

パタゴニアの春を彩る花:“聖母マリアの小さな靴”

パタゴニア

関連記事

  1. パンゲア大陸に遡るパタゴニアの樹木「南極ブナ」の歴史

    2015.09.15
  2. パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ

    2014.05.19
  3. クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

    2015.11.03
  4. プライベートキャンプ利用でフィッツロイをさらに満喫

    2014.07.01
  5. 紅葉のパタゴニア:フィッツロイ峰の清流と、南極ブナの森トレッキング

    2017.01.31
  6. アンディーナトラベルの撮影旅行(フォトツアー)とは

    2015.02.23
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP