Loading

PHOTO-BLOG

ひっそりと凛と咲くアヤメの花:カンパニージャ

1.jpg
アヤメ科のカンパニージャは、「鈴」を意味する。
鈴を意味する花はいくつかあるが、フウリンソウやホタルブクロとは異なる花だ。
パタゴニアの草原帯に生える春の花で、長い茎を一気に高く伸ばし花を咲かせる。
草原の灌木の陰に、ひっそりと咲いている。
見ようとしなければ見つからないような静かな花、というイメージを私は持っている。
*Campanilla: Olsynium biflorum
2.jpg
3.jpg

森の隙間に群落を成す:春の花・アネモネ

パタゴニアの夏に咲く花「イエローオーキッド」

関連記事

  1. 狂おしい“地球の鼓動”②:パタゴニアの暴風

    2019.10.04
  2. マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原

    2015.05.16
  3. フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

    2015.04.23
  4. パタゴニアの民族史② 牧場(エスタンシア)の開拓民

    2013.02.09
  5. 秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹

    2014.04.23
  6. 「パタゴニア大陸氷床トレッキング」

    2013.01.27
パタゴニア
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP