Loading

PHOTO-BLOG

森の隙間に群落を成す:春の花・アネモネ

1.jpg
南極ブナが風に倒されると、森にぽっかりと隙間が生まれる。
そんな隙間の陽当たりの良い場所に、アネモネを見つけることがある。
トレッキングで休憩するような場所に咲いているのだ。
木陰にザックを置き、花の観察をしながら一息つく。
フィッツロイ山麓では、セロトーレ方面の森の外れでよく見かける。
クリーム色の大きな花を咲かせるので、とても目立つ。
パタゴニアの春を代表する花の一つだ。
*Anemona (Centella) / Anemone multifida
3.jpg
2.jpg

関連ページ

パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ... パタゴニアの春の象徴:アネモネ まだ冷たい風がアンデス山脈から吹き下ろす早春のパタゴニア・フィッツロイ山麓は、花の季節です。 新緑の緑や花々の生命が一気に芽吹く早春のパタゴニアは、まだツーリストも少ない静かで美しい季節です いろいろな花が咲く春で、パタゴニアの春を象徴するように咲く花と...
キンチャクソウ「トパトパ」の花:パタゴニアのワイルドフラワー... 春の花・トパトパは、細長い茎に垂れ下がるように、アンバランスに重たそうな袋状の花を付ける。 風が吹くとゆらゆらと大きく揺れる。 陽当たりの良い草原に咲き乱れるので、小さな花に陽が当たると、特に逆光の時には、その黄色が引き立ち美しい。 北半球では「レディ・スリッパ」と呼ばれ親しまれている。 ...
パタゴニア・マルガリータの花畑:パイネ国立公園のワイルドフラワー... キク科のマルガリータは、春に花畑を形成するほどに群落で花咲く。 12月が見頃の季節だ。 パイネ国立公園のラストーレス山麓を歩いている時に、草原にマルガリータが咲き乱れていた。 1月末に、チリからアルゼンチンへ国境越えをした時には、草原が一面マルガリータに覆われていた。既に花が散り始めていた...
大草原の小さな花:マリポサ・デル・カンポ/パタゴニアのワイルドフラワー... アルゼンチン湖を望む草原で一休みしようと座った時に、小さな花が砂地から顔を出すように咲いていた。 早春の風は冷たいが、灌木の風下に身をひそめると陽の光が暖かい。 そんな場所に、この花も咲いていたのだ。 ユリズイセンの一種である「マリポサ・デル・カンポ」は、直訳すると「草原の蝶」という意味だ...
パタゴニアの花「サクラソウ」:ワイルドフラワー編... 「サクラソウ」というと、ヒマラヤをイメージしてしまう。 春から初夏のモンスーンにかけて、ヒマラヤの各地で咲くサクラソウは様々だ。 特に印象が強いのは、ブータンだ。 ぼんぼり状に丸く花を付けたサクラソウが、紫色に咲き乱れる。 パタゴニアにも、サクラソウが自生しているのだが、あまり自己主張を...
春の中部パタゴニア・アイセン地方に咲き乱れる:サクランボの花... 11月中旬、中部パタゴニアの町・コジャイケは、サクランボの花に包まれる。 早春の風はまだとても冷たい。春の訪れを知らせるような花だ。 サクラに似た可憐な花を見ていると、はるか地球の裏側から日本を思い出すに違いない。 そんな郷愁を感じさせる花でもあるのだ。 サクランボの木は、南部パタゴニア...

キンチャクソウ「トパトパ」の花:パタゴニアのワイルドフラワー

ひっそりと凛と咲くアヤメの花:カンパニージャ

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日

    2015.05.09
  2. フィッツロイ山麓の氷河トレッキング:新ルート『カグリエロ氷河』

    2017.08.11
  3. クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

    2015.11.03
  4. 「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

    2015.06.13
  5. セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート

    2014.04.11
  6. パタゴニア開拓史:ピオ11氷河の前進と牧場の水没②

    2014.03.12
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP