Loading

PHOTO-BLOG

キンチャクソウ「トパトパ」の花:パタゴニアのワイルドフラワー

1.jpg
春の花・トパトパは、細長い茎に垂れ下がるように、アンバランスに重たそうな袋状の花を付ける。
風が吹くとゆらゆらと大きく揺れる。
陽当たりの良い草原に咲き乱れるので、小さな花に陽が当たると、特に逆光の時には、その黄色が引き立ち美しい。
北半球では「レディ・スリッパ」と呼ばれ親しまれている。
「サパティート・デ・ビルヘン」と同じく、キンチャクソウの一種だ。
キンチャクソウの花は、花弁の下唇が大きく巾着状の袋になる。
トパトパには2種類ある。
一つは、巾着の袋がきれいに丸い。
もうひとつは、巾着が反った楕円形になっている。
*Capachito (Topa Topa / Lady’s Slipper): Calceolaria biflora
*Capachito (Topa Topa / Lady’s Slipper): Calceolaria tenella
4.jpg
2.jpg
3.jpg

関連ページ

パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①... その実を食べると再びパタゴニアに戻ってくる、と言われる「カラファテ」の木は、早春に黄色い花を咲かせる。 背の低い灌木は、黄色い花に見事に覆われて、遠くから見ればまるで絨毯のように一面が黄色く見える。 パタゴニアで広く親しまれている、この「カラファテ」は、正確には2種類ある。 茎に鋭い針があ...
早春のパタゴニアの花・岩場に咲くユキノシタ... 岩場を好む「マゼラン・ユキノシタ」は、フィッツロイ山麓のチャルテン村から、セロトーレへ向かう坂道に咲いていた。 多肉質の葉が密生して、茎は細かい毛に覆われて、見るからに強風や低温に強そうな植物だ。 パタゴニアの厳しい気候に順応して、氷河に近い過酷な環境を好む。 まだ残雪の残る早春に、小さな...
パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ... パタゴニアの春の象徴:アネモネ まだ冷たい風がアンデス山脈から吹き下ろす早春のパタゴニア・フィッツロイ山麓は、花の季節です。 新緑の緑や花々の生命が一気に芽吹く早春のパタゴニアは、まだツーリストも少ない静かで美しい季節です いろいろな花が咲く春で、パタゴニアの春を象徴するように咲く花と...
パタゴニアの春を彩る花:“聖母マリアの小さな靴”... 春から夏にかけて、森の外れの陽当たりの良い場所や、草原の灌木の陰に、ひっそりと咲いている。 キンチャクソウの一種「サパティート・デ・ラ・ビルヘン」は、パタゴニアでは誰もが知る花だろう。直訳すると、“聖母マリアの小さな靴”という意味だ。 群落を形成するわけではなく、ひっそりと咲いているので、見...
春のパタゴニアのシンボル:カラファテの花②... もう一種類のカラファテは、葉の形が線形であるのが特徴だ。 乾燥した土壌や岩石質を好むので、パタゴニアの平原に広く見られる。より過酷な、パタゴニアらしい環境に適応している。 綺麗な花や熟した実を眼にして、思わず手を伸ばしてしまうが、鋭いトゲを持っていることには注意したい。 広い大平原に、黄色...
ひっそりと凛と咲くアヤメの花:カンパニージャ... アヤメ科のカンパニージャは、「鈴」を意味する。 鈴を意味する花はいくつかあるが、フウリンソウやホタルブクロとは異なる花だ。 パタゴニアの草原帯に生える春の花で、長い茎を一気に高く伸ばし花を咲かせる。 草原の灌木の陰に、ひっそりと咲いている。 見ようとしなければ見つからないような静かな花、...

パタゴニアの春を彩る花:“聖母マリアの小さな靴”

森の隙間に群落を成す:春の花・アネモネ

関連記事

  1. パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠

    2015.05.26
  2. ビタミン豊富なツツジ科 チャウラ(ムルタ)の実:パタゴニアの植物

    2015.09.03
  3. アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」

    2017.07.20
  4. パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①

    2015.09.01
  5. パイネ国立公園でグアナコを撮影するために

    2015.02.28
  6. 山上の秘密の湖を目指す:ヘルシンガー牧場④

    2015.10.15
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP