Loading

PHOTO-BLOG

キンチャクソウ「トパトパ」の花:パタゴニアのワイルドフラワー

1.jpg
春の花・トパトパは、細長い茎に垂れ下がるように、アンバランスに重たそうな袋状の花を付ける。
風が吹くとゆらゆらと大きく揺れる。
陽当たりの良い草原に咲き乱れるので、小さな花に陽が当たると、特に逆光の時には、その黄色が引き立ち美しい。
北半球では「レディ・スリッパ」と呼ばれ親しまれている。
「サパティート・デ・ビルヘン」と同じく、キンチャクソウの一種だ。
キンチャクソウの花は、花弁の下唇が大きく巾着状の袋になる。
トパトパには2種類ある。
一つは、巾着の袋がきれいに丸い。
もうひとつは、巾着が反った楕円形になっている。
*Capachito (Topa Topa / Lady’s Slipper): Calceolaria biflora
*Capachito (Topa Topa / Lady’s Slipper): Calceolaria tenella
4.jpg
2.jpg
3.jpg

関連ページ

春の中部パタゴニア・アイセン地方に咲き乱れる:サクランボの花... 11月中旬、中部パタゴニアの町・コジャイケは、サクランボの花に包まれる。 早春の風はまだとても冷たい。春の訪れを知らせるような花だ。 サクラに似た可憐な花を見ていると、はるか地球の裏側から日本を思い出すに違いない。 そんな郷愁を感じさせる花でもあるのだ。 サクランボの木は、南部パタゴニア...
春のパタゴニアのシンボル:カラファテの花②... もう一種類のカラファテは、葉の形が線形であるのが特徴だ。 乾燥した土壌や岩石質を好むので、パタゴニアの平原に広く見られる。より過酷な、パタゴニアらしい環境に適応している。 綺麗な花や熟した実を眼にして、思わず手を伸ばしてしまうが、鋭いトゲを持っていることには注意したい。 広い大平原に、黄色...
クッションような灌木が花で覆われる:マタ... その姿がクッションのように見える灌木を、パタゴニアでは「マタ」と呼ぶ。 スペイン語で“灌木”という意味だ。 ノトロと同じく、氷河が後退した荒地に最初に生える植物だ。 マタ・グアナコは、まだ残雪が残る初春に、真紅の花を無数につける。 マタ・バロッサは、春から夏にかけて、黄色い花をつける...
パタゴニアの花「サクラソウ」:ワイルドフラワー編... 「サクラソウ」というと、ヒマラヤをイメージしてしまう。 春から初夏のモンスーンにかけて、ヒマラヤの各地で咲くサクラソウは様々だ。 特に印象が強いのは、ブータンだ。 ぼんぼり状に丸く花を付けたサクラソウが、紫色に咲き乱れる。 パタゴニアにも、サクラソウが自生しているのだが、あまり自己主張を...
パタゴニアの花:マメ科の薬草「パラメーラ」-ワイルドフラワー編... マメ科の「パラメーラ」は、パタゴニアであれば、どこでも目にする植物だ。 春には黄色い花を付ける。 葉は他の多くのマメ科と同じく羽状複葉であるのだが、パラメーラは少し独特だ。 多肉質で、葉の先端から粘液を出している。 その粘液により、葉に触ると皮膚に絡みつくようで手はベトベトになる。強い臭...
パタゴニアのワイルドフラワー:荒れ地に咲く深紅の花「ノトロ」... 深紅の花・ノトロ(ヤマガモシ科) 氷河が後退して最初に生えてくる植物の一つが、ノトロです。 南極ブナさえも生育できない荒れた土地で育つ強い植物で、パタゴニアの暴風が吹き荒れる裸地に見つけることができるでしょう。 裸地から始まり森林へと形成していく過程で、植生が変化していくことを「植...

パタゴニアの春を彩る花:“聖母マリアの小さな靴”

森の隙間に群落を成す:春の花・アネモネ

パタゴニア

関連記事

  1. オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲:朝日・夕日

    2017.12.28
  2. アルゼンチンの国民的なスイーツ:ドゥルセ・デ・レチェ

    2017.11.24
  3. パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード

    2018.08.31
  4. 紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓

    2016.04.27
  5. パタゴニア開拓時代に移植されたサーモン・トラウトの歴史②

    2014.12.24
  6. 秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①

    2015.08.17
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP