Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニア・フィッツロイ峰の荘厳なモルゲンロート

1.jpg
秋、4月の夜明けは遅く、朝8:00過ぎに山に日が差し始めます。
12~2月には早朝に見ていた、フィッツロイに当たる朝焼けのモルゲンロートも、この時季であれば余裕を持ってみれるでしょう。
“繚乱”という言葉が適するほどに、一瞬の光はフィッツロイを、赤から金へと色を変えながら染めてゆきます。わずか15分ほどで“色彩の祭り”は終わり、空の色は青く花崗岩の岸壁は灰色へと戻ります。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
10.jpg
11.jpg
12.jpg
13.jpg
14.jpg

フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ

セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート

関連記事

  1. フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)

    2017.01.23
  2. パタゴニア絶景:名峰フィッツロイの朝日・夕日・星空

    2021.06.11
  3. パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ

    2018.07.16
  4. 湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア

    2016.08.29
  5. 世界で3番目に大きな氷塊:パタゴニア南部氷原

    2019.12.10
  6. パタゴニアの春:荒れ地に芽吹く深紅の花

    2022.04.04
パタゴニア
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP