Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ

1.jpg
チャルテンの南側の山(1,570m)の頂からは、東に大西洋まで続く乾燥したステップ草原を見渡せます。北を望めば、セロトーレやフィッツロイを始めとした岩と氷の世界、降雨量も北に行くほどに増えてチリへ至ります。
山麓は、広大な南極ブナの森に覆われています。標高400mのチャルテンはまだ紅葉していませんが、700m付近から紅葉がちらほらと見えてきます。そして、標高1,000m~1,200m付近が紅葉真っ盛りです。それより上は森林限界を越えます。
パタゴニアでは、1,500mを越える山への“日帰り登頂ハイキング”のルートは数少なく、天候が悪いと最悪でしょうが、天候の良い時には絶景を展望できるルートです。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
大西洋へと数百キロ続くステップ。
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
10.jpg
11.jpg

関連ページ

嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア... フィッツロイ山群で天候が悪化するときには、フィツロイよりも先に、セロトーレが雲に包まれることが多い。 空は概ね晴れているが、分厚い雲がセロトーレだけを不気味に覆っていることがよくある。セロトーレ付近が、台風のような強烈な嵐に見舞われる時の天気だ。 パタゴニア大陸氷床から流れてきた悪天の影響を...
オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲:朝日・夕日... オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲 世界がこの世ならぬ幻想的な表情を見せてくれるのは、朝日の黎明と夕日の黄昏の瞬間ではないだろうか。 パタゴニアでは、独特な暴風が作り出す雲が、ときにオーロラのように空を演出してくれる。それはあまりにも幻想的で、言葉を失うほどに「この世ならぬ」という形...
パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ... 南部パタゴニアの基点の町・カラファテから、国道40号線を北上して、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ。 パタゴニアの天気はある意味では分かりやすく、アンデス山脈から東に離れるほどに、目で分かるほどに乾燥して行きます。 カラファテで晴れていても、アンデスに接するフィッツロイ山麓では天候が全く...
初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて... フィッツロイ山麓のエルチャルテン:巡り替わる季節 季節を五感で感じることができるのは、人間ならではの微細な感性ではないだろうか。 それとも、それは太古の時代から生き残る命に宿る本能的な野性なのか ある日、ある瞬間、来る季節の到来を明確に感じることがある。 それはとてもふと瞬間に唐...
オーロラのような幻想的な雲:パタゴニア・フィッツロイ峰の夕日... パタゴニア・フィッツロイ峰に舞うオーロラのような雲 南極がもたらす暴風は、パタゴニアのフィッツロイ山麓に幻想的な「雲」という魅力を授けました。 高度の高い高積雲はレンズ雲として、高度の低い雲はフィッツロイ山群を取り囲む雲海として、どちらもうねるように、パタゴニアの上空に浮遊します。 か...
フィッツロイ峰を展望する展望の丘:チャルテン村... 3月末のチャルテンは、徐々にゆっくりと紅葉して行く 少し標高を上げると、南極ブナの樹林帯は、真っ赤になっていた 夜が明ける時間も、夏に比べるとだいぶ遅く、夜間の冷えもかなり厳しくなってきた ...

フィッツロイ山麓・ビエドマ氷河ハイキングの魅力

パタゴニア・フィッツロイ峰の荘厳なモルゲンロート

パタゴニア

関連記事

  1. フィッツロイ直下のトレス湖で迎える神聖な日の出

    2014.04.29
  2. 「キャンプ用マテ茶セット」の実用性

    2012.04.13
  3. パタゴニア:チャルテン村をベースにしたサポート体制

    2014.05.02
  4. 「パタゴニア・フィッツロイ峰の夕景」国際写真コンテスト入賞

    2017.10.30
  5. 暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」

    2015.09.16
  6. アルゼンチン・パタゴニアの牧童「ガウチョ」の騎馬祭

    2017.04.25
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP