Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ山麓・ビエドマ氷河ハイキングの魅力

1.jpg
チャルテン村から車と船を乗継ぎ、約一時間ほどの距離にあるのがビエドマ氷河です。アルゼンチン・パタゴニアでは最大の面積の氷河で、セロトーレの裏側の源流部から始まります。
幅が約3kmの末端部は、ペリトモレノ氷河同様に高さ40mほどの氷壁がズラリと並び、春から秋にかけて気温が高い時には氷壁が轟音を立てて崩れ落ちます。
ペリトモレノ氷河が前進も後退もなく過去数十年に渡り安定を続けているのに対して、ビエドマ氷河は後退のスピードが著しい事で有名です。20年前には氷河の下にあった広大な岩場を見れば、その後退のスピードの速さを感じるでしょう。
ビエドマ氷河は下流域から末端部にかけて、特に氷河が激しく割れています。これは氷河の下の岩盤が起伏に富んでいることから、氷河の上下動が大きくなるので割れるそうです。
後退した氷河の跡に残される岩盤は、表面はつるつるです。これは厚い氷河に数万年も磨かれたためです。歩くと分かりますが、油断すると転んでしまうほどに磨かれています。
この岩盤の表面を見ると、するどい筋を何本も見つけます。これは“擦痕”というものです。厚い氷河から徐々に下層に押し込まれ、ついに下の岩盤にぶつかると、氷河と岩盤の間でひきずられながら進んでいきます。この氷河による傷痕が“擦痕”です。痕を見れば、かつての氷河がどの方向に進んでいたかが分かります。
氷河と下の岩盤の間で引きずられるほどに固い石の素材は、花崗岩です。ビエドマ氷河で言えば、源流域のセロトーレ付近から落下した花崗岩の岩が、数万年の時をかけて氷河の内部に取り込まれて最深部に着き、岩盤と接触したのです。
「ビエドマ氷河ハイキング」は、チャルテンでのトレッキング後に、半日を利用して体験可能です。トレッキング後は、そのままカラファテに移動するバスに連動する動きもありますので、より参加しやすくなるツアーです。
ペリトモレノ氷河とともに、ビエドマ湖でのハイキングも体験して、2つの相反する特徴を持つ氷河へ行くのは、とても意義があると思います。
氷河上では、ハイキングシューズにアイゼンを付けます。くるぶしを包むハイカットの靴であれば装着可能です。初めての方でも歩けるように、ベテランのガイドがご案内するので、安心して初心者でもご参加いただけます。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
20年前まで氷河に覆われていた岩場
7.jpg
擦痕

関連ページ

パタゴニア:チャルテン村をベースにしたサポート体制... 11月から始まるパタゴニアのトレッキング・シーズン。 2014/2015シーズンは、アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山群、チャルテン村を基点にご案内いたします。 弊社は、個人でも安心してトレッキングを楽しむために、トレッキング専門の現地パートナー会社とともに、お客様を現地サポートします...
パタゴニア:秋のウエムル氷河と森 チャルテンから北へ車で約1時間半ほど行くと、アルゼンチンとチリの国境デシエルト湖に着く。 チリからの湿った空気の影響を強く受けるので、チャルテン付近に比べて、森が深く氷河が発達している。 南極ブナの木には、コケやサルオガセがびっしりと張り付き、地面はフカフカしている。 1時間も森を歩き斜面を登る...
フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン... パタゴニアで、フィッツロイやパイネの山岳写真を撮るには、“世界で最もうつろいやすい天候”が大きく影響してきます。 トレッキングの行程重視の内容では、その天候を前に、どうしても撮り逃す場面が大きく出てきます。要所要所で腰を据えて取り組む時間が必要となってくるでしょう。 要所でじっくり腰を据えな...
マルコーニ峠を目指して、氷河を登る... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 広大なマルコーニ谷を抜けて、もうすぐマルコーニ峠だ。 見上げる空がどんどん大きくなる 左右の山も目線の高さか眼下に見下ろすようになり、パタゴニア大陸氷床に近づいていることを空の広さが教えてくれる パタゴニアでは異例の快晴・無風のなか、マル...
3/19~3/28:パタゴニア・トレッキング 10日間... 【ひとたびxアンディーナトラベル=コラボ企画】 「パタゴニア フィッツロイ展望トレッキング&ペリトモレノ氷河 10日間」(3/19~3/28) パタゴニアの秋の初め、3/19出発10日間で「フィッツロイ展望トレッキング」ツアーを企画しています。10日間という短期間ながら、フィッツロイ展望のた...
フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ... チャルテンの南側の山(1,570m)の頂からは、東に大西洋まで続く乾燥したステップ草原を見渡せます。北を望めば、セロトーレやフィッツロイを始めとした岩と氷の世界、降雨量も北に行くほどに増えてチリへ至ります。 山麓は、広大な南極ブナの森に覆われています。標高400mのチャルテンはまだ紅葉していま...

姿形を変えて厳しい気候に適応する南極ブナ:秋のパタゴニア

フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ

関連記事

  1. カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

    2015.06.04
  2. <動画>パタゴニア南部氷原フィッツロイ一周トレッキング

    2016.08.09
  3. パタゴニア:プンタアレナスで食べる絶品、パタゴニアの羊

    2016.04.17
  4. フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②

    2015.04.24
  5. パタゴニア:チャルテン村の建設記念日

    2015.10.13
  6. パタゴニア探検史:アゴスティーニ神父の写真遺産

    2016.12.30
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP