Loading

PHOTO-BLOG

数千年の歴史をもつテウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」①

1.jpg
先住民テウエルチェ族は、かつてパタゴニアに広く住んでいた大きな部族だ。南はマゼラン海峡から北は中部パタゴニアまで南北約1,000キロほどになる。
「手の洞窟」は、彼らの遺した数少ない遺物の一つだ。
岩屋(または洞窟)の壁面に、手形が描かれている。これは手を壁に当てて、鉱物の絵の具を吹き付けることで描かれた。手形以外には、当時の狩猟風景を彷彿とさせる動物や人の姿が描かれて、約9,000年前まで遡るとも言われる。
数千年もの間、同じ場所が住居として使用されていた可能性があるのだ。
想像すると、ぞくぞくするような話だ。
2.jpg

関連ページ

山上の秘密の湖を目指す:ヘルシンガー牧場④... ヘルシンガー牧場の背後に聳える“ウエムル峰”の懐深くに、美しい山上の湖がある。 「ラグーナ・アスール (Laguna Azul)」は、日本語に訳すと“青い湖”という意味だ。 ウエムル峰はヘルシンガー牧場の敷地内にあるため、この湖に行けるのは宿泊者のみの特権だ。 スケールの大きな話だが、パタ...
先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②... 岩屋に行ってみると、なぜそこに先住民が住みついたのか少し理解できる。 一番重要なのは、風が吹き込まない事だろう。 強風が吹き荒れるパタゴニアだが、岩屋(半洞窟)の周囲では空気が止まっていて静かだ。そのような場所では森も育ち、乾燥したパタゴニアではオアシスのような場所になる。 先住民が暮らし...
パタゴニアのエスタンシア:レオナ牧場①... カラファテとチャルテンの中間に位置する「レオナ牧場」は、その地の利を活かし休憩所として大繁盛している。 国道40号線沿いの好立地を所有するレオナ牧場には、そう簡単に競争相手が現れないので、まだまだしばらく安泰だろう。 休憩所としてのイメージが大きいが、レオナ牧場はホテルでもある。 レオナ牧...
クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力... クリスティーナ牧場の小さな船着場に着くと、宿泊者専用のメイン・キャビンへ、大草原の中を歩いて行く。 ボートに乗っていた大半の乗客は日帰りのツアー客だ。グループ用の別棟で食事をしてアクティビティを楽しむらしい。 宿泊用の部屋は3棟のキャビンにわずか6部屋しかないので、ハイシーズンは連日満室とな...
パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展... パタゴニア中のほぼ全ての土地が私有地として分断された時代を経て、今は牧場が解体されて行く時代だ。 国際競争の激化による羊毛価格の下落は、牧場の経営に大きく影響している。化学繊維の発達により羊毛のニーズが減っていることもある。 また、羊の飼育過剰により土地の荒廃(砂漠化)が進んでいたことも大き...
パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場①... 観光牧場として宿泊やアクティビティを提供するエスタンシア(牧場)は、アルゼンチン・パタゴニアのカラファテとウシュアイア周辺にいくつかある。 フィッツロイの近くなら、ヘルシンガー牧場が好きだ。 ここの牧場の奥には、宝石のように美しい山上の湖があるからだ。 そして、ビエドマ湖南岸から、湖越しにフィッツ...

パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ

先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. クッションような灌木が花で覆われる:マタ

    2015.08.22
  2. フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①

    2015.05.28
  3. フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)

    2017.01.23
  4. パタゴニアのキノコ①:春の森の名物・キッタリア

    2015.09.10
  5. 果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③

    2014.09.12
  6. 『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

    2018.06.05
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP