Loading

PHOTO-BLOG

数千年の歴史をもつテウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」①

1.jpg
先住民テウエルチェ族は、かつてパタゴニアに広く住んでいた大きな部族だ。南はマゼラン海峡から北は中部パタゴニアまで南北約1,000キロほどになる。
「手の洞窟」は、彼らの遺した数少ない遺物の一つだ。
岩屋(または洞窟)の壁面に、手形が描かれている。これは手を壁に当てて、鉱物の絵の具を吹き付けることで描かれた。手形以外には、当時の狩猟風景を彷彿とさせる動物や人の姿が描かれて、約9,000年前まで遡るとも言われる。
数千年もの間、同じ場所が住居として使用されていた可能性があるのだ。
想像すると、ぞくぞくするような話だ。
2.jpg

関連ページ

日本人が貢献した「チリ・サーモン」の歴史③... 日本の食糧の安定確保のため、またチリへの技術協力として行われた壮大な計画が、サケ・マス“移植”事業でした。 日本によるチリへの移植事業(JICA)の試みは、1974年に始まります。中部パタゴニア・アイセン州のコジャイケに「シライシ孵化場」が建設され、シロサケとサクラマスの卵が日本から持ち込まれ...
パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ... アルゼンチン開拓が進み、各地が有刺鉄線で区切られて大牧場(エスタンシア)が建設されていった。 その過程の中で、自由に草原を闊歩していた誇り高いガウチョは姿を消していく。 ガウチョの姿を今に残す牧童も、牧場の雇われ牧童として“ペオン”と呼ばれることになる。 春から夏にかけて、パタゴニア各地で...
パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り 夏はパタゴニア各地のエスタンシア(大牧場)で、羊の毛刈りが行われる。 一般的な牧場でも数万ヘクタールに及ぶ広さを、数人の牧童達だけで管理している。 数万頭いる羊の毛刈りをするには、毛刈り専門業者の助けが必要だ。 日本の2倍以上の面積を誇るパタゴニアに、このような牧場が1万近くある。パタゴニ...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘... ウプサラ氷河の展望台へ、尾根筋に出ると強烈な風が西から吹いてくる。 風に倒されないように体を傾けながら前方を望むと、ウプサラ氷河が見えてきた。 ここから10キロも西に行けば、広大な大陸氷床が南北に広がるのだ。 たった80年前、この展望台の下の谷は、厚い氷河に埋め尽くされるように覆われて...
パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ... パタゴニア先住民の各部族にとって、グアナコは大切な生活の糧であった。 肉は食糧に、毛皮は衣服やテント型住居の覆いに、腱は糸として使われ、骨は矢尻や釣針に加工された。 19世紀末に開拓が本格的に始まると、先住民は一気に駆逐されて姿を消した。その後を追うように、パタゴニアの風景の代名詞ともいえる...
クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力... クリスティーナ牧場の小さな船着場に着くと、宿泊者専用のメイン・キャビンへ、大草原の中を歩いて行く。 ボートに乗っていた大半の乗客は日帰りのツアー客だ。グループ用の別棟で食事をしてアクティビティを楽しむらしい。 宿泊用の部屋は3棟のキャビンにわずか6部屋しかないので、ハイシーズンは連日満室とな...

パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ

先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②

パタゴニア

関連記事

  1. アマルガ湖に映り込むパイネ山群/チリ・パタゴニア

    2016.05.06
  2. パタゴニアのエスタンシア:レオナ牧場①

    2015.10.19
  3. パタゴニアの氷河の源で起こる異変

    2015.05.10
  4. 【パタゴニニア】3月8・9・10日は、トレッキング祭の日です。

    2013.03.08
  5. セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

    2015.04.22
  6. 「キャンプ用マテ茶セット」の実用性

    2012.04.13
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP