Loading

PHOTO-BLOG

先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②

3.jpg
岩屋に行ってみると、なぜそこに先住民が住みついたのか少し理解できる。
一番重要なのは、風が吹き込まない事だろう。
強風が吹き荒れるパタゴニアだが、岩屋(半洞窟)の周囲では空気が止まっていて静かだ。そのような場所では森も育ち、乾燥したパタゴニアではオアシスのような場所になる。
先住民が暮らしていた場所で、先住民が見たはずの同じ景色を見る。
早春の中部パタゴニアは、まだ訪れる人も少ない。
誰もいない岩屋の高台で横になり、強風に打たれながら、しばらくのんびりと景色を眺めていた。
針峰セロ・カスティージョは、まだまだたっぷりの雪に包まれている。
4.jpg

関連ページ

パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ... 南部パタゴニアの基点の町・カラファテから、国道40号線を北上して、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ。 パタゴニアの天気はある意味では分かりやすく、アンデス山脈から東に離れるほどに、目で分かるほどに乾燥して行きます。 カラファテで晴れていても、アンデスに接するフィッツロイ山麓では天候が全く...
サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)... 延々と続く草原の彼方へ、土埃を濛々と上げて進む パタゴニアでは何時間も同じ景色が続く。 24時間移動しても景色が全く同じであったりする それくらい、パタゴニアは、南米大陸は、とてもつもなく広い。 サンマルティン湖の西の外れ、コンドル牧場(エスタンシア・コンドル)では、牧童(ガ...
パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場⑥... ヘルシンガー牧場は部屋数が極端に少ないので、滞在中はそのわずか十数人ほどの宿泊者で、敷地内の自然を独占することになる。 パタゴニアといえども、絶景のある場所には人はたくさんいるものだが、ヘルシンガー牧場では人のいない静寂な本来のパタゴニアの姿に身を置くことができるのだ。 パタゴニアの氷河と山...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑧氷河谷の痕跡-パタゴニア... ウプサラ氷河展望台からクリスティーナ牧場へ、氷河の谷を徒歩で下る。 花崗岩の岩盤がむき出しで、氷河の爪痕が荒々しく残る。 草木一本生えていない岩盤をじっと見ると、小さな貝の化石が無数にあった。 谷を下りて行くと、途中の岩に小さな「落書き」がある。 “ITALIAN EXPEDITION"...
草原を駆ける牧童・ガウチョの精神 アルゼンチン文化の根底にあるのは、大草原の牧童・ガウチョの精神だ。 馬術に長けるだけではなく、精神性も尊敬されることで、日本でいえば武士のように誇り高い存在なのだ。 かつてアルゼンチンの開拓史で活躍したガウチョは、言葉にもなっている。 「彼はガウチョだ」という時には、そこには賞賛や尊敬の念...
暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②... ビエドマ湖の西の外れに位置するヘルシンガー牧場は、大陸氷床から冷たく激しい風が吹き下りる“氷河谷”にある。 西側の山脈が、大陸氷床の分厚い氷を堰き止める役を果たしている。 その氷床の氷が山脈を越えて溢れ出てきているのが、氷河だ。 氷河を辿るように、風も吹き下りてくる。 ヘルシンガー牧場の...

数千年の歴史をもつテウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」①

中部パタゴニア:セロ・カスティージョから、ヘネラル・カレーラ湖へ

パタゴニア

関連記事

  1. フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

    2015.04.23
  2. パタゴニア南部氷原:衛星で発見された新火山とシプトン探検

    2018.11.09
  3. 日本人が貢献した「チリ・サーモン」の歴史③

    2014.12.30
  4. 深く青い秘密の湖:ヘルシンガー牧場⑤

    2015.10.16
  5. フィッツロイ直下のトレス湖で迎える神聖な日の出

    2014.04.29
  6. パタゴニアに生息するラクダ:「グアナコ」の生態

    2018.04.05
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP