Loading

風景写真家・松井章のブログ

広大なパイネ国立公園で、効率的に撮影対象を廻るには

1.jpg
チリ・パタゴニアの「パイネ国立公園」の魅力は広大な面積にあり、同時に悩みどころも、その広さにあります。
基点の町プエルト・ナタレスからも約3時間以上は離れているので、できればパイネ国立公園内のロッジに宿泊して、何日か滞在したいものです。
パイネ山群の全景を展望できれば良いとするか、それとも、クエルノやト-レスデル・パイネ、そしてグランデを別々に間近で展望するか、広さゆえに全てを選べないので、何を重視するかテーマ性が重要になってきます。
2.jpg
3.jpg
5.jpg

パイネクエルノ峰を直下で望む「Wルート」トレック

山岳写真撮影:ペオエ湖畔でパイネ山群を定点観測

関連記事

  1. パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」

    2015.09.24
  2. パタゴニア・フィッツロイ峰の荘厳なモルゲンロート

    2014.04.09
  3. アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード

    2015.10.01
  4. 【パタゴニニア】3月8・9・10日は、トレッキング祭の日です。

    2013.03.08
  5. 「月光に浮かぶ」パタゴニアの名峰フィッツロイ

    2023.06.22
  6. マルコーニ峠を目指して、氷河を登る

    2015.05.17
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP