Loading

PHOTO-BLOG

広大なパイネ国立公園で、効率的に撮影対象を廻るには

1.jpg
チリ・パタゴニアの「パイネ国立公園」の魅力は広大な面積にあり、同時に悩みどころも、その広さにあります。
基点の町プエルト・ナタレスからも約3時間以上は離れているので、できればパイネ国立公園内のロッジに宿泊して、何日か滞在したいものです。
パイネ山群の全景を展望できれば良いとするか、それとも、クエルノやト-レスデル・パイネ、そしてグランデを別々に間近で展望するか、広さゆえに全てを選べないので、何を重視するかテーマ性が重要になってきます。
2.jpg
3.jpg
5.jpg

関連ページ

光彩を放つパタゴニアの暴風 吹き荒れる時には、人が飛ばされるほどの風が吹く。 というのは信じがたいが、パタゴニアでは日常の風景です。 風の通り道では年中吹き荒れて、時に四方から不意を付くような風が、空気の塊が、ぶつかってくる。 ジェット機が離発着するような轟音が、上空から一晩中聞こえることもあります。 時にその風は...
山岳写真撮影:ペオエ湖畔でパイネ山群を定点観測... パイネ山群を一望するペオエ湖のロッジで、じっくりと山と雲と湖を見つめられる時間があれば、それはとても贅沢な時間です。動き回るのと違う、定点観測する強み。 雲間から差す光線の角度と量により、山も雲も湖もぐんぐんと色が変わっていきます 朝と夕方の、世界全体が紅に染まるほどの一瞬に立ち合えれば、そ...
パイネクエルノ峰を直下で望む「Wルート」トレック... 山小屋泊でパイネ国立公園を縦走すると、パイネ山群の懐に入り込むような大展望を望めます。 日帰りで遠望するのとは一味違う、縦走するから望める迫力の展望。 山岳写真の撮影でパイネ国立公園に行くのであれば、どのような写真を撮るのかで、訪れるポイントも大きく異なってきます。 パイネ・クエルノの花崗...
パイネ国立公園:縦走トレッキングのみで望める大岩壁... パイネ・グランデ南面 パタゴニアを代表する山岳展望といえば、チリ側では「パイネ国立公園」です。 パイネ山群の名だたる秀峰の中でも、最も有名なのはクエルノとグランデ、トーレス・デル・パイネです。この前者2つの巨大な山容は、見る角度により全く形が異なり、それぞれの魅力があります。 それらの角度...

パイネクエルノ峰を直下で望む「Wルート」トレック

山岳写真撮影:ペオエ湖畔でパイネ山群を定点観測

関連記事

  1. 秋のパタゴニア:紅葉に染まる南極ブナの森と暴風

    2017.09.17
  2. 大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④

    2014.09.18
  3. 2011パタゴニア旅行 ③カラファテ

    2012.01.22
  4. 花の書籍のご案内「野の花づくし -季節の植物図鑑」

    2019.02.20
  5. パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場⑥

    2015.10.17
  6. 世界一おいしい羊は、パタゴニア産です

    2012.07.30
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP