Loading

PHOTO-BLOG

パイネ国立公園:縦走トレッキングのみで望める大岩壁

1.JPG
パイネ・グランデ南面
パタゴニアを代表する山岳展望といえば、チリ側では「パイネ国立公園」です。
パイネ山群の名だたる秀峰の中でも、最も有名なのはクエルノとグランデ、トーレス・デル・パイネです。この前者2つの巨大な山容は、見る角度により全く形が異なり、それぞれの魅力があります。
それらの角度による山容の違いを、予め知りながら歩くのと、知らずに歩くのでは、得ることができる体験でも大きな違いがあるでしょう。
パイネ国立公園をどのように巡るかは、体力や目的により、歩き方がだいぶ異なってきます。
2.JPG
パイネ・グランデ南東面。フランス谷から。
3.JPG
パイネ・クエルノ南面の展望台。少し遠目に。
4.JPG
パイネ・クエルノ南面の直下
5.JPG
パイネ・クエルノ南面。ペオエ湖から。

関連ページ

パイネ国立公園でグアナコを撮影するために... グアナコを撮影するには、パイネ国立公園が最も適した場所と言えるでしょう。 グアナコは、南米に生息する4種のラクダ科の一つです。 有名なラクダといえば、リャマ、アルパカ、そしてビクーニャです。これらの3種類は、標高約3,500m以上の高地アンデス山脈に生息しています。グアナコも含めた4種類には...
「秋のパタゴニア」トレッキング・ツアー添乗から帰国しました... パタゴニアから帰国しました。今回は「パタゴニアの紅葉」をテーマにトレッキング・ツアーを企画、同行させていただきました。2大山群のパイネ、フィッツロイともに縦走するそこそこ歩き応えのあるトレッキング・ツアーです。 パイネ山群を半周歩く、3泊4日小屋泊トレッキング(パイネ国立公園) パイネ山...
パタゴニアに生息するラクダ:「グアナコ」の生態... 南米の4種類のラクダとは 「南米のラクダ」といえば、リャマやアルパカをイメージされるが、南米には4種類のラクダが生息している。 アンデス山脈の高原(アルティプラーノ)に生息するのが、リャマ・アルパカ・ビクーニャの3種類で、それぞれ生息する標高を住み分けている。最も高所に順応しているビクー...
パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)... 暴風が吹き荒れるパタゴニアでは、無風で快晴という日は、月で数回だけだろう。 特に、パイネ山群の名峰グランデには、雲が張り付いていることが多い。 雲一つないパイネ山群の針峰群を見れたなら、それはとても運の良いことだ。 ペオエ湖畔のロッジ、オステリア・ペオエは抜群の展望を誇る。 ...
パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか... パタゴニアのパイネ国立公園では、パイネ・クエルノ、グランデ、トーレス・デル・パイネの主峰を様々な角度から望むことが可能です。 歩く体力に合わせて、どこでどのように宿泊するか、その選択によって大きく内容が異なるので、プランニングは重要です。 そのようなパイネ国立公園を手配すれば、希望通りのトレ...
フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン... パタゴニアで、フィッツロイやパイネの山岳写真を撮るには、“世界で最もうつろいやすい天候”が大きく影響してきます。 トレッキングの行程重視の内容では、その天候を前に、どうしても撮り逃す場面が大きく出てきます。要所要所で腰を据えて取り組む時間が必要となってくるでしょう。 要所でじっくり腰を据えな...

《動画》水晶の白い砂漠「レンソイス・トレッキング」

《エクスペディション》パタゴニア南部氷原①

関連記事

  1. クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

    2015.11.03
  2. パタゴニア・パイネ国立公園: 黎明の静寂を撮影

    2016.09.13
  3. パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか

    2015.02.09
  4. パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設

    2018.01.22
  5. パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

    2014.03.29
  6. 「キャンプ用マテ茶セット」の実用性

    2012.04.13
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP