Loading

PHOTO-BLOG

パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか

1.jpg
パタゴニアのパイネ国立公園では、パイネ・クエルノ、グランデ、トーレス・デル・パイネの主峰を様々な角度から望むことが可能です。
歩く体力に合わせて、どこでどのように宿泊するか、その選択によって大きく内容が異なるので、プランニングは重要です。
そのようなパイネ国立公園を手配すれば、希望通りのトレッキングができるでしょう。
一方、交通の便が不便な同地区では、組み方によって大きくコストも異なってきます。
こだわりのパイネ国立公園を希望する方は、ぜひ弊社にお問い合わせください。
写真撮影にこだわる旅の手配も、出発前の日本での撮影アドバイスのミーティングなども含めて承ります。パタゴニアでは山岳写真の撮影にベストなポイントを、各地でご案内いたします。5名前後で日本からの添乗員同行にするグループでの手配となります。
2.jpg
クエルノ
3.jpg
グアナコとトーレス・デル・パイネ
4.jpg
コンドルとクエルノ
5.jpg
フランス谷から望む、グランデ
6.jpg
クエルノ
7.jpg
トーレス・デル・パイネ

関連ページ

アマルガ湖に映り込むパイネ山群/チリ・パタゴニア... 湖面に写り込む「パイネ山群」を写真に収めるには、防風の吹き荒れるパタゴニアでは稀な“無風”という好条件に恵まれる必要があります。 パイネ国立公園は、チリ側パタゴニアのシンボルです。 そんな時には、パイネ山群の東麓のアマルガ湖に見事な“逆さパイネ”が写り込むでしょう。 アマルガ湖は比較的...
パタゴニア・パイネ国立公園の名峰:クエルノ「角」... パタゴニアの名峰:パイネ・クエルノ パタゴニア・パイネ国立公園(チリ)のクエルノ峰は、チリ・パタゴニアを代表する名峰です。 クエルノを始め、グランデ峰、トーレス・デル・パイネ峰などを、どのような角度で望むかにより、訪れる場所や方法も異なります。 「クエルノ」は、スペイン語で「角」を意味...
パタゴニアに生息するラクダ:「グアナコ」の生態... 南米の4種類のラクダとは 「南米のラクダ」といえば、リャマやアルパカをイメージされるが、南米には4種類のラクダが生息している。 アンデス山脈の高原(アルティプラーノ)に生息するのが、リャマ・アルパカ・ビクーニャの3種類で、それぞれ生息する標高を住み分けている。最も高所に順応しているビクー...
トーレス・デル・パイネ峰と山上の湖/パタゴニア... チリ・パタゴニアのパイネ国立公園で、クエルノ峰に並びパイネ山群を象徴する名峰が、トーレス・デル・パイネ峰(2850m)です。 日本語に訳すと「パイネの岩搭」を意味するトーレス・デル・パイネ峰は、クエルノ峰やグランデ峰の裏に隠れていることから、その全容を見るためには山群の懐深くに入り込む必要...
パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ... パタゴニア先住民の各部族にとって、グアナコは大切な生活の糧であった。 肉は食糧に、毛皮は衣服やテント型住居の覆いに、腱は糸として使われ、骨は矢尻や釣針に加工された。 19世紀末に開拓が本格的に始まると、先住民は一気に駆逐されて姿を消した。その後を追うように、パタゴニアの風景の代名詞ともいえる...
フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン... パタゴニアで、フィッツロイやパイネの山岳写真を撮るには、“世界で最もうつろいやすい天候”が大きく影響してきます。 トレッキングの行程重視の内容では、その天候を前に、どうしても撮り逃す場面が大きく出てきます。要所要所で腰を据えて取り組む時間が必要となってくるでしょう。 要所でじっくり腰を据えな...

ラクダ科・リャマとアルパカの違いとは

フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア開拓史:イギリスとの因縁

    2015.10.07
  2. パイネ・グランデ峰にかかる雲/チリ・パタゴニア

    2016.05.11
  3. オーロラのような幻想的な雲:パタゴニア・フィッツロイ峰の夕日

    2018.06.17
  4. フィッツロイ山麓・エルチャルテン村の空港建設と新たな時代

    2017.08.01
  5. フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①

    2015.05.28
  6. パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

    2014.03.29
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP