Loading

PHOTO-BLOG

ラクダ科・リャマとアルパカの違いとは

1.JPG
標高約3,500mから高地には、リャマ、アルパカ、そしてビクーニャが環境を住み分けて生息しています。
マチュピチュ周辺は標高が低いので、本来はリャマが生息する高さではありませんが、観光用と芝生の管理人を兼ねて、数頭がマチュピチュ遺跡内に飼われています。
リャマ、アルパカは、プレ・インカ時代から人類とともに生きてきました。その歴史の中で交配が進み、リャマとアルパカにはいろいろな姿がいます。それぞれ特徴的な姿で、クスコ近郊の“ラクダ牧場”に行くと一通りを見ることも可能です。
食用としても現地では重宝されています。ウユニ塩湖の湖岸に生息するリャマは、塩湖の塩を舐めて育ったことから、ウユニ塩湖産のリャマは密かに美味として知られています。

2.jpg
3.jpg
4.JPG
5.JPG
6.jpg
7.jpg
8.jpg

ネパール・エベレスト街道トレッキング専用ページを開設

パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか

関連記事

  1. ウルタ谷の花畑にて、シェフの贅沢な昼食ピクニック

    2015.07.11
  2. ペルー・インカ帝国の古都クスコ:スペインとインカ融合のシンボル

    2019.01.17
  3. ペルー旅行手配:カーボンオフセットの販売

    2015.06.19
  4. 2015年のインカトレイル:入山許可証の販売開始が間近

    2014.12.01
  5. 【ペルー・アマゾン】クルーズで望む、燃えるような朝日と夕日

    2017.06.20
  6. 山岳写真の朝日・夕日撮影のコツ/ペルー・ワスカラン国立公園(ワラス)

    2019.08.21
パタゴニア
2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP
error: Content is protected !!