Loading

PHOTO-BLOG

ブランカ山群・ウルタ谷で望むアンデスの大展望

1.jpg
展望台の背後に聳える、コントライェルバス、ウルタ、チェキアラフの峰々も素晴らしい。ワスカランとチョピカルキを撮影した後には、これらの山も撮ることになる
雨上がりの空気は澄んでいて、雲が山から退いた瞬間に、空や雪のコントラストが美しく映える。
8月頃の乾季終盤は晴天率は上がるが、大気には少し靄がかかることがある。焼畑の影響もあるようだ。
雨期明けの乾季初めの5月は、空気は雨にときどき洗われるので澄んでいる。山麓に咲き乱れる花々も魅力だ。
峠を越えて、コントライェルバスを別の角度から展望すると、まるで違う山のようだ。
●「ブランカ山群」:https://www.andina-travel.com/peru5.html
2.jpg
ウルタ(左)、チェキアラフ(右)
5.jpg
ウルタ
3.jpg
コントライェルバス
4.jpg
コントライェルバス

関連ページ

ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)... ペルー・アンデス:ブランカ山群とは 南米大陸の長大なアンデス山脈の中で、最も氷雪峰が集まる山群が、ペルー・アンカシュ県ワラス近郊の「ブランカ山群」です 6000m峰が林立し、名だたる名峰が集中することから、「南米の屋根」と呼ぶに相応しいエリアです。 基点となる町・ワラスは、標高30...
ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイをヤンガヌコ峠から望む... ペルー・ブランカ山群の名峰・ワンドイ ブランカ山群の大きな魅力は、車で大展望のポイントへアクセスできることだ。 早朝3時頃に出発して、ヤンガヌコ峠の4500m付近の展望台を目指す。 この展望台から、ペルー最高峰ワスカランを始め、ワンドイ、チョピカルキなどの名峰を望めるからだ。 高...
ペルー・ブランカ山群のワイラス回廊とアンデス山脈... (写真)ブランカ山群の南端部・カウジャラフ(主峰:5,686m)を、コノコーチャ峠から望む ペルー・アンデスの中で最も山岳展望の良い山群の一つは、ブランカ山群です。リマから北に400㎞にある、ワラス(標高3,090m)が基点の町となります。ワラスの東側には、ペルー最高峰であるワスカラン(6,7...
山岳写真・撮影旅行8~10日間: モデル①ペルー・ブランカ山群... アンデスの写真撮影をテーマに旅をする。 それは決して特別な事ではなく、道路網の発達した「ペルー・ブランカ山群」であれば、重い機材を担いで歩く必要もなく、誰もが写真撮影を楽しめます。 弊社では、ワラスをベースにしたサポート体制の基、高山病の安全管理ができる専属山岳ガイド(英語)がツアーを運行し...
ペルー・ブランカ山群:ヤンガヌコ峠で氷雪峰の撮影... ワンドイ:右・東峰(6,070m)、左・北峰(6,395m) ペルー最高峰ワスカランの大展望 ペルー・ブランカ山群はほぼ赤道直下に位置するが、標高4,000m以上では朝晩は凍てつくように寒い。 朝3:00にキャンプ(3,400m)を出発して、車でヤンガヌコ峠直下の展望台(4,500m)...
山岳写真撮影ツアー: ペルー・ブランカ山群の4つの魅力... ヒマラヤに匹敵する迫力の山岳展望 ペルー・アンデスで最も山岳展望が美しい地域が、ワラスを基点としたブランカ山群とワイワッシュ山群です。 林立する6000m峰の峰々の雪壁に付くアンデス襞の美しさなど、ヒマラヤに匹敵する山岳展望です。 車道が発達するブランカ山群では、専用車をフルに利用...

雲間から現れるチョピカルキに舞うコンドル

ウルタ谷の花畑にて、シェフの贅沢な昼食ピクニック

関連記事

  1. ペルー・マチュピチュ遺跡のモデルプラン:8~10日間

    2015.11.28
  2. ペルー・ブランカ山群の花畑をフラワーハイキングで巡る

    2017.10.01
  3. インカ文明の聖なる3種の動物:“巨大な祭壇”ケンコー遺跡(ペルー)

    2018.04.12
  4. ワイナピチュ峰からマチュピチュ遺跡の全貌を望む

    2015.08.01
  5. インカトレイル・トレッキング③:ペルー・アンデス山脈と古代遺跡の絶景を歩く

    2017.12.19
  6. アンデスの氷河と生きる:ケチュア族の子供たち

    2018.07.27
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP