Loading

PHOTO-BLOG

ヤンガヌコ谷で「天の川」の星空撮影/ブランカ山群

1.jpg
2.jpg
早朝4時にテントから顔を出すと、昨夜の雨が止んでいた。
さっそく車に乗り込み、標高4,767mのヤンガヌコ峠を目指す。
まだ真っ暗の夜空には、天の川が西に見えた。
ワスカランとワンドイの間、ちょうどヤンガヌコ谷の真上に、天の川がかかっている。
朝の光で空が白み始めると、時を合わせるように雲が湧いてきた。
そして、みるみる内に、雲がワスカランとワンドイを覆ってしまった。
それでもじっと夜明けを待っていると、朝陽が差し込み始める頃に、ワスカラン南峰が少しずつ姿を現してくれた。
アンデス襞が、薄い陽光にオレンジ色に浮き立つ。
幻想的な一瞬であった。
●「ブランカ山群」:https://www.andina-travel.com/peru5.html
3.jpg
4.jpg

関連ページ

ブランカ山群・ウルタ谷で望むアンデスの大展望... 展望台の背後に聳える、コントライェルバス、ウルタ、チェキアラフの峰々も素晴らしい。ワスカランとチョピカルキを撮影した後には、これらの山も撮ることになる 雨上がりの空気は澄んでいて、雲が山から退いた瞬間に、空や雪のコントラストが美しく映える。 8月頃の乾季終盤は晴天率は上がるが、大気には少し靄...
ヤンガヌコ谷のキャンプで天気待ち(ブランカ山群)... ワスカラン北峰も、山頂部だけ雲から姿を現した。 丸くどっしりとした存在感を持つのが北峰だが、左の南峰の方が山容が派手で美しい。 明け方まで見えていたワンドイは、日の出の頃から厚い雲の中に姿を隠してしまった。ピスコとチャクララフも雲に隠れていて、とうとう姿を現さなかった。 上空の風は強い...
ペルー・アンデス山脈の花と食材:ルピナス... 花に覆われるワスカラン国立公園 アンデス山脈が乾季を迎える5月、標高4000mの高原にルピナスの花が咲き乱れます。氷河を抱く峰に覆われるブランカ山群(ワスカラン国立公園)は水も豊かなので、特にルピナスが好む気候なのでしょう。ルピナスは必ずと言って良いほどに、山岳展望の良い場所に自生していますの...
《山岳写真》ペルー・ブランカ山群の名峰ワンドイの朝日... 長大な南米のアンデス山脈の中で、最も氷雪の峰々が集中するのが、6000m峰を約30座も有するこの“ブランカ山群”だ。 ピラミダルな山容で独特な迫力を放つ名峰ワンドイは、ブランカ山群を代表する山の一つだ ワンドイの美しさは、山頂部の氷の襞にある。 “ヒマラヤ襞”ならぬ“アンデス襞”が...
ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイをヤンガヌコ峠から望む... ペルー・ブランカ山群の名峰・ワンドイ ブランカ山群の大きな魅力は、車で大展望のポイントへアクセスできることだ。 早朝3時頃に出発して、ヤンガヌコ峠の4500m付近の展望台を目指す。 この展望台から、ペルー最高峰ワスカランを始め、ワンドイ、チョピカルキなどの名峰を望めるからだ。 高...
《ペルー・アンデス》ブランカ山群の名峰ワンツァンの大氷壁... ブランカ山群:ワンツァン峰の大氷壁 氷雪峰が林立するペルー・ブランカ山群の中でも、見事なまでに巨大な氷壁を擁するのがワンツァン峰(6395m)です。 壮麗な氷壁には、ヒマラヤ襞のような美しいアンデス襞が浮き立ちます。 標高差1500mほどの大氷壁の表情は実に様々で、朝日・夕日・星空など...

ワンドイを望むアンデスの小さな村とキヌア畑

ヤンガヌコ谷のキャンプで天気待ち(ブランカ山群)

パタゴニア

関連記事

  1. 聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ

    2015.07.30
  2. インカトレイルの入山許可証について

    2013.05.28
  3. マチュピチュの軽ハイキング・ルート:「太陽の門」

    2015.03.15
  4. アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽

    2016.03.05
  5. ペルー・アンデス山脈の花と食材:ルピナス

    2018.12.08
  6. もう一つのインカトレイル。「サルカンタイ・トレック」

    2012.07.29
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP