Loading

PHOTO-BLOG

ブランカ山群・ワイラス回廊:カルワス村の市場

1.jpg
ブランカ山群に沿って南北に細長く伸びる広い谷のことを「ワイラス回廊」と呼ぶ。
深く細いヤンガヌコ谷から出て、ワイラス回廊のユンガイ村に出ると、天気は一変して晴れ上がった。
気温も上がり過ごしやすくなる。
先住民の村が、なぜワイラス回廊に集中するかも理解できる気がする。比較的に安定して温暖な気候には、地形的な好条件が必要なのだ。
ワラスに戻る途中、カルワス村に立ち寄る。
日曜日の市場は、中心部に多くの露店が並び、驚くほどの人が集まっていた。
市場で個人的に目を惹いたのは、かき氷屋さんであった。
周辺の氷河から氷のブロックを切り出して、その氷で“かき氷”を作っているのだ。
“氷河でオンザロック”とはよく聞く話だが、“氷河でかき氷”は珍しいと思う。
3.jpg
2.jpg
4.jpg

関連ページ

ペルー・アンデス:ブランカ山群のワラスから、秘境ワイワッシュ山群へ... ペルー・アンデス山脈の秘境・ワイワッシュ山群へ ブランカ山群の山中でじわじわと宿泊高度を上げる時間をかけた高度順応を経て、弊社オーダーメイド手配の撮影行はいよいよワイワッシュ山群を目指します。 ブランカ山群の拠点ワラスから、豪華キャンプのスタッフとともに、丸一日の悪路を経て、ワイワッシュ...
南米随一の山岳展望を望む:ペルー・ブランカ山群トレッキング... ヒマラヤ並みの迫力の山岳展望:ブランカ山群 ペルー・アンデス山脈のワラスは、5000~6000m峰に囲まれた“南米のスイス”と呼ばれる風光明媚な町です。町のすぐそばには、ペルー最高峰ワスカラン(6768m)が聳えます。 このブランカ山群は主峰ワスカランを始め、6000m峰が約40座、5000...
アンデス屈指の山岳展望:ペルー・ブランカ山群を巡る3つのプラン... ペルー最高峰ワスカランを望むワラス町 乾季のアンデス山脈らしい金色の草原の向こうに、屏風のように荒々しく屹立する氷雪峰は、まさに「ブランカ山群」の絶景と言えるでしょう。 ヒマラヤ並みとも言える迫力の峰々は一ヵ所に集中しているので、効率良く名峰の数々を巡り、望むことができます。 基点...
雲間から現れるチョピカルキに舞うコンドル... 山の写真を撮るためには、待てる時間を作ることがとても重要だ。 高所順応を兼ねて、つづら折りの道を約4,900mの峠まで一気に上がる。 車道が年々良くなっていくので快適だ。 標高3,000mのワラスを基点に、大展望の峠まで車で行けるのは、ブランカ山群の強みだろう。 ワスカランとチョピカルキ...
ペルー・ブランカ山群:ヤンガヌコ峠で氷雪峰の撮影... ワンドイ:右・東峰(6,070m)、左・北峰(6,395m) ペルー最高峰ワスカランの大展望 ペルー・ブランカ山群はほぼ赤道直下に位置するが、標高4,000m以上では朝晩は凍てつくように寒い。 朝3:00にキャンプ(3,400m)を出発して、車でヤンガヌコ峠直下の展望台(4,500m)...
《モノクローム写真》アンデス先住民・ケチュア族の暮らし:ブランカ山群... モノクローム写真で見る、ケチュア族の暮らし アンデス山脈で氷雪峰が集中するブランカ山群は、その豊富な水源から大地の豊穣さを保証された土地です。先住民ケチュア族は古来からこの地の豊穣を見抜き、多くの人々が山麓に集中して暮らしてきました。 畑を耕せば、古代の遺物が掘り起こされてきて、無造作に路肩...

ヤンガヌコ谷のキャンプで天気待ち(ブランカ山群)

ブランカ山群・ワスカラン展望の丘と、古代の遺物

関連記事

  1. ペルー料理:アンデスの山の幸「ルピナスのセビーチェ」

    2017.11.28
  2. ヤンガヌコ谷で「天の川」の星空撮影/ブランカ山群

    2015.07.14
  3. ペルー・アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ号」

    2016.05.02
  4. 花の書籍のご案内「野の花づくし -季節の植物図鑑」

    2019.02.20
  5. トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

    2017.04.13
  6. アンデス高原のラクダ「アルパカ」

    2019.01.28
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP