Loading

PHOTO-BLOG

ブランカ山群・ワイラス回廊:カルワス村の市場

1.jpg
ブランカ山群に沿って南北に細長く伸びる広い谷のことを「ワイラス回廊」と呼ぶ。
深く細いヤンガヌコ谷から出て、ワイラス回廊のユンガイ村に出ると、天気は一変して晴れ上がった。
気温も上がり過ごしやすくなる。
先住民の村が、なぜワイラス回廊に集中するかも理解できる気がする。比較的に安定して温暖な気候には、地形的な好条件が必要なのだ。
ワラスに戻る途中、カルワス村に立ち寄る。
日曜日の市場は、中心部に多くの露店が並び、驚くほどの人が集まっていた。
市場で個人的に目を惹いたのは、かき氷屋さんであった。
周辺の氷河から氷のブロックを切り出して、その氷で“かき氷”を作っているのだ。
“氷河でオンザロック”とはよく聞く話だが、“氷河でかき氷”は珍しいと思う。
3.jpg
2.jpg
4.jpg

関連ページ

ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイの朝日・夕日を定点観測... ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイ 南米の長大なアンデス山脈でヒマラヤ並みの氷雪峰を展望できるのが、ペルー・ブランカ山群です。 この山群は車道が発達しているので、4駆であれば山の懐深くに車で入り込むことができます。 このブランカ山群で容易に間近に望める山としては、まずワンドイ峰が挙がるで...
ペルー・ブランカ山群:ラフコルタ谷とワンツァンの大氷壁... ブランカ山群の名峰:ワンツァンの大氷壁とラフコルタ谷 南米随一の山岳展望を誇るブランカ山群。 大氷壁をたたえるワンツァンの迫力は、ブランカ山群でも群を抜く山岳写真の撮影には最適な絶景だ。 ワンツァン(6395m)の氷壁は圧巻だ。 左右に屏風のように広がる氷壁は見事なアンデス襞をたたえ...
ペルー・アンデスの核心部を歩く:ワイワッシュ山群トレッキング... アンデス山脈の主脈:ブランカ山群とワイワッシュ山群 南米大陸を縦断する長大なアンデス山脈で核心部ともいえる山群が、ペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)とワイワッシュ山群です。どちらも山岳リゾートであるワラスが基点となります。一日1便の国内線を利用すれば、首都リマからわずか1時間で到着しま...
南米随一の山岳展望を望む:ペルー・ブランカ山群トレッキング... ヒマラヤ並みの迫力の山岳展望:ブランカ山群 ペルー・アンデス山脈のワラスは、5000~6000m峰に囲まれた“南米のスイス”と呼ばれる風光明媚な町です。町のすぐそばには、ペルー最高峰ワスカラン(6768m)が聳えます。 このブランカ山群は主峰ワスカランを始め、6000m峰が約40座、5000...
ペルー・ブランカ山群-ショート・ハイキングと山岳写真... 南米一の氷雪峰・ブランカ山群で日帰りハイキング ペルー・ブランカ山群(ワラス)というと、近年では3泊4日の縦走トレッキングが定番となっています。 このトレッキングは抜群の山岳展望を誇りますが、体力と経験に必要なレベルがあり、誰もが歩けるわけではない中級者向けのトレッキングといえます。 この...
ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望... アンデス先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアのアンデス山脈に暮らすケチュア族やアイマラ族の人々は、今でも先インカ時代から続く民族衣装をまとい暮らしています。 大陸らしい広大過ぎるアンデスの高原では、共通のアイデンティティを持つとはいえ、地域によって服装は全く異なります。 ペルー・クス...

ヤンガヌコ谷のキャンプで天気待ち(ブランカ山群)

ブランカ山群・ワスカラン展望の丘と、古代の遺物

パタゴニア

関連記事

  1. 代表的なメニューを完食!「ペルー料理お食事会」

    2016.03.08
  2. 【ペルー・アマゾン】「デルフィン号」ネイチャー・クルーズの魅力

    2017.06.03
  3. ペルー・アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ号」

    2016.05.02
  4. 南米3大祭り:インカの祝祭・太陽の祭り(インティライミ)

    2019.03.03
  5. インカの天然染料:ウチワサボテンの虫、コチニージャ

    2015.03.14
  6. ペルー・ブランカ山群の花畑をフラワーハイキングで巡る

    2017.10.01
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP