Loading

PHOTO-BLOG

南米三大祭:ペルー・クスコのインティライミ(太陽の祭り)前夜

冬至の祝祭「インティライミ」:太陽の祭り

毎年6月24日に開催される「太陽の祭(インティライミ)」は、豊穣な収穫への祈りと感謝を込めて、太陽と大地の神様に捧げられる冬至のお祭りです。

南米3大祭の一つに数えられる祭で、南米のみならず世界中から人が集まります。

「太陽の祭」を前に、既にクスコの町はお祭りムードです。
祭りから2週間前の6月中旬、4日間にわたる民族舞踏のダンスコンテストで、中央広場は大賑わいでした。
幼稚園から大学生まで、チームごとに踊りを競います。

中心部の道路が閉鎖されて通りは大混乱の中、ダンスコンテストは熱気を帯び、夜中まで踊りの練習を続けます。
軽快なケーナや太鼓のリズムに合わせて、華やかな民族衣装をまとった若者たちが熱心に踊る。

お祭り並の賑わいと熱気に、クスコの町全体が既に包まれていました。

関連ページ

ペルー・インカの古都クスコを満喫する「5つのポイント」... マチュピチュ遺跡への基点:クスコ 標高3400mに位置する、インカ文明の古都クスコは、南米の中で最も魅力のある町の一つです。 丁度良い規模の町にぎっしりと魅力が詰まっているところが、他の中南米の“古都”とは一味違うところでしょう。 マチュピチュ遺跡への通過地点として、クスコを急ぎ足で通...
アンデスの聖なる料理「パチャマンカ」の作り方②... 土の中でじっくりと火を通すこと、30分。 「パチャマンカ」は、まさに大地を窯とした、ダッチオーブンならぬ“アースオーブン”です。 いよいよ、土を掘り返します。 何層にも積み重ねた大地の窯を掘り返すのは、汗だくで行う重労働です。 表面の土を掘り返してから、まず最初に出てくるのは...
アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ... アンデス高原鉄道のアンディアンエクスプローラ号にて。 展望車両で景色を眺めていると、民族音楽(フォルクローレ)の楽団が音楽を奏で始めた。ケーナとチャランゴの音色は、どこか哀愁を漂わせていて、アンデスの高原(アルティプラーノ)の風景にピッタリと合う。 音楽と風景の不可分の関係性を、フォルク...
ペルー・インカ帝国の古都クスコ:スペインとインカ融合のシンボル... インカ文明のヘソ「クスコ」とは インカ帝国の都「クスコ」は、標高3400mに位置するアンデス高原の都市です。インカ文明の神話にも直結した神聖な都「クスコ」は、アンデスのケチュア語で“ヘソ”を意味します。その名の通り、クスコはインカ帝国のヘソのような役目を果たし、政治・経済・物流・情報・軍事・宗...
ペルー・インカ帝国の中枢:“聖なる泉”タンボマチャイ遺跡... “聖なる泉”タンボマチャイ遺跡 ペルー・インカ帝国の都クスコの周辺には、インカ文明の中枢を象徴するような遺跡がいくつもあります。 クスコ近郊で、「聖なる泉」として知られる遺跡・タンボマチャイは、サクサイワマン遺跡からさらに丘を少し登る標高3800mの遺跡です。 この泉は、インカ時代から...
コロニアル調の白壁と石畳の街を歩く-クスコ-... クスコを訪れる時には、時間が少しでもあれば、迷路のような路地を散歩するようにしている。 スペイン植民地時代の古い街並みを歩いていると、インカ帝国の名残をいたる所で目にする。インカの頑丈な基礎は破壊しきれずに、貴族の屋敷や教会に転用されたのだ。 今では景観にインカとスペインは融合して、クス...

ペルー料理をキャンプで楽しむ:ブランカ山群のグランピング体験

ウルバンバ谷:ケチュア族のミスミナイ村の生活風景(ペルー)

パタゴニア

関連記事

  1. 第二のマチュピチュ:チョケキラオ遺跡・テント泊トレッキング

    2018.05.21
  2. ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)

    2018.04.20
  3. ブランカ山群・ウルタ谷で望むアンデスの大展望

    2015.07.10
  4. ワスカランとワンドイを望む、ユンガイ村の展望台

    2015.07.08
  5. 【ペルー】マチュピチュを歩く!「インカ・トレイル」

    2012.11.02
  6. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP