Loading

PHOTO-BLOG

南米三大祭:ペルー・クスコのインティライミ(太陽の祭り)前夜

冬至の祝祭「インティライミ」:太陽の祭り

毎年6月24日に開催される「太陽の祭(インティライミ)」は、豊穣な収穫への祈りと感謝を込めて、太陽と大地の神様に捧げられる冬至のお祭りです。

南米3大祭の一つに数えられる祭で、南米のみならず世界中から人が集まります。

「太陽の祭」を前に、既にクスコの町はお祭りムードです。
祭りから2週間前の6月中旬、4日間にわたる民族舞踏のダンスコンテストで、中央広場は大賑わいでした。
幼稚園から大学生まで、チームごとに踊りを競います。

中心部の道路が閉鎖されて通りは大混乱の中、ダンスコンテストは熱気を帯び、夜中まで踊りの練習を続けます。
軽快なケーナや太鼓のリズムに合わせて、華やかな民族衣装をまとった若者たちが熱心に踊る。

お祭り並の賑わいと熱気に、クスコの町全体が既に包まれていました。

関連ページ

コロニアル調の白壁と石畳の街を歩く-クスコ-... クスコを訪れる時には、時間が少しでもあれば、迷路のような路地を散歩するようにしている。 スペイン植民地時代の古い街並みを歩いていると、インカ帝国の名残をいたる所で目にする。インカの頑丈な基礎は破壊しきれずに、貴族の屋敷や教会に転用されたのだ。 今では景観にインカとスペインは融合して、クス...
クスコの街角にて:祝祭に活気づくインカの古都... クスコの旧市街で散策をしながら一日を過ごせるとしたら、それはとても贅沢なことだ。 マチュピチュへの経由地としてクスコを訪れるが、旧市街の魅力は半日や一日では味わい尽くせない。忙しく通り過ぎることが多いのだが、何日かの時間を取りたいとは毎回思うことなのだ。 中央広場であるアルマス広場沿いの...
巨石の要塞:クスコ展望の丘のサクサイワマン遺跡... クスコの町を一望する高台に、サクサイワマン遺跡がある。 高さ5m・重さ300トンもある巨石を組み合わせた要塞の遺跡だ。 これらの巨石は、針さえも通さないほど精巧に削られて組み立てられている。 侵略したスペイン人も、とうとう遺跡の基礎を破壊することはできなかったようだ。 遺跡からクスコ...
ペルー・アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ号」... アンデスの高原を列車にゴトゴト揺られながら旅をする 鉄道の旅ならではの独特の旅情に浸れるのが、クスコ/プーノ間を結ぶ「アンディアン・エクスプローラー号」です。 私自身も子供の時に、「世界の車窓から」でこの路線を知り、大いに好奇心を沸かせたものです。 いつか自分も世界を旅するのだと、子供...
ウルバンバ谷:ケチュア族のミスミナイ村の生活風景(ペルー)... ウルバンバ谷の小さな村:ケチュア族のミスミナイ クスコから丸一日を使って、ウルバンバ谷を巡ります。 撮影ツアー(フォトツアー)の今日のテーマは、地元の人々の生活風景を撮ることです。 朝少し早くクスコを出発して、ウルバンバ谷へ。 最初に立ち寄ったのは、マラス村です。 朝早く出...
ペルー・インカ帝国の古都クスコ:スペインとインカ融合のシンボル... インカ文明のヘソ「クスコ」とは インカ帝国の都「クスコ」は、標高3400mに位置するアンデス高原の都市です。インカ文明の神話にも直結した神聖な都「クスコ」は、アンデスのケチュア語で“ヘソ”を意味します。その名の通り、クスコはインカ帝国のヘソのような役目を果たし、政治・経済・物流・情報・軍事・宗...

ペルー料理をキャンプで楽しむ:ブランカ山群のグランピング体験

ウルバンバ谷:ケチュア族のミスミナイ村の生活風景(ペルー)

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ペルー料理:アンデスの食材・スーパーフード「キヌア」とは

    2018.05.23
  2. アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

    2015.08.09
  3. ペルー料理をキャンプで楽しむ:ブランカ山群のグランピング体験

    2016.06.19
  4. 【ペルー】マチュピチュを歩く!「インカ・トレイル」

    2012.11.02
  5. マチュピチュ遺跡の展望ポイント:石切り場

    2018.08.17
  6. ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望

    2017.04.29
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP