Loading

PHOTO-BLOG

南米三大祭:ペルー・クスコのインティライミ(太陽の祭り)前夜

冬至の祝祭「インティライミ」:太陽の祭り

毎年6月24日に開催される「太陽の祭(インティライミ)」は、豊穣な収穫への祈りと感謝を込めて、太陽と大地の神様に捧げられる冬至のお祭りです。

南米3大祭の一つに数えられる祭で、南米のみならず世界中から人が集まります。

「太陽の祭」を前に、既にクスコの町はお祭りムードです。
祭りから2週間前の6月中旬、4日間にわたる民族舞踏のダンスコンテストで、中央広場は大賑わいでした。
幼稚園から大学生まで、チームごとに踊りを競います。

中心部の道路が閉鎖されて通りは大混乱の中、ダンスコンテストは熱気を帯び、夜中まで踊りの練習を続けます。
軽快なケーナや太鼓のリズムに合わせて、華やかな民族衣装をまとった若者たちが熱心に踊る。

お祭り並の賑わいと熱気に、クスコの町全体が既に包まれていました。

関連ページ

アンデス高原の民族衣装:インカ直系の子孫、ケチュア族とアイマラ族... アンデス高原の主役:ケチュア族とアイマラ族 南米アンデス山脈は、南米大陸を貫く長大な山脈です。地域により住む人種も風景も全く異なるのですが、インカ系の人々が住む地域は、南米で最も広い範囲に及ぶでしょう。 ペルー・ボリビア・エクアドルを中心に、コロンビア、アルゼンチン北部、チリ北部、それぞれ標...
ペルー・インカトレイル・トレッキングとウルバンバ谷滞在 7日間... 2017年ゴールデンウイーク企画「インカの古道と信仰の山を歩く 7日間」 2017年ゴールデンウイーク企画「インカの古道と信仰の山を歩く 7日間 ~インカトレイル、マチュピチュ、 ワイナピチュ、レインボーマウンテン~」 観光だけでは物足りない、体験をもっと深くしたお方向けに企画したのが、...
ペルー・アンデスのケチュア族:カラフルな民族衣装(ブランカ山群)... カラフルな先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアの先住民ケチュア族とアイマラ族の民族衣装は、とてもカラフルだ。 村ごとにデザインは異なるので、アンデスを旅していると色とりどりの衣装に身を包む人々を目にすることになる。 ペルー・ブランカ山群は、山の氷河がもたらす“水”という恵みのおかげで...
ペルー・インカ帝国の古都クスコ:スペインとインカ融合のシンボル... インカ文明のヘソ「クスコ」とは インカ帝国の都「クスコ」は、標高3400mに位置するアンデス高原の都市です。インカ文明の神話にも直結した神聖な都「クスコ」は、アンデスのケチュア語で“ヘソ”を意味します。その名の通り、クスコはインカ帝国のヘソのような役目を果たし、政治・経済・物流・情報・軍事・宗...
アンデスの聖なる料理「パチャマンカ」の作り方②... 土の中でじっくりと火を通すこと、30分。 「パチャマンカ」は、まさに大地を窯とした、ダッチオーブンならぬ“アースオーブン”です。 いよいよ、土を掘り返します。 何層にも積み重ねた大地の窯を掘り返すのは、汗だくで行う重労働です。 表面の土を掘り返してから、まず最初に出てくるのは...
クスコの街角にて:祝祭に活気づくインカの古都... クスコの旧市街で散策をしながら一日を過ごせるとしたら、それはとても贅沢なことだ。 マチュピチュへの経由地としてクスコを訪れるが、旧市街の魅力は半日や一日では味わい尽くせない。忙しく通り過ぎることが多いのだが、何日かの時間を取りたいとは毎回思うことなのだ。 中央広場であるアルマス広場沿いの...

ペルー料理をキャンプで楽しむ:ブランカ山群のグランピング体験

ウルバンバ谷:ケチュア族のミスミナイ村の生活風景(ペルー)

関連記事

  1. 世界的な美食「ペルー料理」のスター:ガストン・アクリオの偉業

    2017.08.19
  2. ペルー・ブランカ山群:ヤンガヌコ峠で氷雪峰の撮影

    2016.05.31
  3. ペルー・インカ帝国の古都クスコ:スペインとインカ融合のシンボル

    2019.01.17
  4. 【ペルーの祭】ワスカラン峰と山岳民族ケチュアの伝統舞踏

    2018.12.01
  5. ペルー・インカトレイル・トレッキングとウルバンバ谷滞在 7日間

    2016.09.20
  6. 【ペルー・アマゾン】クルーズで望む、燃えるような朝日と夕日

    2017.06.20
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP