Loading

PHOTO-BLOG

ナスカの地上絵とパルパの地上絵:遊覧飛行の新コース

「ナスカの地上絵」遊覧飛行の追加設定

ナスカの地上絵の遊覧飛行は、6月から見ることができる絵を増量して催行されています。

これまでの遊覧飛行では、ハチドリやコンドルに代表される約12個ほどの絵の上空を旋回していました。

通常コースで追加された絵

6月からの新ルートでは、「通常コース」は5個の絵を追加で上空から望むことになりました。さらに「特別コース」希望の方には、パルパの地上絵にご案内します。
【標準プランに追加された絵】
①ペリカン
②トカゲ
③花
④水草
⑥螺旋模様

特別コースで追加:パルパの地上絵

この絵に加えて、さらにナスカの地上絵をたっぷりと望みたい方には、ナスカ北部にある「パルパの地上絵」にもご案内します。
ナスカの地上絵とセットに、パルパの地上絵では下記の絵の上空を飛びます。
【特別プラン:パルパの地上絵】
①航海士
②王族
③豊穣の証

ナスカ近郊に宿泊する魅力

ナスカ近郊に宿泊する魅力
ナスカ近郊の砂漠は、朝日や夕日も綺麗です。そして、まだあまり知られていませんが、星空観測でも注目されています。ペルーのガラパゴスとも呼ばれるバジェスタ島もあります。

弊社お勧めのプランでは、1日目はリマから専用車でナスカ近郊のパラカスへ移動。2日目は遊覧飛行を楽しんでから、リマに戻るプランです。
または、よりナスカを満喫したい方には、1日目はリマから専用車でナスカ近郊のパラカスへ移動。2日目は遊覧飛行を楽しんでから、マリアライヘ博物館などに立ち寄り、砂漠で夕日鑑賞。夜は星空観賞。3日目はリマに戻る。というプランもあります。

マチュピチュ遺跡とセットに、ナスカ方面の旅もお勧めです

関連ページ:ナスカの地上絵

関連ページ

ペルー・ナスカの地上絵と砂漠の絶景... ナスカの地上絵の歴史と発見 ナスカの地上絵は世界で最も乾燥した大地に描かれた巨大な絵です。なぜ・誰のために描かれたのか今なお謎に包まれた地上絵は、ペルーで必ず訪れたい場所の一つでしょう。 上空から双発機で望む遊覧飛行では、想像以上に間近に地上絵をよく見ることができます。それぞれの絵をよく見る...

中南米周遊に強い航空会社:ラタム航空(JAL系ワンワールド)

野生動物の楽園「パンタナール」大湿原:ロッジ連泊

パタゴニア

関連記事

  1. 世界のペルー料理:クスコの名店の美食メニュー(セビーチェなど)

    2016.06.24
  2. ペルー・ワイワッシュ山群:鋭鋒ヒリシャンカと星の軌跡

    2016.06.05
  3. 聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ

    2015.07.30
  4. ペルー・ブランカ山群-ショート・ハイキングと山岳写真

    2015.11.25
  5. 南米三大祭:ペルー・クスコのインティライミ(太陽の祭り)前夜

    2016.06.20
  6. 先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存

    2015.07.29
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP