Loading

PHOTO-BLOG

ブランカ山群・ワスカラン展望の丘と、古代の遺物

1.jpg
ワラス近郊の村へ、夕方のワスカランを望みに行く。
電線や建物の屋根が写真に入らないように、村の高台を探した。
外国人はまず来ないような生活道だ。
ワスカランは雲の中に隠れているが、周囲の雲は徐々に散っている。
日没までは時間があるので、しばらく待つことにした。
現地ガイドは近所のおばちゃんを捕まえて、ケチュア語でなにやら熱心に話を始めていた。
村の階段や建物に使われている多くの石は、付近で出土した遺跡の一部を使っているらしい。
この村は比較的新しく、耕作が始まったのもこの数十年のことなので、畑を耕すと大量に古代の遺物が出土する。それは段々畑のブロックであったり、石臼であったりする。
現地ガイドは、その出土品の一つに目を付けて熱心に交渉していたようだ。
日没の時間に、ワスカランが幸運にも雲間から姿を現して、わずかながら夕焼けに色づいた。
写真を撮り終えて高台を下りる時には、
ガイドの部下は、大きく重そうな石の塊を抱えて歩いていた。
2.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

ペルー・ブランカ山群-ショート・ハイキングと山岳写真... 南米一の氷雪峰・ブランカ山群で日帰りハイキング ペルー・ブランカ山群(ワラス)というと、近年では3泊4日の縦走トレッキングが定番となっています。 このトレッキングは抜群の山岳展望を誇りますが、体力と経験に必要なレベルがあり、誰もが歩けるわけではない中級者向けのトレッキングといえます。 この...
ペルー・ブランカ山群:ラフコルタ谷とワンツァンの大氷壁... ブランカ山群の名峰:ワンツァンの大氷壁とラフコルタ谷 南米随一の山岳展望を誇るブランカ山群。 大氷壁をたたえるワンツァンの迫力は、ブランカ山群でも群を抜く山岳写真の撮影には最適な絶景だ。 ワンツァン(6395m)の氷壁は圧巻だ。 左右に屏風のように広がる氷壁は見事なアンデス襞をたたえ...
ヤンガヌコ谷で「天の川」の星空撮影/ブランカ山群... 早朝4時にテントから顔を出すと、昨夜の雨が止んでいた。 さっそく車に乗り込み、標高4,767mのヤンガヌコ峠を目指す。 まだ真っ暗の夜空には、天の川が西に見えた。 ワスカランとワンドイの間、ちょうどヤンガヌコ谷の真上に、天の川がかかっている。 朝の光で空が白み始めると、時を合わせるよ...
山岳写真撮影ツアー: ペルー・ブランカ山群の4つの魅力... ヒマラヤに匹敵する迫力の山岳展望 ペルー・アンデスで最も山岳展望が美しい地域が、ワラスを基点としたブランカ山群とワイワッシュ山群です。 林立する6000m峰の峰々の雪壁に付くアンデス襞の美しさなど、ヒマラヤに匹敵する山岳展望です。 車道が発達するブランカ山群では、専用車をフルに利用...
ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望... アンデス先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアのアンデス山脈に暮らすケチュア族やアイマラ族の人々は、今でも先インカ時代から続く民族衣装をまとい暮らしています。 大陸らしい広大過ぎるアンデスの高原では、共通のアイデンティティを持つとはいえ、地域によって服装は全く異なります。 ペルー・クス...
ワンドイを望むアンデスの小さな村とキヌア畑... ヤンガヌコ谷の手前で、小さな村に立ち寄った 村からは、ヤンガヌコの深い谷とアンデスを望めるが、あいにく厚い雲に覆われていた。 雲間から、ときどきワンドイとワスカランが姿を現す。 この天気では、これから向かうわずか数キロ先の谷の中は、きっと寒さも厳しいことだろう。 雨季に見られるような大き...

ブランカ山群・ワイラス回廊:カルワス村の市場

アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 【ペルー】山岳展望も楽しむ「インカ・トレイル」

    2013.08.30
  2. 南米三大祭:ペルー・クスコのインティライミ(太陽の祭り)前夜

    2016.06.20
  3. アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

    2015.08.09
  4. ペルー料理をキャンプで楽しむ:ブランカ山群のグランピング体験

    2016.06.19
  5. 世界のペルー料理:ウルバンバ谷の美食レストラン

    2016.06.22
  6. ケチュア族のミスミナイ村:信仰に根付く生活風景

    2015.07.27
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP