Loading

PHOTO-BLOG

ブランカ山群・ワスカラン展望の丘と、古代の遺物

1.jpg
ワラス近郊の村へ、夕方のワスカランを望みに行く。
電線や建物の屋根が写真に入らないように、村の高台を探した。
外国人はまず来ないような生活道だ。
ワスカランは雲の中に隠れているが、周囲の雲は徐々に散っている。
日没までは時間があるので、しばらく待つことにした。
現地ガイドは近所のおばちゃんを捕まえて、ケチュア語でなにやら熱心に話を始めていた。
村の階段や建物に使われている多くの石は、付近で出土した遺跡の一部を使っているらしい。
この村は比較的新しく、耕作が始まったのもこの数十年のことなので、畑を耕すと大量に古代の遺物が出土する。それは段々畑のブロックであったり、石臼であったりする。
現地ガイドは、その出土品の一つに目を付けて熱心に交渉していたようだ。
日没の時間に、ワスカランが幸運にも雲間から姿を現して、わずかながら夕焼けに色づいた。
写真を撮り終えて高台を下りる時には、
ガイドの部下は、大きく重そうな石の塊を抱えて歩いていた。
2.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

ペルー・アンデスの核心部を歩く:ワイワッシュ山群トレッキング... アンデス山脈の主脈:ブランカ山群とワイワッシュ山群 南米大陸を縦断する長大なアンデス山脈で核心部ともいえる山群が、ペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)とワイワッシュ山群です。どちらも山岳リゾートであるワラスが基点となります。一日1便の国内線を利用すれば、首都リマからわずか1時間で到着しま...
ヤンガヌコ谷のキャンプで天気待ち(ブランカ山群)... ワスカラン北峰も、山頂部だけ雲から姿を現した。 丸くどっしりとした存在感を持つのが北峰だが、左の南峰の方が山容が派手で美しい。 明け方まで見えていたワンドイは、日の出の頃から厚い雲の中に姿を隠してしまった。ピスコとチャクララフも雲に隠れていて、とうとう姿を現さなかった。 上空の風は強い...
ブランカ山群・ウルタ谷で望むアンデスの大展望... 展望台の背後に聳える、コントライェルバス、ウルタ、チェキアラフの峰々も素晴らしい。ワスカランとチョピカルキを撮影した後には、これらの山も撮ることになる 雨上がりの空気は澄んでいて、雲が山から退いた瞬間に、空や雪のコントラストが美しく映える。 8月頃の乾季終盤は晴天率は上がるが、大気には少し靄...
アンデス屈指の山岳展望:ペルー・ブランカ山群を巡る3つのプラン... ペルー最高峰ワスカランを望むワラス町 乾季のアンデス山脈らしい金色の草原の向こうに、屏風のように荒々しく屹立する氷雪峰は、まさに「ブランカ山群」の絶景と言えるでしょう。 ヒマラヤ並みとも言える迫力の峰々は一ヵ所に集中しているので、効率良く名峰の数々を巡り、望むことができます。 基点...
ペルー・アンデスの秘境:ワイワッシュ山群の秀峰“ヒリシャンカ”... ペルー・アンデスの秘境ワイワッシュ山群へ ペルー・アンデスのワイワッシュ山群は、ブランカ山群から南へ丸一日、谷を上り下りしてようやく辿り着く秘境の山群です。 6000m峰が集中する中心部の迫力ある山容は、壮麗さにおいてブランカ山群と肩を並べるほどでしょう。 ワイワッシュ山群の秀峰“...
ペルー料理をキャンプで楽しむ:ブランカ山群のグランピング体験... ペルー・ブランカ山群のグランピング体験 ペルー・ワラスを基点にした、ブランカ山群とワイワッシュ山群では、今年から「デラックス・キャンプ=グランピング」が手配可能となりました。 このプライベート・キャンプでは、椅子とテーブル付きの大型テント滞在で、専属シェフがペルー料理にこだわったメニュー...

ブランカ山群・ワイラス回廊:カルワス村の市場

アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて

パタゴニア

関連記事

  1. 2015年のインカトレイル:入山許可証の販売開始が間近

    2014.12.01
  2. 6月24日は、「太陽の祭(インティライミ)」の日です。

    2013.03.05
  3. アンデスの食べ物① 食も楽しむ

    2012.04.01
  4. ペルー:10ドルで、原生自然の保護「カーボン・オフセット」

    2014.10.30
  5. アンデスの多彩な民族衣装:ペルー・ケチュア族とインカ文明

    2017.10.11
  6. ウルバンバ谷:ケチュア族のミスミナイ村の生活風景(ペルー)

    2016.06.21
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP