Loading

PHOTO-BLOG

ツーリズムに門戸を開く、先住民のミスミナイ村

1.jpg
2.jpg
アンデスの農作業は、ほとんどが手作業だ。
鍬で土を掘り返したり、トウモロコシの皮を剥く作業を少しだけ手伝ったが、大変な重労働であった。
わずかでも、その土地の土や植物に触れあうと、見える世界も少し変わる気がした。
ミスミナイ村では、ハイキング、織物体験、農業体験、ホームステイ、乗馬体験、料理教室など、地元アンデスに根差した文化や自然を体験できるのが魅力だ。
いまコミュニティを上げて、ツーリストに門戸を開けることで収入の道を開こうとしているが、まだまだとても貧しく小さな村なのだ。
●ミスミナイ村プロジェクト:
 https://www.andina-travel.com/peru2.html#misminay
3.jpg
4.jpg
6.jpg
7.jpg

関連ページ

ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望... アンデス先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアのアンデス山脈に暮らすケチュア族やアイマラ族の人々は、今でも先インカ時代から続く民族衣装をまとい暮らしています。 大陸らしい広大過ぎるアンデスの高原では、共通のアイデンティティを持つとはいえ、地域によって服装は全く異なります。 ペルー・クス...
クスコの街角にて:祝祭に活気づくインカの古都... クスコの旧市街で散策をしながら一日を過ごせるとしたら、それはとても贅沢なことだ。 マチュピチュへの経由地としてクスコを訪れるが、旧市街の魅力は半日や一日では味わい尽くせない。忙しく通り過ぎることが多いのだが、何日かの時間を取りたいとは毎回思うことなのだ。 中央広場であるアルマス広場沿いの...
先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存... アンデスの女性は働き者だ。農作業の傍ら、家事や育児、そして織物の内職などに勤しむ。 立ち話をしているような時間も、余っている手で糸を紡いでいたりする。 そんなミスミナイ村の女性が作った織物は、ツーリスト向けに加工されて、クスコのお土産屋に運ばれる。 ミスミナイ村コーナーがあり、ミスミナ...
インカの聖なる谷“ウルバンバ谷”の7つの魅力(ペルー旅行)... クスコとマチュピチュの中間地点:ウルバンバ谷 インカ文明の中心を担った“聖なる谷”として知られるウルバンバ谷は、クスコとマチュピチュの中継地点としての役割だけではなく、丸一日を費やしても時間が足りないほどの魅力があります。 インカ帝国の都クスコ(3400m)とマチュピチュ遺跡(2400m...
聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ... ウルバンバ谷は、その地形的な好条件により気候は割と温暖で、インカ帝国の時代にはクスコからの避寒地や穀倉地帯として栄えた。農業試験場跡のモライやマラス塩田など多くの遺跡が残り、インカ帝国にとって、ウルバンバ谷はインカ文明の核心部であった。そのことから、「聖なる谷」と呼ばれる。 谷を通り、マチ...
ペルー・ブランカ山群:そこに暮らす人々の生活風景を撮影する... ペルー・ブランカ山群の魅力は、ヒマラヤ並の山岳展望が望めることに加えて、人々の生活風景を撮影できることも魅力です。 アンデスの山麓の村々では、民族衣装を着た人々が今も街を行き交います。 写真を撮られることに慣れない人々ですので、笑顔を撮るチャンスを作るには、 少し長めの日程を取り...

ケチュア族のミスミナイ村:信仰に根付く生活風景

先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. コロニアル調の白壁と石畳の街を歩く-クスコ-

    2015.07.25
  2. マチュピチュ遺跡からインカ道を“太陽の門”へ歩く

    2015.07.31
  3. 【ペルー・アンデス】「ブランカ山群トレッキング」シーズン、あとわずか!

    2013.08.16
  4. アラビアの砂漠に辿り着く、中南米のコロニアル建築の原点

    2015.03.19
  5. ペルー・ブランカ山群のワイラス回廊とアンデス山脈

    2014.02.06
  6. マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ

    2015.08.05
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP