Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・白亜の古都:アレキパの街角を歩く

ペルーの白亜の古都:アレキパ

ペルーのクスコに次ぐ美しさを誇る街といえば、アレキパが挙がるでしょう。

白亜の都市とも呼ばれるアレキパは、白壁の旧スペイン・コロニアル調の建物が並ぶ古都です。

スペイン人の侵略の前にも、インカ帝国の時代から都の一つとして栄えてきました。

アレキパの大きな特徴は、周囲に多くの火山があることでしょう。
街のどこからもミスティ山が富士山のような円錐形の火山を見ることができます。
この火山と古都という組み合わせが、アレキパをより美しくしているのだと思います。

弊社では中央広場に面する宿をお勧めしています。ホテルの屋上から中央人場とカテドラル、そして火山をセットに望めるからです。

近年は治安が大変よくなっていますので、街歩きも安心です。

旧市街の白壁の街角を楽しみつつ、巨大な修道院・サンタカタリナがお勧めです。
修道院の中には、小さな古都がまるごと一つ入っています。
かつては修道女が暮らすために増築を重ねて現代にいたるわけです。

修道院の中の街は、赤と青に壁が塗られています。
標高2300mで乾燥した街に差し込む太陽光線は、この青や赤の壁を、得も言われぬ美しさに仕立ててくれます。
ちょっとした幻想の世界です。

今年から、クスコ/チチカカ湖を結ぶ寝台鉄道も繋がりますので、ペルー旅行では欠かせない場所として、アレキパはさらに注目されるでしょう。

関連ページ:ペルー


関連ページ

ペルーの古都アレキパから、コンドル舞うコルカキャニオンへ... ペルー第二の都市アレキパは、スペイン統治時代のコロニアル建築が残る、クスコに次ぐ古都として有名です。 アレキパ周辺は、多くの活火山に囲まれています。 白い火山岩で街が作られたことから、「白亜の町」として非常に美しい町並が中心部に広がります。 町からは富士山のような円錐形のミスティ山を望めま...
ペルーの白亜の古都「アレキパ」:青と紅の聖カタリーナ修道院... コルカキャニオン観光の基点:アレキパ コンドルの谷・コルカキャニオンの基点となる都市、アレキパでは街歩きの時間も確保したいところです。 ペルーではクスコに次ぐ2番目に美しい古都で、スペイン統治時代のスペイン風コロニアル建築が中心部には広がります。 周辺で取れる白い火山岩を使って街が作られた...

インスタグラムにて「南米のフォト・ギャラリー」開設

メキシコ・マヤの伝統料理:レジェノ・ネグロ

関連記事

  1. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
  2. ペルー料理でランチ:恵比寿「ミラフローレス」

    2016.03.18
  3. 南米随一の山岳展望を望む:ペルー・ブランカ山群トレッキング

    2018.05.28
  4. ペルー・ブランカ山群-ショート・ハイキングと山岳写真

    2015.11.25
  5. ケチュア族のミスミナイ村:信仰に根付く生活風景

    2015.07.27
  6. インカトレイルの魅力① スタート地点~ワルミワニュスカ峠

    2013.04.18
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP