Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ


天気の良い初秋のある日、はやる気持ちを抑えて、チャルテン村を出発します。

今年から、トレイル入口にはレンジャーが常駐して、入山者の確認をしています。

チャルテン村から望めるフィッツロイ峰は山頂部のみです。
トレイルに入ると、まずは気持ちの良い南極ブナの原生林を歩き、ぐいぐいと標高を上げて行きます。

この森は、マゼラン・キツツキが住む森なので、かなり高い確率でキツツキを見れるでしょう。

森の空気や、葉がこすれる音も心地よいので、森の中でのんびり休憩するだけでも至福の時間です。

緩やかな登りを40分も歩くと、徐々にフィッツロイが姿を現します。
木々の間からちらちら見えてくるフィッツロイも、カプリ湖からは、いよいよはっきりと望めます。

カプリ湖以降は、フィッツロイBCまで、フィッツロイにどんどん近づき、どんどん迫力を増していきます。

パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ

パタゴニア:フィッツロイBCの快適なキャンプ生活

関連記事

  1. 「パタゴニア南部氷床トレッキング」、動画を作成しました!

    2013.05.02
  2. 映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは

    2017.08.31
  3. 《エクスペディション》パタゴニア南部氷原①

    2014.09.02
  4. 秋から冬へ:紅葉のフィッツロイ山麓(パタゴニア)

    2015.06.15
  5. 大草原の小さな花:マリポサ・デル・カンポ/パタゴニアのワイルドフラワー

    2015.08.29
  6. パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか

    2015.02.09
パタゴニア
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP