Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ


天気の良い初秋のある日、はやる気持ちを抑えて、チャルテン村を出発します。

今年から、トレイル入口にはレンジャーが常駐して、入山者の確認をしています。

チャルテン村から望めるフィッツロイ峰は山頂部のみです。
トレイルに入ると、まずは気持ちの良い南極ブナの原生林を歩き、ぐいぐいと標高を上げて行きます。

この森は、マゼラン・キツツキが住む森なので、かなり高い確率でキツツキを見れるでしょう。

森の空気や、葉がこすれる音も心地よいので、森の中でのんびり休憩するだけでも至福の時間です。

緩やかな登りを40分も歩くと、徐々にフィッツロイが姿を現します。
木々の間からちらちら見えてくるフィッツロイも、カプリ湖からは、いよいよはっきりと望めます。

カプリ湖以降は、フィッツロイBCまで、フィッツロイにどんどん近づき、どんどん迫力を増していきます。

関連ページ

パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ... 南部パタゴニアの基点の町・カラファテから、国道40号線を北上して、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ。 パタゴニアの天気はある意味では分かりやすく、アンデス山脈から東に離れるほどに、目で分かるほどに乾燥して行きます。 カラファテで晴れていても、アンデスに接するフィッツロイ山麓では天候が全く...
フィッツロイ山麓の清冽な水を飲む 夕方の風は、骨身に染みるように冷たい パタゴニア大陸氷床で、セロトーレ直下からの風を楽しめる余裕があるのは一つの幸運だ 世界でも稀にみる悪天候のまさに核心部にいるからだ 氷河源流部の氷は圧縮されて硬く密度が濃い。氷河は、セロトーレから吹き飛ばされた砂利で薄く覆われているが、砂利の間にときお...
「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典... 特製カレンダー2018「パタゴニア&南極」 アンディーナトラベル・クラブ会員特典「カレンダー 2018」を作成中です。 来年のカレンダーのテーマは、『パタゴニア&南極』です。 パタゴニア創成から深く関連する南極の自然とともに、「亜南極」の風景写真を集めたカレンダーです。 南極...
フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ... チャルテンの南側の山(1,570m)の頂からは、東に大西洋まで続く乾燥したステップ草原を見渡せます。北を望めば、セロトーレやフィッツロイを始めとした岩と氷の世界、降雨量も北に行くほどに増えてチリへ至ります。 山麓は、広大な南極ブナの森に覆われています。標高400mのチャルテンはまだ紅葉していま...
パタゴニア・フィッツロイ山麓:秋は秋らしく静かに暮らす... 紅葉のピークは、すぐに過ぎてしまう。 最も赤く黄色く染まる時期に、その場所にいれる事は、なんという幸運なことでしょうか。 たとえば、それが極北アラスカであれば、ブルーベリーやクサモミジの茂るツンドラが真っ赤に染まるのはほんの1,2日でしょう。そのピークを過ぎてしまうと色はくすみ、冬が始まる。...
セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート... マゼラン・キツツキ 秋のトーレ湖、夜明け前の湖面には薄氷が張っています。8時過ぎの夜明け、2,3時間くらい前が一番寒く感じられます。 夏季には6:30頃から始まる夜明けの大劇場も、秋は8:00過ぎに始まります。一日一日とその時間は数分ごとに遅くなっているのでしょう。 この季節は、太陽がだい...

パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ

パタゴニア:フィッツロイBCの快適なキャンプ生活

関連記事

  1. 草原を駆ける牧童・ガウチョの精神

    2015.10.02
  2. 白夜のパタゴニア:フィッツロイ峰で望む長い夕日

    2017.05.10
  3. パイネクエルノ峰を直下で望む「Wルート」トレック

    2015.03.21
  4. 「嵐の大地」エリック・シプトンのパタゴニア探検

    2016.03.16
  5. 【パタゴニア・トレッキング】パタゴニア大陸氷床を歩く

    2013.01.19
  6. 「ブッチ・キャシディ」の行方:パタゴニアの草原に消えたアメリカの大強盗

    2010.01.03
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP