Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ


天気の良い初秋のある日、はやる気持ちを抑えて、チャルテン村を出発します。

今年から、トレイル入口にはレンジャーが常駐して、入山者の確認をしています。

チャルテン村から望めるフィッツロイ峰は山頂部のみです。
トレイルに入ると、まずは気持ちの良い南極ブナの原生林を歩き、ぐいぐいと標高を上げて行きます。

この森は、マゼラン・キツツキが住む森なので、かなり高い確率でキツツキを見れるでしょう。

森の空気や、葉がこすれる音も心地よいので、森の中でのんびり休憩するだけでも至福の時間です。

緩やかな登りを40分も歩くと、徐々にフィッツロイが姿を現します。
木々の間からちらちら見えてくるフィッツロイも、カプリ湖からは、いよいよはっきりと望めます。

カプリ湖以降は、フィッツロイBCまで、フィッツロイにどんどん近づき、どんどん迫力を増していきます。

関連ページ

フィッツロイ山麓の清冽な水を飲む 夕方の風は、骨身に染みるように冷たい パタゴニア大陸氷床で、セロトーレ直下からの風を楽しめる余裕があるのは一つの幸運だ 世界でも稀にみる悪天候のまさに核心部にいるからだ 氷河源流部の氷は圧縮されて硬く密度が濃い。氷河は、セロトーレから吹き飛ばされた砂利で薄く覆われているが、砂利の間にときお...
フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①... チャルテン村の北・約20kmほど、コンドル湖の畔に「エコ・ロッジ」という宿があります。周囲には、南極ブナの原生林が広がり、風と川の音だけが聞こえるような自然にどっぷりと浸かれる場所です。 ロッジは、宿泊施設も含めて全てログハウスです。本館は豪華に大木が使われていて、天井も高く居心地が良いです。...
【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓... 南米パタゴニアの秋は、日本に引けを取らない鮮やかな紅葉に彩られる美しい季節です。 ブナの木の紅葉というと、北半球のブナは黄色や橙色にこそ染まりますが、パタゴニアでは赤く色づくのです。 一か月かけて少しずつ色彩を黄色から赤へと変化させる南極ブナの紅葉を辿ってみます。 パタゴニアの森を...
アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」... アルゼンチン名物:煮込み料理「ギソ」とは 真夏でも陽が陰れば凍えるほどに寒いパタゴニアでは、アルゼンチンの家庭料理「ギソ」をどうしても食べたくなる日がある。 「ギソ」は、スペイン料理を起源とするシチューのような煮込み料理です。 お店によって味は全く異なるので、地元の人の意見を聞いてギソ...
マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 氷河沿いに登り、大陸氷床を目指す。 真夏の晴天の日差しは強く、雪解けで川の水は増水している。 氷河が頻繁に崩壊して、轟音がマルコーニ氷河の谷に轟く。 スケールの大きなパタゴニアでは谷と言えども広大で、崩壊する氷河の雪崩は大迫力だが、対岸に...
フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン... パタゴニアで、フィッツロイやパイネの山岳写真を撮るには、“世界で最もうつろいやすい天候”が大きく影響してきます。 トレッキングの行程重視の内容では、その天候を前に、どうしても撮り逃す場面が大きく出てきます。要所要所で腰を据えて取り組む時間が必要となってくるでしょう。 要所でじっくり腰を据えな...

パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ

パタゴニア:フィッツロイBCの快適なキャンプ生活

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア・パイネ国立公園:ペオエ湖畔の展望台

    2016.11.27
  2. 暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②

    2015.10.12
  3. 記録的な好天が続くパタゴニア

    2013.01.22
  4. パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)

    2016.05.03
  5. アルゼンチン伝統料理:牛肉のアサードと大草原パンパ

    2019.03.05
  6. 暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」

    2015.09.16
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP