Loading

PHOTO-BLOG

降雪を繰り返し秋と紅葉が深まる:パタゴニア

1.jpg
日一日と秋が深まり、森林限界から徐々に紅葉のラインが下がって来る。
極北の紅葉とは違い、パタゴニアの秋のペースはとてもゆっくり移り変わります。
この時期には既に雪は何度も降ります。朝までしんしんと降り積もった雪も、太陽が出るとみるみるうちに融けて行きます。
その繰り返しの後、雪の融けないある日に、冬が始まるのでしょう。
2.jpg

関連ページ

フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)... パタゴニア・フィッツロイ峰の神美的な魅力 天を突くような針峰群が草原の彼方に現れると、何度訪れてもその存在感に圧倒されてしまう。 パタゴニアのフィッツロイ峰は、その類まれな容姿で、半ば神格化されるほどに美しい山です。 山麓にチャルテン村が建設されてまだ約30年ほどですが、村人のほぼ...
フィッツロイ山群で迎える夜明け(パタゴニア)... フィッツロイ山群を遠望する展望台で、夜明けを待つ。 天候がめまぐるしく変わるフィッツロイ山群では、夜明けのわずかの時間の中で、主峰のフィッツロイ峰とセロトーレ峰の両方を望むには、何日も通う粘り強さも必要だが、“運”も重要な要素となってくる。 山や氷河に引けを取らない主役となるのが“雲”だ。 ...
「パタゴニア・フィッツロイ峰の夕景」国際写真コンテスト入賞... 海外の写真コンテスト「The EPSON International Pano Awards 2017」で、代表・松井の写真が『Special Awards』に入賞しました。 この写真は、パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓で撮影した夕焼けです。暴風の吹き荒れるパタゴニアに訪れた奇跡のような一...
フィッツロイとセロトーレを望む展望の丘②... 南極ブナの樹林帯を抜けると、視界は一気に広がり、フィッツロイが目の前に聳えている 普段とは違う角度なので形は少し異なるが、やはり堂々としたものだ フィッツロイとセロトーレの両方を同時に望める大展望だ 反対側を望めば、景色は一変して、乾燥したステップ帯に卓状台地が延々と連なる、アルゼンチ...
パタゴニアのキノコ③:アミガサダケ... パタゴニアのキノコ 11月中旬の春、南極ブナの森に「アミガサダケ」を見つけた。 トレイル沿いの陽当たりの良い場所にたくさん生えていたので、とても目立つ。 地元のガイドは喜々としていくつか収穫して、キャンプでの夕食の具材の一つに使った。 特に美味しいというわけではないが、その土地の物を食べ...
パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石 「迷子石」とは、氷河によって運ばれた石が、氷河の後退によりその場に残された石のことだ。 “取り残された”という佇まいであることから、迷子石と呼ばれる。 石の組成を調べることで、氷河がどのように分布したのかを知ることができる。 パタゴニアは、かつて巨大な氷河に覆われていた。 アルゼンチン湖...

レンソイス砂漠の巨木の森「世界一高いマングローブ」(ブラジル)

パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア開拓史:氷河の思わぬ前進に翻弄される①

    2014.03.10
  2. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  3. 春の中部パタゴニア・アイセン地方に咲き乱れる:サクランボの花

    2015.09.08
  4. フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア

    2015.06.03
  5. パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景

    2016.11.16
  6. 北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③

    2015.10.14
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP