Loading

PHOTO-BLOG

降雪を繰り返し秋と紅葉が深まる:パタゴニア

1.jpg
日一日と秋が深まり、森林限界から徐々に紅葉のラインが下がって来る。
極北の紅葉とは違い、パタゴニアの秋のペースはとてもゆっくり移り変わります。
この時期には既に雪は何度も降ります。朝までしんしんと降り積もった雪も、太陽が出るとみるみるうちに融けて行きます。
その繰り返しの後、雪の融けないある日に、冬が始まるのでしょう。
2.jpg

レンソイス砂漠の巨木の森「世界一高いマングローブ」(ブラジル)

パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ

関連記事

  1. パタゴニア再訪の象徴:カラファテの実に込める願い

    2020.03.12
  2. フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)

    2017.01.23
  3. フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

    2015.04.23
  4. 「南米のパリ」ブエノスアイレス/哀愁と情熱・タンゴのリズム

    2016.12.23
  5. 写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品

    2018.02.26
  6. サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)

    2016.05.28
パタゴニア
2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP