Loading

PHOTO-BLOG

降雪を繰り返し秋と紅葉が深まる:パタゴニア

1.jpg
日一日と秋が深まり、森林限界から徐々に紅葉のラインが下がって来る。
極北の紅葉とは違い、パタゴニアの秋のペースはとてもゆっくり移り変わります。
この時期には既に雪は何度も降ります。朝までしんしんと降り積もった雪も、太陽が出るとみるみるうちに融けて行きます。
その繰り返しの後、雪の融けないある日に、冬が始まるのでしょう。
2.jpg

レンソイス砂漠の巨木の森「世界一高いマングローブ」(ブラジル)

パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ

関連記事

  1. パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠

    2015.05.26
  2. パタゴニアのキノコ③:アミガサダケ

    2015.09.12
  3. 南米アンデス山脈に生息する“4種類のラクダ”記事集

    2020.05.06
  4. 天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原

    2015.05.23
  5. 冬のパタゴニア:スノーシュー・ハイキング

    2014.05.10
  6. パタゴニアの大草原『パンパ』:秘境サンマルティン湖のコンドル牧場へ

    2018.03.20
パタゴニア
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP