Loading

PHOTO-BLOG

降雪を繰り返し秋と紅葉が深まる:パタゴニア

1.jpg
日一日と秋が深まり、森林限界から徐々に紅葉のラインが下がって来る。
極北の紅葉とは違い、パタゴニアの秋のペースはとてもゆっくり移り変わります。
この時期には既に雪は何度も降ります。朝までしんしんと降り積もった雪も、太陽が出るとみるみるうちに融けて行きます。
その繰り返しの後、雪の融けないある日に、冬が始まるのでしょう。
2.jpg

関連ページ

氷河の成り立ちを辿る壮大なトレッキング:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 氷原で3泊、幸運にも晴天に恵まれた。セロトーレ直下の絶景を漫喫した後で、ビエドマ氷河源流部からビエドマ湖を目指す。 ビエドマ氷河の源流域から末端部まで、氷河の歴史を辿ることになる。 ビエドマ氷河の谷へ近づくにつれて、氷原の氷にクレバスが増えてきた。 氷...
パタゴニア:3種類の南極ブナ② 落葉樹「ニレ」... 南極ブナの中で、厳しい環境に応じて姿を変えることができるのが、「ニレ」だ。 常に強風が吹くような場所では、地を這うように背を低くする。 日本の山におけるハイマツのような存在だ。 レンガと違い、冷涼な厳しい場所で小さなブッシュを形成する。 風に対する耐性が強く、レンガと違い、風で倒木するこ...
パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ... 行き交う人の少ない山を歩く時、周りの森羅万象の全てに五感が働くと思います。 音。四方の音に敏感になり、関わる時間が長いほど研ぎ澄まされていくものです。 夜闇の中を歩いたり、星空を見上げるような日々を過ごせば尚の事。 風の国と言われるパタゴニアならではの、風の音いろいろ。葉擦れの音。獣の歩く...
フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)... パタゴニア・フィッツロイ峰の神美的な魅力 天を突くような針峰群が草原の彼方に現れると、何度訪れてもその存在感に圧倒されてしまう。 パタゴニアのフィッツロイ峰は、その類まれな容姿で、半ば神格化されるほどに美しい山です。 山麓にチャルテン村が建設されてまだ約30年ほどですが、村人のほぼ...
パタゴニア南部氷原:ウエムル峠を越えて、ビエドマ湖へ... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) ビエドマ氷河の歴史を辿る壮大なトレッキングも、ビエドマ湖で終了となる。 ウエムル峠を越えると展望も大きく変わる。 氷河と山の展望から、地平線まで広がる草原の展望へと変化するのだ。 コンドルが舞う谷間をおそるおそる覗くと、眼下にビエドマ氷河の末端部が見え...
パタゴニアの名峰セロ・トーレの静寂と暴風:フィッツロイ山群... 世界で最も登攀が困難な山:セロ・トーレ 世界で最も登攀が困難な山と言われるセロ・トーレ峰(3,128m)は、パタゴニアのフィッツロイ山群を代表するもう一つの名峰です。 「セロ」は「峰」を、「トーレ」はその姿の通り「尖塔」を意味する、まさに天に屹立する針峰です。 セロトーレは、パタゴニア...

レンソイス砂漠の巨木の森「世界一高いマングローブ」(ブラジル)

パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ

関連記事

  1. パタゴニア・パイネ国立公園の名峰:クエルノ「角」

    2016.12.01
  2. パタゴニアの花:マメ科の薬草「パラメーラ」-ワイルドフラワー編

    2015.09.07
  3. クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力

    2015.10.26
  4. パタゴニア・パイネ国立公園:ペオエ湖畔の展望台

    2016.11.27
  5. パタゴニアの美食「羊」:アルゼンチン伝統料理アサード

    2018.10.11
  6. フィッツロイ山麓の清冽な水を飲む

    2015.05.06
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP