Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア開拓史:イギリスとの因縁

1.jpg
パタゴニアに自生するイネ科の植物・コイロンが、羊の好物であることを発見されて以来、パタゴニア中のほとんど全ての土地がパッチワーク状に区切り分配されていく。
19世紀後半の開拓時代の初期、最初に羊をもちこんだのはイギリス人であった。当時のアルゼンチン政府はまだパタゴニアの価値に気付かず、手つかずのまま放置していた。チリとの国境線も曖昧なままであった。
こうした状況の中、イギリスのウェールズやスコットランドなどから移民が押し寄せて、パタゴニアの牧場化が進んで行く。フォークランド諸島の開拓も、この時代にイギリス人により行われたことが、後の紛争の遠因となるのだ。
当時、南部パタゴニアのサンタクルス州では、イギリスのポンドが流通していた。
イギリス王室の積極的な投資もあり、アルゼンチンにおけるイギリス資本の存在はますます大きくなり、鉄道会社までも買収することになる。
その反動として、後々のペロン大統領による国営化(外国資本の排除)・ペロン主義の時代へと繋がっていく。
第一次・第二次世界大戦ともに、南米大陸は無傷であったことも大きな追い風であった。“ウール・ラッシュ”に乗じて、一気にパタゴニアは羊毛の世界的な産地として発展する。
2.jpg
3.jpg
4.jpg

メリノウールの毛刈り行程:パタゴニア

パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展

関連記事

  1. マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

    2015.05.19
  2. パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日

    2015.05.09
  3. 秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹

    2014.04.23
  4. チリ暴動による地方の最新状況:パタゴニア・パイネ国立公園

    2019.11.08
  5. 映像と感性から掴む夢幻の世界/パタゴニアの夕日の感動

    2018.07.30
  6. 姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア

    2015.06.14
パタゴニア
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP
error: Content is protected !!