Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展

4.jpg
パタゴニア中のほぼ全ての土地が私有地として分断された時代を経て、今は牧場が解体されて行く時代だ。
国際競争の激化による羊毛価格の下落は、牧場の経営に大きく影響している。化学繊維の発達により羊毛のニーズが減っていることもある。
また、羊の飼育過剰により土地の荒廃(砂漠化)が進んでいたことも大きい。過剰に飼育することで、羊はコイロンの根までも食べてしまう。土地の生産力とのバランスが著しく崩れてしまうことで、単位面積当たりの飼育能力が年々下がっているのだ。
こうした背景から、牧場に観光客を受け入れる観光牧場として、経営をシフトするエスタンシアも増えている。観光客の数は、特にアルゼンチン側ではカラファテを中心に毎年伸びているからだ。
エスタンシア(牧場)が保有する広大な敷地には、美しい山や氷河も含まれている。エスタンシアに入らなければ見ることのできない絶景があるということだ。
1.jpg
2.jpg

関連ページ

パタゴニア開拓史:大草原パンパを旅する牧童・ガウチョ... パタゴニアの大草原・パンパ パタゴニアの東半分に広がる大草原・パンパにいると、あまりにも大きな空はまるで世界を覆っていることに気付く。 都市部や山岳地帯とも異なり、パタゴニアの草原は地平線のどこまでも続き、空はのしかかるように広い。 その大草原の広さは、約20年以上も前に長距離バスで、...
パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き... パタゴニアの名物料理アサードとは パタゴニアの名物料理といえば、羊の丸焼き「パリーシャ(アサード)」が代表料理です。 野趣あふれる豪快な味付けや見かけとは裏腹に、繊細・端麗な味わいに、近年では欧米人から非常に人気があります。 日本では「羊=マトン」として、臭いが気になるようですが、...
アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ... アルゼンチン開拓のシンボル「牧童ガウチョ」 パタゴニアの大草原の主役といえば、羊を追う「牧童」です。 延々と続く大草原を見ていると、同じように延々と有刺鉄線も延々と続いていることに気づきます。 開拓全盛の約100年ほど前に、パタゴニアの広大な草原は隈なく有刺鉄線で区切られ、大牧場(エスタン...
パタゴニアの大草原『パンパ』:秘境サンマルティン湖のコンドル牧場へ... 南北1800キロの大草原『パンパ』 パタゴニアの草原はとてつもなく広い。南北約1800キロに渡り、延々と荒涼とした草原が広がる。大草原「パンパ」は一見すると何もない荒野だが、ラクダ科のグアナコや小型のダチョウ・ダーウィンレア、そしてピューマが生きる野生動物の土地でもある。そして、150年ほど前...
先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②... 岩屋に行ってみると、なぜそこに先住民が住みついたのか少し理解できる。 一番重要なのは、風が吹き込まない事だろう。 強風が吹き荒れるパタゴニアだが、岩屋(半洞窟)の周囲では空気が止まっていて静かだ。そのような場所では森も育ち、乾燥したパタゴニアではオアシスのような場所になる。 先住民が暮らし...
パタゴニアの象徴:羊と牧童(ガウチョ)、そして食文化アサード... パタゴニアの大草原パンパ パタゴニアの大草原の面積は日本の約2倍という、とてつもなく広い草原です。 この広大な草原の象徴的な存在が「羊」です。 百数十年前までは、羊はパタゴニアに存在しませんでしたが、その後の牧羊産業の急発展を経て、今では約1000万頭もの羊が放牧されています。 ...

パタゴニア開拓史:イギリスとの因縁

パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場①

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 旅行伝記『パタゴニア (in patagonia) 』

    2012.10.17
  2. 2011パタゴニア旅行 ⑤ヘルシンガー牧場(その一)

    2012.02.05
  3. 暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②

    2015.10.12
  4. 2011パタゴニア旅行 ②クリスティーナ牧場

    2012.01.15
  5. パタゴニア氷原を取り巻く、この世あらざる景色

    2015.05.07
  6. パタゴニアの名峰フィッツロイ展望:テント泊トレッキングの魅力

    2018.06.01
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP