Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:秋のウエムル氷河と森

1.jpg
2.jpg
チャルテンから北へ車で約1時間半ほど行くと、アルゼンチンとチリの国境デシエルト湖に着く。
チリからの湿った空気の影響を強く受けるので、チャルテン付近に比べて、森が深く氷河が発達している。
南極ブナの木には、コケやサルオガセがびっしりと張り付き、地面はフカフカしている。
1時間も森を歩き斜面を登ると、ウエムル氷河が見えてきた。
森を抜けた展望台からは、フィッツロイ北面が遠くに見え、眼下には森が広がっている。
ウエムル氷河を含めた周辺の森と山が私有地であるのは、なんともパタゴニアらしい。
山上の南極ブナは、一足先に秋のピークを迎えていた。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア

関連記事

  1. フォト・ギャラリー「チリ」:新ページのご案内

    2020.05.06
  2. 2011パタゴニア旅行 ⑦フィッツロイ(その一)

    2012.02.19
  3. パタゴニア・パイネ国立公園: 黎明の静寂を撮影

    2016.09.13
  4. 「地の果て」パタゴニアに魅了される作家・怪盗・探検家

    2016.12.16
  5. 大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④

    2014.09.18
  6. パタゴニアの暴風と静かなエスタンシア(牧場)滞在

    2014.02.25
パタゴニア
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP
error: Content is protected !!