Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:秋のウエムル氷河と森

1.jpg
2.jpg
チャルテンから北へ車で約1時間半ほど行くと、アルゼンチンとチリの国境デシエルト湖に着く。
チリからの湿った空気の影響を強く受けるので、チャルテン付近に比べて、森が深く氷河が発達している。
南極ブナの木には、コケやサルオガセがびっしりと張り付き、地面はフカフカしている。
1時間も森を歩き斜面を登ると、ウエムル氷河が見えてきた。
森を抜けた展望台からは、フィッツロイ北面が遠くに見え、眼下には森が広がっている。
ウエムル氷河を含めた周辺の森と山が私有地であるのは、なんともパタゴニアらしい。
山上の南極ブナは、一足先に秋のピークを迎えていた。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

パタゴニア・フィッツロイ峰の歴史:先住民テウェルチェ族... フィッツロイは、「煙を吐く山」チャルテンと呼ばれていた パタゴニアを代表する名峰フィッツロイは、別名「チャルテン」と呼ばれます。 かつてパタゴニアの大草原を闊歩したテウェルチェ族は、この山を「煙を吐く山=チャルテン」と呼んでいたからです。 山名に人の名前を付けていた時代は終わり、古...
パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設... 牧羊ブームで始まる「パタゴニア開拓史」 たった100年前のパタゴニアは、未開の土地として忘れられたフロンティアであった。 この頃はヨーロッパからの移民が大量にブエノスアイレスに住み着き、今のブエノスアイレスの原型を作り上げた時期だ。 当時のパタゴニアは生産的な価値の無い場所として放...
パタゴニア・ウプサラ氷河クルーズ&クリスティーナ牧場... アルゼンチン・パタゴニアの基点:カラファテ パタゴニアの大きな青い空、氷河、雄大な岩峰といったパタゴニアのシンボルを望むために、アルゼンチン・パタゴニアの基点カラファテは理想的な立地です。 カラファテは、アンデス山脈の東側に位置することから、偏西風の湿った空気はアンデス山脈で落ち、気持ち良い...
パタゴニア南部氷原:衛星で発見された新火山とシプトン探検... 未踏の氷原に埋もれた火山 最近パタゴニアで話題になっていることと言えば、新しい火山の発見の話題でしょう。 今なお未踏の大地が広がるパタゴニアらしい話です。 10月下旬に発見されたばかりの新火山です 衛星で偶然発見された火山は、フィッツロイ峰のすぐそばのマリアーノ・モレノ山群でした...
パタゴニア氷原を取り巻く、この世あらざる景色... 台風のような嵐の翌日、雨雲は飛び去り、パタゴニア南部氷原(大陸氷床)では珍しい“晴天”が訪れた 風の音が消え去り、聞こえる音は雪を踏みしめる足音だけの静寂で、耳鳴りが気になるほどだった。 東西は屏風のように屹立するアンデス山脈に挟まれて、氷原は南北に果てしなく続く 「直観とは魂でものを見る...
フィッツロイ山麓の氷河トレッキング:新ルート『カグリエロ氷河』... フィッツロイ山麓のエルチャルテン発着:カグリエロ氷河トレッキング かつてパタゴニアを覆っていた氷河も、今は縮小する時代です。氷で覆われた原初のパタゴニアを体験するには、南部氷原から流れ出る氷河上を歩く「氷河トレッキング」がお勧めです。 ペリトモレノ氷河の「アイス・トレック」は、氷河の一番迫力...

カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ

    2018.07.16
  2. パタゴニア・マルガリータの花畑:パイネ国立公園のワイルドフラワー

    2015.09.05
  3. 「パタゴニア南部氷床トレッキング」、動画を作成しました!

    2013.05.02
  4. フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア

    2015.06.18
  5. パタゴニアの名峰・フィッツロイを展望する3つの方法(チャルテン村)

    2017.05.20
  6. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP