Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニア:秋のウエムル氷河と森

1.jpg
2.jpg
チャルテンから北へ車で約1時間半ほど行くと、アルゼンチンとチリの国境デシエルト湖に着く。
チリからの湿った空気の影響を強く受けるので、チャルテン付近に比べて、森が深く氷河が発達している。
南極ブナの木には、コケやサルオガセがびっしりと張り付き、地面はフカフカしている。
1時間も森を歩き斜面を登ると、ウエムル氷河が見えてきた。
森を抜けた展望台からは、フィッツロイ北面が遠くに見え、眼下には森が広がっている。
ウエムル氷河を含めた周辺の森と山が私有地であるのは、なんともパタゴニアらしい。
山上の南極ブナは、一足先に秋のピークを迎えていた。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの草原に佇む巨石「迷子石」

    2021.07.19
  2. パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場①

    2015.10.10
  3. パタゴニアの民族史①

    2013.01.31
  4. パタゴニア:フィッツロイ峰の星の軌跡を撮影

    2016.04.24
  5. パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け

    2016.04.09
  6. パタゴニアに生息する幻の鹿:ウエムル

    2015.03.12
パタゴニア
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP