Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:正確な天気予報とガイドの経験

1.jpg
天候が激しく変化するフィッツロイでは、天気予報が当てにならないと思われていますが、実際にはとても精度の良い予報があります。この予報に、地元の山岳ガイドの経験を合わせれば、時間単位で予想して出発も可能となります。
たとえば午前中は雪雲に覆われていた山麓も、午後には一気に快晴に変わり、積もった雪さえもほとんど溶かすような日もあります。
信頼できる山岳ガイドの意見を聞けば、翌日は何時から始めるのが良いかのアドバイスが適格です。当日になれば信頼に足る情報を基に確実に判断できますので、フィッツロイ山麓ではガイドが同行する事で、効率良く滞在日を過ごす事が可能です。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」... 南極ブナの森に生きる大型キツツキ パタゴニアのマゼラン・キツツキは、南米で一番大きなキツツキだ。 南極ブナの森だけに棲息する。 フィッツロイ山麓では、割と簡単に見つけることができる。 誰もいない森の中でじっとしていれば、コツコツと木を突く音が聞こえてくる。 木の幹に潜む虫を捕らえるため...
姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア... パタゴニアに自生する南極ブナは、その環境に合わせて姿を変える。 標高が高く風通しの良い場所では、ハイマツのように地を這い低く小さく育つ。紅葉で色づくのも、まずは背の低い南極ブナからだ。 生息環境に適した場所では、南極ブナは森を形成して20メートルほどの高さに成長する。強烈な嵐の日も、この...
パタゴニア氷原の上空に現れる幽玄な雲... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)の上空レンズ雲が現れた 太平洋の彼方から吹いてくる偏西風に、パタゴニアの気候は支配されている。 海風で湿った偏西風はアンデス山脈に当り、分厚い氷となるほどに雪が降り、大陸氷床に水分を供給している パタゴニアといえば、変幻する雲は魅力の一つ この偏西風が山...
フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア... 夜明けのフィッツロイは、光線の当たり方により、山が黄金色に輝くこともあれば、空も含めてピンク色に染め上げることもある。 東の空の雲の状況と、陽の差し込み角度、フィッツロイの天候など、無数の因子により、色彩も無限の可能性を秘めている ...
【今日の写真】パタゴニアの“逆さフィッツロイ”... “逆さフィッツロイ”の良いポイントをトレス湖以外に見つけたのは、今年の嬉しい収穫。 もっと広く“逆さフィッツロイ”を撮れる場所もあるようだが、国立公園の特別な許可が必要らしい...
秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①... パタゴニアで最も美しい季節は、きっと秋の紅葉だと思う。 南極ブナが紅く染まる。 日本や極北の秋のように、一瞬でピークを越えるというわけではない。 パタゴニアの紅葉は、時間をかけてゆっくりと色づくのが大きな違いだ。 降雪と融雪を繰り替えす度に、秋と紅葉は一段と濃くなっていく。 ...

いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓

秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて

    2014.03.31
  2. パタゴニアのエスタンシア:レオナ牧場①

    2015.10.19
  3. マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

    2015.05.19
  4. 北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③

    2015.10.14
  5. フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア

    2015.06.18
  6. 【動画】パタゴニア・パイネ国立公園 縦走トレッキング

    2018.05.06
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP