Loading

風景写真家・松井章のブログ

牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて

1.jpg
嵐が訪れると、フィッツロイの天候はそう簡単には変わらない。
フィッツロイもセロトーレも厚い雲に覆われて、姿を現す気配は全くないのだ。
山麓は強風で歩けないほどになり、這う這うの体でチャルテンに撤退することもある。
チャルテン近くの森に入ると、風は、“突然”、というように止む。
強風が吹き荒れるのはフィッツロイとセロトーレの山麓付近のみ、それは超局所的な嵐なのだ。
2.jpg
3.jpg

嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア

「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

関連記事

  1. パタゴニア・フィッツロイ峰と星空:登山者の光跡

    2020.02.09
  2. 紅葉のパタゴニア:暴風に適応する南極ブナの繁栄

    2020.11.27
  3. パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか

    2015.02.09
  4. 南米アンデス山脈に生息する“4種類のラクダ”記事集

    2020.05.06
  5. アルゼンチンの牧場① 毛刈り 

    2011.04.21
  6. パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ

    2015.04.18
パタゴニア
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP