Loading

PHOTO-BLOG

牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて

1.jpg
嵐が訪れると、フィッツロイの天候はそう簡単には変わらない。
フィッツロイもセロトーレも厚い雲に覆われて、姿を現す気配は全くないのだ。
山麓は強風で歩けないほどになり、這う這うの体でチャルテンに撤退することもある。
チャルテン近くの森に入ると、風は、“突然”、というように止む。
強風が吹き荒れるのはフィッツロイとセロトーレの山麓付近のみ、それは超局所的な嵐なのだ。
2.jpg
3.jpg

嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア

「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

パタゴニア

関連記事

  1. シュティフター「水晶」の世界観/パタゴニアの聖地フィッツロイ

    2018.08.07
  2. パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる

    2014.01.12
  3. クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

    2015.11.03
  4. 森の隙間に群落を成す:春の花・アネモネ

    2015.08.26
  5. チリ・パタゴニアのダム建設に、NO!

    2012.09.06
  6. パタゴニアの花「サクラソウ」:ワイルドフラワー編

    2015.09.09
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP