Loading

風景写真家・松井章のブログ

牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて

1.jpg
嵐が訪れると、フィッツロイの天候はそう簡単には変わらない。
フィッツロイもセロトーレも厚い雲に覆われて、姿を現す気配は全くないのだ。
山麓は強風で歩けないほどになり、這う這うの体でチャルテンに撤退することもある。
チャルテン近くの森に入ると、風は、“突然”、というように止む。
強風が吹き荒れるのはフィッツロイとセロトーレの山麓付近のみ、それは超局所的な嵐なのだ。
2.jpg
3.jpg

嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア

「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

関連記事

  1. パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る

    2018.01.27
  2. 「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

    2015.06.13
  3. 早春のパタゴニアの花・岩場に咲くユキノシタ

    2015.08.31
  4. フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退

    2014.02.27
  5. パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード

    2018.08.31
  6. パタゴニア:正確な天気予報とガイドの経験

    2014.04.19
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP