Loading

PHOTO-BLOG

「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

1.jpg
かつて先住民に「煙を吐く山」という意味で、フィッツロイは“チャルテン”と呼ばれていました。そして、大航海時代に訪れたヨーロッパ人も、フィッツロイを活火山と考える時代が長く続きました。
晴れていたフィッツロイの山頂部に小さく湧いた雲は、いつまでも消えず徐々に大きくなり、フィッツロイを覆っていくことがあります。このようにフィッツロイに雲が現れると、なかなか雲は消えないものです。我慢比べのような状態になり、何時間も眺めていても一向に状況は変わらず、取り巻き動き続ける雲を延々と眺める日もあります。
時に、フィツロイの全体を望むためには、何日も待つこともあります。
2.jpg
3.jpg

関連ページ

フィッツロイ峰の山頂が姿を現す一瞬:パタゴニア... フィッツロイを取り巻く雲が一度山頂に張り付けば、なかなか剥がれないものだ。 そんな時には、ほんの一瞬でも山頂が顔を出したなら運が良いだろう。 たとえチャルテンで晴れていても、フィッツロイやセロトーレの山頂の天候とは異なるので、一瞬を待ってじっくりと望める時間が欲しいものだ ...
秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹... 南極ブナの森を歩く。 秋、風の強いある日。 誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。 耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、...
パタゴニアの名峰・フィッツロイでキャンプをお勧めする理由... フィッツロイ峰でキャンプをお勧めする理由 フィッツロイ峰を目にすると、感動して涙を流す人がいる。 このことが決して大げさでないことは、フィッツロイの目の前に立てばすぐに分かるでしょう。 フィッツロイ峰のハイキングでは、直下のトレス湖を目指して、約8時間のハードなハイキングがちょっとした...
フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①... ある晴れた秋の日に、チャルテンの裏山にハイキングへ向かう。 チャルテンの天気予報は精度が高く、1時間ごとにピンポイントで予報される。 もちろんパタゴニアの天気を事前に当てるにも限界はあるが、その正確さには驚くばかりだ。 チャルテンの住民にとって、この天気予報は毎日の生活に密着した存在に...
《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング... 個人旅行でも体験できる「フィッツロイ展望ハイキング」 パタゴニアに行くからには、名峰フィッツロイを望むハイキングは体験したいところです。フィッツロイの迫力は日本では見たことない圧倒的なスケールで、感動すらしてしまうハイキングとなるでしょう フィッツロイ山麓のチャルテン村では弊社のサポートデス...
パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る... 世界3番目の氷塊:パタゴニア南部氷原 パタゴニア南部氷原は、世界で3番目に大きな氷の塊だ。 南極やグリーンランドに次ぐ大きさと言われると、とてつもない巨大な氷の塊であることが分かるだろう。 幅30キロ、長さ300キロほどの細長い谷が、深さ1500mほども氷で埋め尽くされている。その巨大...

牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて

姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア

関連記事

  1. ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥

    2014.10.01
  2. パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる

    2014.01.12
  3. 草原を駆ける牧童・ガウチョの精神

    2015.10.02
  4. パタゴニアの巨大な氷河湖の緑色を反射する雲

    2015.03.03
  5. パタゴニア南部氷原のマルコーニ峠を目指して②

    2014.09.07
  6. パタゴニアの南極ブナの森を覆うサルオガセ「お爺さんのアゴヒゲ」

    2015.09.14
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP