Loading

PHOTO-BLOG

「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

1.jpg
かつて先住民に「煙を吐く山」という意味で、フィッツロイは“チャルテン”と呼ばれていました。そして、大航海時代に訪れたヨーロッパ人も、フィッツロイを活火山と考える時代が長く続きました。
晴れていたフィッツロイの山頂部に小さく湧いた雲は、いつまでも消えず徐々に大きくなり、フィッツロイを覆っていくことがあります。このようにフィッツロイに雲が現れると、なかなか雲は消えないものです。我慢比べのような状態になり、何時間も眺めていても一向に状況は変わらず、取り巻き動き続ける雲を延々と眺める日もあります。
時に、フィツロイの全体を望むためには、何日も待つこともあります。
2.jpg
3.jpg

関連ページ

フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)... パタゴニアのフィッツロイ山麓の紅葉 春夏秋冬がはっきりと分かれるパタゴニアでは、季節の移ろいもまたはっきりと、鮮やかに変わります。 厳しい冬を前にして、秋は深まり人気も減るなかで、フィッツロイ山麓の紅葉もまた静かにピークを迎えます。 初秋の南極ブナの森は橙色に色づき、秋の深まりとともに...
「パタゴニア・フィッツロイ峰の夕景」国際写真コンテスト入賞... 海外の写真コンテスト「The EPSON International Pano Awards 2017」で、代表・松井の写真が『Special Awards』に入賞しました。 この写真は、パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓で撮影した夕焼けです。暴風の吹き荒れるパタゴニアに訪れた奇跡のような一...
パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄... 亜南極の樹木「南極ブナ」 南部パタゴニアでは、森の木の大半が「南極ブナ」だ。 南極還流の影響を大きく受ける南部パタゴニアの気候は苛烈で、全てが偏西風に支配されている。 人の暮らしはもとより、森の生態もまた風の影響下に長く進化を続けてきた。 その厳しい環境に見事に適応したのが「南極...
白夜のパタゴニア:フィッツロイ峰で望む長い夕日... 夏のパタゴニアは白夜なので夜明けと夕方はとても長いです。 その分、空の色の変化もたっぷり1時間以上かけて徐々に変化していきます。 赤道直下の熱帯アマゾンのように一瞬で燃えるように昇華する夕日とは異なりますが、目を離すことのできないほどに美しく静かに長い夕日は高緯度ならではの斜光線なの...
マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 氷河沿いに登り、大陸氷床を目指す。 真夏の晴天の日差しは強く、雪解けで川の水は増水している。 氷河が頻繁に崩壊して、轟音がマルコーニ氷河の谷に轟く。 スケールの大きなパタゴニアでは谷と言えども広大で、崩壊する氷河の雪崩は大迫力だが、対岸に...
パタゴニア:秋のウエムル氷河と森 チャルテンから北へ車で約1時間半ほど行くと、アルゼンチンとチリの国境デシエルト湖に着く。 チリからの湿った空気の影響を強く受けるので、チャルテン付近に比べて、森が深く氷河が発達している。 南極ブナの木には、コケやサルオガセがびっしりと張り付き、地面はフカフカしている。 1時間も森を歩き斜面を登る...

牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて

姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア

    2015.06.14
  2. 目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間

    2018.03.23
  3. パタゴニア:チャルテン村をベースにしたサポート体制

    2014.05.02
  4. シュティフター「水晶」の世界観/パタゴニアの聖地フィッツロイ

    2018.08.07
  5. パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る

    2018.01.27
  6. 2011パタゴニア旅行 ⑧フィッツロイ(その二!)

    2012.02.26
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP