Loading

PHOTO-BLOG

姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア

1.jpg
2.jpg
パタゴニアに自生する南極ブナは、その環境に合わせて姿を変える。
標高が高く風通しの良い場所では、ハイマツのように地を這い低く小さく育つ。紅葉で色づくのも、まずは背の低い南極ブナからだ。
生息環境に適した場所では、南極ブナは森を形成して20メートルほどの高さに成長する。強烈な嵐の日も、このような巨木の森に入れば、上空の轟音と異なり、静かなものだ。
秋が深まり何度も降雪を繰り返すうちに、紅葉前線は徐々に森に及んでいく。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

秋から冬へ:紅葉のフィッツロイ山麓(パタゴニア)

関連記事

  1. パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠

    2015.05.26
  2. 《山岳写真》パタゴニア・パイネ国立公園の朝焼け

    2018.09.27
  3. 南米各国で異なるスペイン語:アルゼンチンの訛り

    2019.03.18
  4. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて

    2015.10.24
  5. 2011パタゴニア旅行 ⑨セロトーレ

    2012.03.04
  6. パタゴニアの民族史② 牧場(エスタンシア)の開拓民

    2013.02.09
パタゴニア
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP