Loading

PHOTO-BLOG

アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」

アルゼンチン名物:煮込み料理「ギソ」とは

真夏でも陽が陰れば凍えるほどに寒いパタゴニアでは、アルゼンチンの家庭料理「ギソ」をどうしても食べたくなる日がある。

「ギソ」は、スペイン料理を起源とするシチューのような煮込み料理です。
お店によって味は全く異なるので、地元の人の意見を聞いてギソで評判の良い店に行くと、店員が自信満々でギソを出してくれる店に出会えるだろう。

食べきれないほどに山盛のギソは、パタゴニアであれば「子羊のギソ」が最高に美味しい。

その他には、「モツ煮のギソ」や「レンズマメのギソ」もある。
「レンズマメのギソ」とはいえ、中にはチョリソーやベーコンがたっぷりと入っている。
畜産国アルゼンチンでは、お肉をごっそりと入れるのが常識であり、マナーなのだ。

本場のチョリソーといえば、アルゼンチン、ウルグアイ、ブラジルの3か国が代表で、まるでお肉そのものを食べるようなボリュームと食感のソーセージなのだ。
チョリソーは、日本では辛さとウィンナーのようなパリパリの皮というイメージがあるが、大きな誤解があることに気付くだろう。

パタゴニア&グルメ:関連ページ

関連ページ

フィッツロイ山群の大氷河:ビエドマ氷河ハイキング... パタゴニアのビエドマ氷河 チャルテン近郊のこの氷河は、規模はモレノ氷河に次ぐ大きさですが、訪問者が少なく、とても静かです。 ビエドマ氷河では、遠望するだけの観光はなく、「氷河ハイキング」が基本です。 アイゼンを使用しますが、歩く距離は短く、簡単な氷河上を歩くので、初心者でも問題なく歩けます...
パタゴニア:正確な天気予報とガイドの経験... 天候が激しく変化するフィッツロイでは、天気予報が当てにならないと思われていますが、実際にはとても精度の良い予報があります。この予報に、地元の山岳ガイドの経験を合わせれば、時間単位で予想して出発も可能となります。 たとえば午前中は雪雲に覆われていた山麓も、午後には一気に快晴に変わり、積もった雪さ...
「秋のパタゴニア」トレッキング・ツアー添乗から帰国しました... パタゴニアから帰国しました。今回は「パタゴニアの紅葉」をテーマにトレッキング・ツアーを企画、同行させていただきました。2大山群のパイネ、フィッツロイともに縦走するそこそこ歩き応えのあるトレッキング・ツアーです。 パイネ山群を半周歩く、3泊4日小屋泊トレッキング(パイネ国立公園) パイネ山...
紅葉とフィッツロイを撮影する(パタゴニア)... 4月上旬から中旬にかけて、パタゴニアは南極ブナの紅葉の季節を迎える。 日に日に気温は下がり、雪もたびたび降るようになる。 降雪を繰り返すたびに、南極ブナも一段と紅くなっていく。 日本の紅葉と違い、南極ブナの紅葉はもっと時間をかけてじわじわ紅くなる。 夏に比べて寒さは厳しくな...
アンディーナトラベルの撮影旅行(フォトツアー)とは... “パタゴニアの山岳写真”をテーマに、「撮影ツアー」のページを作成しました。 トレッキングのツアーでは、写真が目的の人には、どうしても満足の行く撮影ができない事がほとんどです。腰を据えてじっくりと撮影に望むために、撮影には「撮影に特化した日程」で旅行するのがベストです。もちろん、山岳写真には、山...
パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ... 南部パタゴニアの基点の町・カラファテから、国道40号線を北上して、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ。 パタゴニアの天気はある意味では分かりやすく、アンデス山脈から東に離れるほどに、目で分かるほどに乾燥して行きます。 カラファテで晴れていても、アンデスに接するフィッツロイ山麓では天候が全く...

ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)

南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)

    2016.05.28
  2. パタゴニアの暴風と静かなエスタンシア(牧場)滞在

    2014.02.25
  3. フィッツロイ山麓の清冽な水を飲む

    2015.05.06
  4. パタゴニア南部氷原:衛星で発見された新火山とシプトン探検

    2018.11.09
  5. 映像と感性から掴む夢幻の世界/パタゴニアの夕日の感動

    2018.07.30
  6. 薄明のパタゴニア・フィッツロイ峰:知覚できない領域へ

    2018.09.14
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP