Loading

風景写真家・松井章のブログ

光彩を放つパタゴニアの暴風

1.jpg
吹き荒れる時には、人が飛ばされるほどの風が吹く。
というのは信じがたいが、パタゴニアでは日常の風景です。
風の通り道では年中吹き荒れて、時に四方から不意を付くような風が、空気の塊が、ぶつかってくる。
ジェット機が離発着するような轟音が、上空から一晩中聞こえることもあります。
時にその風は目視できるほどの空気の塊として、湖の水を吹き上げながら湖面を横切ることもあります。そんな時に陽の光が当たれば、まるで虹のように輝きます。
パタゴニアは行くたびに、自分の想像力を超えた体験をさせてくれる場所です。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

アラビアの砂漠に辿り着く、中南米のコロニアル建築の原点

パイネクエルノ峰を直下で望む「Wルート」トレック

関連記事

  1. “朝日に燃える”パタゴニアの名峰フィッツロイ撮影

    2020.02.15
  2. パタゴニア・ペリトモレノ氷河の“氷河ダム”決壊

    2016.03.10
  3. ペリト・モレノ氷河:前進・後退を繰り返す不思議

    2015.04.19
  4. 劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン

    2014.04.15
  5. サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)

    2016.05.28
  6. パタゴニア・アドベンチャー・クルーズ「アウストラリス号 5日間」

    2014.12.11
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP