Loading

PHOTO-BLOG

光彩を放つパタゴニアの暴風

1.jpg
吹き荒れる時には、人が飛ばされるほどの風が吹く。
というのは信じがたいが、パタゴニアでは日常の風景です。
風の通り道では年中吹き荒れて、時に四方から不意を付くような風が、空気の塊が、ぶつかってくる。
ジェット機が離発着するような轟音が、上空から一晩中聞こえることもあります。
時にその風は目視できるほどの空気の塊として、湖の水を吹き上げながら湖面を横切ることもあります。そんな時に陽の光が当たれば、まるで虹のように輝きます。
パタゴニアは行くたびに、自分の想像力を超えた体験をさせてくれる場所です。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

アラビアの砂漠に辿り着く、中南米のコロニアル建築の原点

パイネクエルノ峰を直下で望む「Wルート」トレック

パタゴニア

関連記事

  1. 【ひとたびxアンディーナトラベル=コラボ企画】「南米ナイト」&「パタゴニア・トレ…

    2015.11.09
  2. パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日

    2015.05.09
  3. パイネ国立公園:縦走トレッキングのみで望める大岩壁

    2014.08.26
  4. パタゴニアの名峰フィッツロイ:幻想的な朝日や夕日を見るために

    2017.11.15
  5. 2011パタゴニア旅行 ①中部パタゴニア

    2012.01.08
  6. パタゴニア氷原の上空に現れる幽玄な雲

    2015.05.08
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP