Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアで最も神聖な時間:フィッツロイ峰の朝日と夕日

パタゴニアで最も美しい風景

朝日や夕日の瞬間、その艶やかな橙色や紅、黄金色に染まる世界に息を飲むことがある。日常に訪れるこの非日常の瞬間は、この世ならぬ世界に踏み込んだようで、鳥のさえずりさえも静まり静寂に包まれることがある。

それはまるで大聖堂にパイプオルガンの音楽が鳴り響くように神聖かつ劇的で、心を駆り立てるようだが寂寥感に満ちて、天啓をも暗示する。

パタゴニアで最も美しい風景を見るのなら、やはり朝日や夕日の時間帯だ。

名峰フィッツロイやパイネ山群は地球が作り出した大聖堂だ。自然の大聖堂を包み込むように、パタゴニア独特のレンズ雲は、朝日や夕日の遮光を纏いオーロラのように揺らめく。それはさながら音の無い神々の劇場と言うべきか、誰もが足を止めて空を見見上げてしまう。それは虚空に広がる天蓋だ。

テント泊トレッキングで望む

朝日や夕日を望むには、テント泊トレッキングが最もお勧めです。フィッツロイ峰の直下のキャンプでは、朝日も夕日もたっぷりと望む時間があるからです。弊社で手配するキャンプは、少人数限定のプライベートキャンプで展望も最も良い立地です。

専用車利用:フィッツロイ朝日・夕日ツアー/チャルテン村発着

弊社で手配するパタゴニア旅行では、フィッツロイ峰と朝日を望むツアーも手配します。日付に応じて、日の出や日の入りを計算して、ベストな時間帯に、専用車で展望台へお連れします。

山岳写真:写真家のために手配するオリジナルプラン

山岳写真で最も人気の時間帯でもある朝日や夕日の撮影を、オリジナルプランで手配します。パタゴニアを知り尽くしたアンディーナトラベルだからできる写真家のためのプランです。テント泊・ホテル泊、旅行の季節や宿泊地に応じて、ベストの展望台で撮影しましょう。

関連ページ:パタゴニアの朝日・夕日

パタゴニアの風の造形:レンズ雲と斜めの木

新写真集「パタゴニア」発刊のお知らせ:6月の販売開始

関連記事

  1. インスタグラムにて「南米のフォト・ギャラリー」開設

    2017.05.07
  2. 北極へ②:北緯78度、極北の町で「探検クルーズ」に乗船

    2022.07.07
  3. 《モノクローム写真》アンデス先住民・ケチュア族の暮らし:ブランカ山群

    2017.04.24
  4. カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

    2015.06.04
  5. 【動画】桜の大樹:長興山紹大寺の枝垂れ桜

    2020.04.02
  6. 南米各国で異なるスペイン語:アルゼンチンの訛り

    2019.03.18
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP