Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日

1.jpg
2.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)で迎える長く美しい夕日

緯度の高いパタゴニアでは、夕方が長い。太陽の光線が少しずつ斜めになり、山の陰影が浮き立ち始める。昼間とは違う美しさが現れる。
真夏で真っ暗になるのは、23時過ぎだろうか
緯度の低い熱帯の夕方は、逆に一瞬に燃えるように赤くなり、一気に夜になる
パタゴニアの夕方は、ゆっくりと斜光線に山々は色づいていき、時に世界全体を真っ赤に染め上げる事もある。
3.jpg
4.jpg
5.jpg

パタゴニア氷原の上空に現れる幽玄な雲

パタゴニアの氷河の源で起こる異変

関連記事

  1. 秘境クルーズ特集:ガラパゴス諸島、パタゴニア、アマゾン、南極大陸

    2018.10.29
  2. マルコーニ氷河の末端部から、パタゴニア氷原へ登る

    2015.05.13
  3. パタゴニアが紅葉に燃える「秋の南極ブナ」

    2024.04.28
  4. パタゴニア絶景:名峰フィッツロイの朝日・夕日・星空

    2021.06.11
  5. パタゴニア:プンタアレナスで食べる絶品、パタゴニアの羊

    2016.04.17
  6. 雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて

    2014.03.31
パタゴニア
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP