Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日

1.jpg
2.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)で迎える長く美しい夕日

緯度の高いパタゴニアでは、夕方が長い。太陽の光線が少しずつ斜めになり、山の陰影が浮き立ち始める。昼間とは違う美しさが現れる。
真夏で真っ暗になるのは、23時過ぎだろうか
緯度の低い熱帯の夕方は、逆に一瞬に燃えるように赤くなり、一気に夜になる
パタゴニアの夕方は、ゆっくりと斜光線に山々は色づいていき、時に世界全体を真っ赤に染め上げる事もある。
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

パタゴニアの名峰・フィッツロイでキャンプをお勧めする理由... フィッツロイ峰でキャンプをお勧めする理由 フィッツロイ峰を目にすると、感動して涙を流す人がいる。 このことが決して大げさでないことは、フィッツロイの目の前に立てばすぐに分かるでしょう。 フィッツロイ峰のハイキングでは、直下のトレス湖を目指して、約8時間のハードなハイキングがちょっとした...
セロトーレ直下の氷上キャンプ:パタゴニア南部氷原⑤... パタゴニアで好天に恵まれる事は、なんという幸運な事か。 しかし、好天だけに恵まれてしまうと、本来の凶暴な自然を体験できずに終わってしまいます。 風の大地と呼ばれるパタゴニアでこその、這って歩くほどの暴風も体験したいものです。一日に四季があると言われるほどの、激しい天候の変化も。 これは好天...
パタゴニア南部氷原:衛星で発見された新火山とシプトン探検... 未踏の氷原に埋もれた火山 最近パタゴニアで話題になっていることと言えば、新しい火山の発見の話題でしょう。 今なお未踏の大地が広がるパタゴニアらしい話です。 10月下旬に発見されたばかりの新火山です 衛星で偶然発見された火山は、フィッツロイ峰のすぐそばのマリアーノ・モレノ山群でした...
パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ... 天気の良い初秋のある日、はやる気持ちを抑えて、チャルテン村を出発します。 今年から、トレイル入口にはレンジャーが常駐して、入山者の確認をしています。 チャルテン村から望めるフィッツロイ峰は山頂部のみです。 トレイルに入ると、まずは気持ちの良い南極ブナの原生林を歩き、ぐいぐいと標高を...
パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石 「迷子石」とは、氷河によって運ばれた石が、氷河の後退によりその場に残された石のことだ。 “取り残された”という佇まいであることから、迷子石と呼ばれる。 石の組成を調べることで、氷河がどのように分布したのかを知ることができる。 パタゴニアは、かつて巨大な氷河に覆われていた。 アルゼンチン湖...
ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥... セロトーレを背に、再び氷原へ パタゴニア大陸氷床は、数百の氷河の源として、絶えず四方に氷を押し出しています。偏西風に乗って流されてくる大平洋の湿った空気の影響で、膨大な雪が氷床に降り、厚い一枚の氷を作りだしました。絶妙な氷の需給のバランスが、現在の大陸氷床と氷河の姿です。上空から見れば氷床は無...

パタゴニア氷原の上空に現れる幽玄な雲

パタゴニアの氷河の源で起こる異変

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて

    2015.06.09
  2. 嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア

    2015.06.07
  3. 秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア

    2015.06.16
  4. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
  5. 「秋のパタゴニア」トレッキング・ツアー添乗から帰国しました

    2018.04.24
  6. パタゴニアの夏に咲く花「イエローオーキッド」

    2015.08.28
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP