Loading

PHOTO-BLOG

マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部

1.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)

マルコーニ氷河の上部にたどり着き、ようやくセロトーレも山頂部だけ姿を見せるようになった
Pier Giorgio峰とDomo Blanco(意味:白いドーム)峰の裏に、まだその先端が見えるだけだが、これから大陸氷床沿いに回り込んで、直下を目指すことになる。
左に見えるフィッツロイは徐々に見えなくなり、大陸氷床ではセロ・トーレがシンボルとなる
2.jpg
3.jpg

マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石

関連記事

  1. チリ・パタゴニアのダム建設に、NO!

    2012.09.06
  2. 牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて

    2015.06.09
  3. パタゴニア・パイネ国立公園の名峰:クエルノ「角」

    2016.12.01
  4. パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ

    2016.04.04
  5. アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ

    2016.12.19
  6. 「秋のパタゴニア」トレッキング・ツアー添乗から帰国しました

    2018.04.24
パタゴニア
2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP