Loading

風景写真家・松井章のブログ

マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部

1.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)

マルコーニ氷河の上部にたどり着き、ようやくセロトーレも山頂部だけ姿を見せるようになった
Pier Giorgio峰とDomo Blanco(意味:白いドーム)峰の裏に、まだその先端が見えるだけだが、これから大陸氷床沿いに回り込んで、直下を目指すことになる。
左に見えるフィッツロイは徐々に見えなくなり、大陸氷床ではセロ・トーレがシンボルとなる
2.jpg
3.jpg

マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石

関連記事

  1. フィッツロイ山群で迎える夜明け(パタゴニア)

    2016.08.21
  2. 【パタゴニア】強烈な風と、不思議な雲

    2013.09.07
  3. フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②

    2015.04.24
  4. パタゴニアの絶景:フィッツロイ峰の「モルゲンロート」

    2020.10.29
  5. 姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア

    2015.06.14
  6. パイネ国立公園の3本の岩塔「トーレス・デル・パイネ」/パタゴニア

    2020.12.18
パタゴニア
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP