Loading

PHOTO-BLOG

マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部

1.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)

マルコーニ氷河の上部にたどり着き、ようやくセロトーレも山頂部だけ姿を見せるようになった
Pier Giorgio峰とDomo Blanco(意味:白いドーム)峰の裏に、まだその先端が見えるだけだが、これから大陸氷床沿いに回り込んで、直下を目指すことになる。
左に見えるフィッツロイは徐々に見えなくなり、大陸氷床ではセロ・トーレがシンボルとなる
2.jpg
3.jpg

マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石

関連記事

  1. パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」

    2015.09.28
  2. パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)

    2017.01.19
  3. 新写真集「パタゴニア」発刊のお知らせ:6月の販売開始

    2019.05.14
  4. 姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア

    2015.06.14
  5. マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原

    2015.05.16
  6. 狂おしい“地球の鼓動”②:パタゴニアの暴風

    2019.10.04
パタゴニア
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP
error: Content is protected !!