Loading

PHOTO-BLOG

マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部

1.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)

マルコーニ氷河の上部にたどり着き、ようやくセロトーレも山頂部だけ姿を見せるようになった
Pier Giorgio峰とDomo Blanco(意味:白いドーム)峰の裏に、まだその先端が見えるだけだが、これから大陸氷床沿いに回り込んで、直下を目指すことになる。
左に見えるフィッツロイは徐々に見えなくなり、大陸氷床ではセロ・トーレがシンボルとなる
2.jpg
3.jpg

関連ページ

大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④... 果てしない雪原を歩く 雲が湧きはじめると、上空の激しい気流のため雲の動きも早く、すぐに天候も変わります。 高度の高い雲の動きは止まっているように見えますが、上空では激しい風に流されてレンズ雲となっています。 パタゴニア独特の雲といえるでしょう。 快晴の下、雪原の上にいながら暑ささえ感じて...
パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け... フィッツロイBCで迎える朝日の時間は、一日で最も美しい時間です。 僕自身も、神々しいフィッツロイの色彩変化を毎回見るたびに、これでおしまい、という覚悟で見るようにしていますが、幸いにも何度も見ることができています。 朝日で紫色にフィッツロイが染まると、“フィッツロイ劇場”のスタートで...
フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①... ある晴れた秋の日に、チャルテンの裏山にハイキングへ向かう。 チャルテンの天気予報は精度が高く、1時間ごとにピンポイントで予報される。 もちろんパタゴニアの天気を事前に当てるにも限界はあるが、その正確さには驚くばかりだ。 チャルテンの住民にとって、この天気予報は毎日の生活に密着した存在に...
パタゴニア:チャルテン村の建設記念日... 10月12日は、アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓、チャルテン村の建設30周年記念日です。 1910年頃から、フィッツロイ山麓の開拓は、主にフィッツロイ牧場とラ・キンタ牧場により行われていましたが、現在のチャルテン村付近は30年前まで無人の土地でした。 チャルテン村の建設までは、アルゼンチ...
フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)... パタゴニア・フィッツロイ峰の神美的な魅力 天を突くような針峰群が草原の彼方に現れると、何度訪れてもその存在感に圧倒されてしまう。 パタゴニアのフィッツロイ峰は、その類まれな容姿で、半ば神格化されるほどに美しい山です。 山麓にチャルテン村が建設されてまだ約30年ほどですが、村人のほぼ...
秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹... 南極ブナの森を歩く。 秋、風の強いある日。 誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。 耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、...

マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石

関連記事

  1. パタゴニアの名峰フィッツロイ:幻想的な朝日や夕日を見るために

    2017.11.15
  2. パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード

    2018.08.31
  3. パタゴニア・ペリトモレノ氷河:今なお前進する神秘

    2014.01.17
  4. 「嵐の大地」エリック・シプトンのパタゴニア探検

    2016.03.16
  5. フィッツロイ峰を展望する展望の丘:チャルテン村

    2015.06.01
  6. セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

    2015.04.22
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP