Loading

PHOTO-BLOG

マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部

1.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)

マルコーニ氷河の上部にたどり着き、ようやくセロトーレも山頂部だけ姿を見せるようになった
Pier Giorgio峰とDomo Blanco(意味:白いドーム)峰の裏に、まだその先端が見えるだけだが、これから大陸氷床沿いに回り込んで、直下を目指すことになる。
左に見えるフィッツロイは徐々に見えなくなり、大陸氷床ではセロ・トーレがシンボルとなる
2.jpg
3.jpg

関連ページ

劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>... 「フィッツロイで朝日を迎えたい」という問い合わせを、今年は頻繁にいただけるようになり、とても嬉しいです。 フィッツロイで最も美しい時間帯は、間違いなく「朝日」だからです。 その朝日を確実に安全に望むには、プライベート・キャンプでのテント泊がベストです。 ダイニング用のドーム・テ...
劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン... チャルテンの北へ約30キロ、デシエルト湖へ移動すると、気候は湿度を増し森の様相も変わります。チャルテン周辺では、サルオガセが着生していますが、この周辺の木には、分厚い絨毯のようなコケが着生しています。大西洋からの湿度が流れ込みやすい地形で、気候はチリ・パタゴニア的と言えるでしょう。 デシエルト...
マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 氷河に磨き上げられた花崗岩は、登山靴でも滑ってしまうほどにツルツルになっている この硬い岩盤が削られたのは、いったい何万年前の出来事なのだろうか そして、これだけの高さまで氷河におおわれていたとしたら、かつての大陸氷床の規模はどれほどであったのか 花崗...
パタゴニアの名峰フィッツロイ展望:テント泊トレッキングの魅力... 神秘の岩峰:フィッツロイ峰&セロトーレ峰 魔力のように人を惹きつける山は、本当に世界に存在するのだろうか。 アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ峰とセロトーレ峰は、訪れる人を虜にするような魔力を秘めた、世界でも数少ない山の一つです。天を突くようなピラミダルな山容は、どのように形成された...
冬のパタゴニア:スノーシュー・ハイキング... 5月から、南部パタゴニアはいよいよ冬を迎えます。 既にフィッツロイ山麓は雪に覆われています。 フィッツロイ山麓のチャルテン村は、アルゼンチンの乾燥したステップ地帯と、チリ側の多雨地帯との間にあります。冬季も除雪車が入るので、チャルテンからチリ側へ10数キロ走らせると、雪の量もかなり増えます。...
「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典... 特製カレンダー2018「パタゴニア&南極」 アンディーナトラベル・クラブ会員特典「カレンダー 2018」を作成中です。 来年のカレンダーのテーマは、『パタゴニア&南極』です。 パタゴニア創成から深く関連する南極の自然とともに、「亜南極」の風景写真を集めたカレンダーです。 南極...

マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠

    2015.05.26
  2. パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

    2016.04.20
  3. パタゴニアの岩峰群の成り立ち:花崗岩の怪峰パイネ・クエルノ

    2018.04.29
  4. パタゴニア・ペリトモレノ氷河、約4年に一度の前進

    2016.02.16
  5. パタゴニアの花「サクラソウ」:ワイルドフラワー編

    2015.09.09
  6. 広大なパイネ国立公園で、効率的に撮影対象を廻るには

    2015.03.24
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP