Loading

PHOTO-BLOG

氷河の成り立ちを辿る壮大なトレッキング:パタゴニア氷原

1.jpg
2.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)

氷原で3泊、幸運にも晴天に恵まれた。セロトーレ直下の絶景を漫喫した後で、ビエドマ氷河源流部からビエドマ湖を目指す。
ビエドマ氷河の源流域から末端部まで、氷河の歴史を辿ることになる。
ビエドマ氷河の谷へ近づくにつれて、氷原の氷にクレバスが増えてきた。
氷床の氷が狭い谷に流れ込むことで氷の密度が増し、圧縮されていくからだ。
クレバスが、セラック(氷塔)帯に変わってくると、いよいよ氷原は歩けなくなり、氷河のサイドモレーンに上陸した。
氷原歩きは終わり、ここからはビエドマ氷河の末端部まで谷に沿って歩くことになる。
大陸氷床の天候が明らかに悪化しているようなので、氷原を背に足早に上陸して、今日のキャンプ地を目指す。キャンプではきっと、久々に緑を目にすることになるだろう。
3.jpg
4.jpg

関連ページ

果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③... マルコーニ峠を越えると、パタゴニア大陸氷床の大雪原が広がります。 快晴の雪原では陽の光の反射は強く、空の青と雪面の白だけの世界では、まるで光に包まれているかのようです。 荒れた天候で有名なパタゴニアの中でも、特に天候の厳しい大陸氷床では、快晴に恵まれることは大変な幸運でしょう。 東にフィッ...
マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) マルコーニ氷河の上部にたどり着き、ようやくセロトーレも山頂部だけ姿を見せるようになった Pier Giorgio峰とDomo Blanco(意味:白いドーム)峰の裏に、まだその先端が見えるだけだが、これから大陸氷床沿いに回り込んで、直下を目指すことになる。 ...
パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄... 亜南極の樹木「南極ブナ」 南部パタゴニアでは、森の木の大半が「南極ブナ」だ。 南極還流の影響を大きく受ける南部パタゴニアの気候は苛烈で、全てが偏西風に支配されている。 人の暮らしはもとより、森の生態もまた風の影響下に長く進化を続けてきた。 その厳しい環境に見事に適応したのが「南極...
プライベートキャンプ利用でフィッツロイをさらに満喫... 今シーズンのフィッツロイ山麓のテント泊トレッキングでは、フィッツロイBC・セロトーレBCそれぞれのキャンプ地にて、常設テントを利用可能です。 フィッツロイ、セロトーレ、両方のベースキャンプには、キッチンとダイニング・テントが常設されています。お客様が宿泊するテントも、このキャンプ地に常備してい...
フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)... パタゴニア・フィッツロイ峰の神美的な魅力 天を突くような針峰群が草原の彼方に現れると、何度訪れてもその存在感に圧倒されてしまう。 パタゴニアのフィッツロイ峰は、その類まれな容姿で、半ば神格化されるほどに美しい山です。 山麓にチャルテン村が建設されてまだ約30年ほどですが、村人のほぼ...
探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」... エリック・シプトンの伝記「嵐の大地」は、1958年から1962年にかけて行われた数度にわたるパタゴニア探検の記録だ。 当時、ビエドマ氷河の源流に、“ビエドマ火山”があると噂されていた。その火山があるとされる場所は割りと簡単に特定されていたが、誰も到達していなかった。その火山の真偽を確かめる...

地平線まで白い大氷原に辿り着く

パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠

パタゴニア

関連記事

  1. レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア

    2015.10.21
  2. シュティフター「水晶」の世界観/パタゴニアの聖地フィッツロイ

    2018.08.07
  3. 世界一おいしい羊は、パタゴニア産です

    2012.07.30
  4. 【今日の写真】パタゴニアの“逆さフィッツロイ”

    2015.12.23
  5. セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート

    2014.04.11
  6. パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

    2016.04.20
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP