Loading

PHOTO-BLOG

氷河の成り立ちを辿る壮大なトレッキング:パタゴニア氷原

1.jpg
2.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)

氷原で3泊、幸運にも晴天に恵まれた。セロトーレ直下の絶景を漫喫した後で、ビエドマ氷河源流部からビエドマ湖を目指す。
ビエドマ氷河の源流域から末端部まで、氷河の歴史を辿ることになる。
ビエドマ氷河の谷へ近づくにつれて、氷原の氷にクレバスが増えてきた。
氷床の氷が狭い谷に流れ込むことで氷の密度が増し、圧縮されていくからだ。
クレバスが、セラック(氷塔)帯に変わってくると、いよいよ氷原は歩けなくなり、氷河のサイドモレーンに上陸した。
氷原歩きは終わり、ここからはビエドマ氷河の末端部まで谷に沿って歩くことになる。
大陸氷床の天候が明らかに悪化しているようなので、氷原を背に足早に上陸して、今日のキャンプ地を目指す。キャンプではきっと、久々に緑を目にすることになるだろう。
3.jpg
4.jpg

地平線まで白い大氷原に辿り着く

パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠

関連記事

  1. 紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓

    2016.04.27
  2. チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①

    2014.12.23
  3. 秋から冬へ:紅葉のフィッツロイ山麓(パタゴニア)

    2015.06.15
  4. 3/19~3/28:パタゴニア・トレッキング 10日間

    2015.11.11
  5. パタゴニア・パイネ国立公園の名峰:クエルノ「角」

    2016.12.01
  6. 牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて

    2015.06.09
パタゴニア
2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP