Loading

PHOTO-BLOG

【パタゴニア・トレッキング】パタゴニア大陸氷床を歩く

DSCN0053.JPG
昨日、7泊8日のトレッキングを終了しました。
今回は、フィツロイとセロ・トーレの裏側へフィッツロイ山群を回る、とてもマニアックなコースです。
大陸氷床の上を歩き、セロ・トーレを真裏から望みました。
とても晴天に恵まれた1週間でした。
トレッキング後は、チャルテン近郊のラ・キンタ牧場(エスタンシア)で、ちょっと贅沢な宿泊です。
今日も晴天です。これで8日間晴れが続いています。
これは、パタゴニアではとても珍しい事です。
高温による氷河の溶解が早まるのが気になりますが、とても運にも恵まれるトレッキングでした。
これから、カラファテに向かいます。

関連ページ

探検家?アゴスティーニ神父 モノクロ写真に写るその男は、いつも少し伏し目がちで、恥ずかしそうに視線を少しカメラからずらしている。おかしなことに、氷河の上でも大草原の中でも、彼は神父の服装をしているのだ。写真はほとんど屋外。それも氷河を登攀していたり、大草原で先住民と握手していたりする。 彼は本当に神父なのか、ニセ坊主か?そもそ...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在... 静かなクリスティーナ牧場では、やはり食事の時間もとても静かだ。 最大でも9名ほどのゲストしか泊まれないので、全てに余裕があり、とにかく静かなのだ。 テーブルと窓はノルテ峰側にあるので、山を見ながら自分の時間の中で食事を楽しむ。 賑やかな雰囲気の中で、羊の丸焼き(パリーシャ)を食べるのもラテ...
パタゴニア開拓時代に移植されたサーモン・トラウトの歴史②... アンドレ・マドセンがわずかな羊と馬を連れて、フィッツロイ山麓に単身で開拓を始めた時代、パタゴニアではヨーロッパからの移民が競うように入植を始めました。ウプサラ氷河の畔では、マスターズ一家がやはり裸一貫でクリスティーナ牧場を拓いた時です。 1900年代の初頭。この時代はパタゴニアの歴史で、最も賑...
地平線まで白い大氷原に辿り着く パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 大陸氷床に上がると、世界は実にシンプルとなる “見る”と“聴く”という感覚も極端に単調となり、ある意味では研ぎ澄まされると思う 見ると言っても、大氷原にある色は白と青がほとんどで、 聴くと言っても、足音と風の音だけが聴こえる とても美しい所だが、苛烈なの...
パタゴニア・パイネ国立公園の野鳥:渓流を泳ぐカモ... パタゴニアの渓流に生きるカモ パイネ国立公園のトーレスデルパイネ山麓、チレーノ小屋付近では、ときおり渓流にカモを見つける。 地元では、Pato de torrentesと呼ばれる。直訳すれば“荒瀬の水鳥”という意味だが、正確な名前は、Merganetta armata“ヤマガモ”だ。 その...
パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け... フィッツロイBCで迎える朝日の時間は、一日で最も美しい時間です。 僕自身も、神々しいフィッツロイの色彩変化を毎回見るたびに、これでおしまい、という覚悟で見るようにしていますが、幸いにも何度も見ることができています。 朝日で紫色にフィッツロイが染まると、“フィッツロイ劇場”のスタートで...

パタゴニアから

記録的な好天が続くパタゴニア

関連記事

  1. 2018年ブログ人気記事セレクト

    2018.12.29
  2. パタゴニア南部氷原:衛星で発見された新火山とシプトン探検

    2018.11.09
  3. 大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④

    2014.09.18
  4. 《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング

    2018.10.22
  5. 秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①

    2015.08.17
  6. アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」

    2015.09.30
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP